ドルコスト平均効果の使い方と意味をマスターしよう

株式や通貨などを、毎月一定額で買い付けていけば、価格が下落した時にはたくさんの量を購入でき、価格が上昇して高い値段の時には少ない量しか購入できないため、平均コストを安く抑えることができることをいいます。 ただし、これは長期的に上昇トレンドであれば、効果的な投資法といえますが、長期的に下落トレンドにある場合は、ナンピンを繰り返す結果となり、マイナス面が浮上することもあります。

一定額で買い続けるとドルコスト平均効果がでる

一定額で買い続けるとドルコスト平均効果がでる

ドルコスト平均効果を発生させるためには、一定の量ではなく、一定の額を投資して買い続ける必要があります。 そうすることで、価格が高いときは少ない量を買うことになり、価格が低いときは多めの量を買うことになります。

投資額に差が生じる

投資額に差が生じる

そもそも、なぜドルコスト平均効果を狙うのかと言いますと、投資額を安くするためです。 投資額が高いよりは、もちろん安いほうがいいですよね。 ただ、投資額が多いと沢山買える、投資額が安いと少ししか買えない、これでは意味がありません。

ドルコスト平均効果の良いところは、買った量は同じなのに、それを行うことで投資額が安くなるという点です。 株式や通貨を「一定の量で買い続けた場合」と「一定の額で買い続けた場合」を比べると、購入した量は同じなのに、一定の額で株式や通貨を買い続けた方が、トータルでの投資額が安くなるわけです。

ドルコスト平均効果の欠点

ドルコスト平均法は絶対的なものではありません。 これは投資額を抑えるための方法ですが、それはあくまで株式や通貨などの値段を一定期間と設定し、それをトータルで計算した場合に限ります。

時間は進み続けていますし、相場ももちろん変わり続けます。 例えば、相場が上がり続けたとしたら、最も投資額を下げるためには、より先に買っておくことが必要となりますし、もし、未来が決まっていて相場が下がり続けるのであれば、一番得をする購入時期はやってこないことになりますよね。

ドルコスト平均効果をその話に当てはめると、相場が上がり続けている場合は、「もっと前に買っておけば良かった」という話になり、そうしなかったために「もっと投資額抑えられたのに見逃してしまった」ということになります。 これなら損失が発生しないので良いのですが、相場が下がり続けた場合は、買いポジションであるためどうにもなりません。 実行したとしても、一つの大損失を出しているポジションに加えて、少ない損失(これから大きくなってしまう可能性もある)を出しているポジションが発生するだけです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ