S&P500の使い方と意味をマスターしよう

S&P500の使い方と意味をマスターしよう

アメリカの投資情報会社であるスタンダード・アンド・プアーズ社がNASDAQ、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所に上場している銘柄から代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数です。

この指数は時価総額加重平均型株価指数、つまり(対象銘柄の時価総額合計)÷(一時点での時価総額合計) という式で算出されております。S&P500の表記単位はポイントで、値動きの単位は0.01ポイントとなっております。

アメリカの代表的な株価指数

アメリカの代表的な株価指数

S&P500(エスアンドピーファイブハンドレット)は、ダウ平均、ナスダック総合指数とともにアメリカの代表的な株価指数として知られています。

ダウ平均は、ダウジョーンズ社が独自に選出した大型企業30社の株価平均型株価指数であり、ナスダック総合指数はNASDAQに上場している会社の時価総額加重平均指数となります。 そしてS&P500は、NASDAQ、ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所に上場している会社の中から500社を選定し、その時価総額加重平均指数を表したものです。

S&P500、ダウ平均、ナスダック総合指数の違い

株式指数は経済の動向を把握するベンチマークとなりますが、先ほど説明したように算出方法に違いがあります。 ダウ平均は30社のみ、ナスダック総合指数はそこに上場している会社の数、S&P500は500社と、まず対象となる会社数が異なります。

また、会社の規模も異なり、ダウ平均では超大型企業が30社厳選されているのに対し、S&P500は超大型から大型企業あたりまで含まれます。 S&Pに関連する株式指数は他にも、中堅企業400社を対象とした「S&P400」、小型企業600社を対象とした「S&P600」があります。

規模だけでなく、業種にも違いがあり、ダウ平均では自動車、石油、化学など歴史のある産業に属している企業が多いのに対し、ナスダック総合指数はハイテク企業など新興産業に属する企業が多く見られます。 S&P500はどちらも含むといったところでしょうか。 このようなことから、ダウ平均、ナスダック総合指数は偏りがあると言えますが、S&P500はそれがあまりなく、さらにアメリカの株式市場の時価総額の約80%をカバーしているため、株式市場全体の動向を把握するための最も優良な株価指数として認知されています。

計算方法

株価指数には、「株価平均型株価指数」と「時価総額加重平均指数」、2種類の計算方法があります。 前者は「株価の合計÷銘柄数」、後者は「時価総額の合計÷過去の一時点の時価総額の合計」となります。 時価総額は、「株価×その株価の発行数」なので、その企業の大きさ、価値を表していると言え、株価平均型株価指数では、その企業に対する一時的な期待や不安が反映されるため、一過性の性質があると言えます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ