TTMの使い方と意味をマスターしよう

TTMの使い方と意味をマスターしよう

仲値のことです。銀行が個人などの顧客取引や、10万ドル未満の外国為替取引をする際の基準レートとして用いる外国為替レートを仲値といいます。

東京市場の場合、一般的には、午前9時55分ごろのレートを参考に仲値を決めていますが、仲値は銀行によって若干異なります。なお、仲値決済のドルが不足しているときに「仲値が足りない」あるいは「仲値不足」といわれたりします。その場合、足りないドルを市場で購入する必要がありますから、そのドル買いによってドル円相場が上昇することがあります。

TTMの概要

TTMの概要

TTMは通貨を違う国のものに変更する際の基準となる値、レートのことです。 午前9時55分頃に仲値を決定して、それを元に銀行の利益を考慮したTTSやTTBが決定され、業務が開始されます。

銀行が通貨を売る時の値がTTS、買う時の値がTTB、それらと仲値の差額が銀行の利益になるわけです。 為替レートは常に変動しているので、変動する度に設定するのが理想と言えますが、その都度対応していたら手間がかかってしまうので、一日一回TTMを決定します。

但し、あまりに為替レートの変動が大きかったら問題なので、為替レートが午前に決定した仲値から1円以上上下に動いた場合は、それに合わせて改めて仲値を決定します。これを「市場連動性」といいます。 また、取引量が1件10万ドル相当額以上の場合も、損益が大きくなるため、市場連動性に基づき別個に決定されます。

スプレッドの違い

TTMに手数料を上乗せした値が、TTSとTTBになります。 FXでお馴染みのask、bidも同じと考えて良いでしょう。 前者は通貨の両替手続きをする金融機関が、後者はFX事業者が手数料をそれぞれ独自に決めています。 この手数料をスプレッドと言い、金融機関やFX事業者によって異なりますので、外貨預金やFX(外国為替通貨取引)をする方は、なるべく安いところを選んだ方が良いことになります。※ただ、手数料以外の要素もあるので一丸には言えません。 外貨預金では、メガバンクだと1円程度、ネットバンクなら0.5円~0.15円程度になります。FX事業者も様々ですが、0.1円(10銭)や0.05銭(5銭)のところもあります。

例えば、TTMが105.50円だった場合、メガバンクのTTBは104.50円、TTSが106.50円。安いFX事業者の場合は、bidが105.45円、askが105.55円といったケースもあり、かなり手数料に開きがでてくると言えます。

仲値不足

需要と供給のバランスにおいて、外貨が不足する状態を仲値不足と言います。 例えば、顧客がドルを大量と必要としているときに、その必要な分を銀行が確保できていなかった場合です。 多くの人が海外旅行に行く連休前や、企業の取引が盛んになる五十日は外貨の需要が増えるので、仲値不足が起きやすい傾向にあります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ