ドルペッグの使い方と意味をマスターしよう

ドルペッグの使い方と意味をマスターしよう

自国の通貨レートをドルに連動させる固定相場制度のことをいいます。 ドルに対しての為替レートは安定し、貿易や投資を円滑に行なうことができます。

ただし、通貨レートを維持するためにアメリカの金利政策に追随しなければならないというデメリットがあります。ペッグ制は、経済基盤の弱い国が、自国の通貨レートを、経済的に関係の深い大国の通貨と連動させて、経済を安定させるために用います。

ドルペッグ制を採用している地域

ドルペッグ制を採用している地域

経済を安定させるために行うドルペッグ制ですが、具体的に採用している地域としては「香港」が挙げられます。 2015年の時点で、香港ドルの米ドルに対するレートは、7.75~7.85香港ドルの間で固定されており、この範囲からでることはありません。

香港ドルと米ドルは連動しているため、米ドルに対して円高になると、香港ドルに対しても円高となり、米ドルに対して円安になると、香港ドルに対しても円安となります。

ちなみに、香港は中国に属するのですか、通貨は中国の人民元ではなく、香港ドルとなっています。これは、香港が「特別行政区」に指定されているからなんですね。 通貨を独自にできるほどの自治権を持っているのですが、軍事と外交に関しては中国政府が管轄しています。

香港におけるドルペッグ制の発端

香港において、ドルペッグ制を採用するきっかけとなったのは、皆さんご存知かと思いますが、中国への返還です。 香港は、1997年にイギリスから中国に返還されましたが、もちろんその前に、それに向けてイギリスと中国の間で様々な取り決めが行われました。

その内容が明らかになる過程で、先行きを不安に思う人が増えて、混乱状態になってしまったのです。 そして、1983円9月に香港ドルは米ドルに対して大暴落します。 それを収束させるために、ドルペッグ制を採用したのが発端となります。

今後の見通し

ドルペッグ制採用により、米ドルに対する為替レートは安定してきて、アメリカとのつながりに関して不安は少なくなったと言えます。 しかし、アメリカの金融政策に追従することで、香港の経済においてデメリットがかなりでてきます。

時代も変わり、香港は本国である中国との関連性が強くなってきました。 それゆえ、現在では「ドルペッグ制」ではなく「人民元ペッグ制」を推す動きがでていきていますが、それもまた、人民元がハードカレンシーでないことなどが障害となっており、なかなか実現に至らないのが現状といえます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ