T-BONDの使い方と意味をマスターしよう

米国政府が発行する、償還期限が10年を超える利付債のことを指します。

T-BONDの特徴

T-BONDの特徴

T-BOND (Treasury Bonds)とはアメリカ合衆国の財務省が発行する国債の一つです。 米国に限ったことではありませんが、国債は国の財政資金が厳しいときに、それを補填するために発行されます。 世界の経済情勢は変わりつつありますが、やはり米ドルは安定しており、流通量も世界トップ、アメリカ政府が元本の支払いを保証してくれるので、世界中で多くの投資家に運用されています。

米国債券の種類

債券の種類は、「償還期間」や「利払い方法」などにより分類され、T-BONDは償還期限が10年を超えるもの、利払いが利付債形式のものを言います。 他には、償還期間が1年以内で、利払いが割引債形式のものは、短期国債(Treasury Bills 略してTB)、1年超えで10年以内、利払いが利付債形式のものは中期国債(Treasury Notes 略してT-Note)と呼ばれます。

利付債形式とは、クーポン(利息)がある債券で、決められた金利を決められた時期に受け取ることができます。T-BONDでは、年に2回、半年に一度利息が支払われます。 それに対し、「割引債形式」とは、利息が支払われない債券のことです。 額面より安い値段で購入できるかわりに利息がつかない債券であり、満期時に額面の金額をもらうことができます。その差額が購入者の利益になるわけです。 例えば、償還期間5年、額面100円の割引債を90円で購入した場合、満期に100円をもらうことができ、合計10円の利益、1年あたり2円の利益が得られることになります。

外国債券の購入について

日本に住んでいる方は日本国債を購入できますが、T-BONDなどの外国債券を購入することもできます。 日本よりも利回りが高いことが多いため、資産運用として投資する方も多いのですが、外国債券は外貨預金同様、為替変動の影響を受けるので注意が必要です。

アメリカ政府が元本を保証するとしても、あくまで米ドルとして保証されるので、運用期間中に為替レートが変動して円高になった場合、日本円に換金する際、受け取る量が少なくなります。変動幅によってはそれが利息分を超えてしまい、元本割れを起こす可能性があります。

逆に円安になれば、より多くの利益を得ることができます。 このように、外国為替を購入する場合はリスクが生じるので注意しましょう。

また、国が経済破綻した場合、その国の債券価値はゼロになってしまいます。 特にアメリカなどの大国ではほぼありえないことですが、そのリスクがあることも抑えておきましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ