OTCの使い方と意味をマスターしよう

相対取引のことです。取引所を介さない取引全般をOTCと呼びます。【=相対取引】

OTC(相対取引)と取引所取引

OTC(相対取引)と取引所取引

FXにおける取引は、OTCもしくは取引所取引のどちらかとなります。 OTCとはOver The Counterの略で、売り手と買い手が直接取引をすることです。相対取引、また店頭取引とも呼ばれます。

取引所取引とは、売り手と買い手の間に取引所が介入し、その三者により取引が行われることです。 現在、FXで行われている取引所取引は「くりっく365」のみで、それ例外ではOTC取引が採用されています。

OTCの特徴

OTC取引の最大の特徴と言えば、自由度が高いことでしょう。 取引所が介入すると、公平性は増すのですが、その分自由度は低くなります。

店頭取引では、取り扱っている通貨、レバレッジ、手数料(スプレッド)やスワップポイントを各事業者が独自に設定しており、違いが大きくなります。

売買ツールも異なり、各事業者がより便利で高性能なものを日々開発しています。 コスト面では直接取引となるため、取引所取引に比べると有利で、価格競争もあることから手数料を無料にしているところも多いようです。 事業者により、かかるお金やシステムが異なりますので、利用する場合は、事前にご自身でサービス内容を詳しく調べるようにしましょう。

取引所取引の特徴

取引所取引の特徴

くりっく365は、公正・健全なFX取引のため、東京金融取引所が2005年に開設した公的なFXの取引所です。 OTCでは事業者が任意で価格を設定しているのですが、取引所取引では、マーケットメイク方式を採用しており、マーケットメイカーと呼ばれる三菱東京UFJ、野村證券、ゴールドマンサックス証券などの金融機関がレートを提示、投資家はその中から自身に有利なレートを選び、マッチングされることで価格が決定します。

OTCと比べると、公平性、透明性、安心感はあると言えますが、自由度は低く、共通点が多く見られます。 取り扱い通貨は26種類、レバレッジは10倍、もしくは25倍のどちらかで統一され、スワップポイントは売りスワップ、買いスワップ、どちらも同額となっています。 スワップに関してはOTCでは支払いの方が大きくなるケースもあるので、安心できると言えます。

売買ツールもオリジナルのものがなく共通であり、店頭取引の業者に比べると使い勝手がいまいちとの声も。 コスト面では、手数料を参加事業者に支払わなくてはいけないので、無料になることはなく、OTCに比べると不利と言えます。

取引所取引と店頭取引、どちらにせよ、サービス内容をよく確認して、ご自身に合った方を選ぶようにしましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ