OCOの使い方と意味をマスターしよう

OCOの使い方と意味をマスターしよう

一度に2種類の注文を出し、どちらかが成立したら、その時点でもう一方の注文が自動的に取り消される注文。

例えば通貨ペア「米ドル・円」で 105.00円の買いポジションを保有しているときに、その決済注文として「108.00円の(利益確定の)売り指値注文」と、「102.00円の(損失限定の)売りストップ注文」の両方を出したいような場合に、このオー・シー・オーを用いることとなります。

OCOは自動売買の1つ

OCOは自動売買の1つ

OCOとはFXにおける自動売買システムの1つです。

FXは売買のタイミングがポイントとなりますが、それを見極めるために、長い時間チャートを見ていることができない人も多いと思います。そのような場合に、新規注文をするレート、決済注文するレートを予め決めておき、その設定通りに自動売買してくれるシステムがFXには数多く備わっています。

OCOもその中の1つで、一度に2種類の注文を出すことが可能、一方が成立したら、もう一方がキャンセルされる仕組みとなっています。 OCOは新規注文と決済注文、両方に使うことができ、以下、それぞれのケースについてご説明します。

OCOの決済注文

決済注文の場合、買いポジションか売りポジション、どちらかを保有している状態が前提となり、それぞれにおいて反対の決済をすることになります。

買いポジションを持っている時に、レートが買った値より上がったら売る、これは「売指値」といい利確になります。逆にレートが下がったら売る、こちらは「売りストップ」といい、損切となります。 売りポジションを持っている時には、レートが売った値より下がったら買い、利確する。レートが上がったら買い、損切をする。どちらかになります。 つまり、OCOの決済注文は、利確と損切、どちらかを行うことになり(※ただし、レートが到達しなければ注文はされません。)、「もう少し待てばよかった…」という事態にはなり得ますが、「あそこで切っておけばよかった…」という事態にはならない、安全性が確保された売買方法になります。

OCOの新規注文

OCOの新規注文

新規注文の場合は、どこで買いポジション、もしくは売りポジションを持つかを決めることになります。

現在より安くなったら買う(買指値)、もしくは高くなったら売る(売指値)。こちらもどちらか一つの新規注文が決定されたら、もう一方の新規注文は取り消されます。 これはどちらも指値になるので、逆張り狙い、もしくは有利な条件で注文するフラットな見方と言えます。 別のパターンとしては、現在より高くなったら買う(買ストップ)、安くなったら売る(売ストップ)、どちらかが決まれば一方を取り消す。 これは順張りを予想した新規注文と言え、為替レートがそのままの方向に進み続ければ利益がでることになります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ