TTBの使い方と意味をマスターしよう

銀行の電信買相場(Telegraphic Transfer Buying Rate)の略称です。「Buying」とありますが、企業や個人の立場から見れば「外貨を売る(買ってもらう)」ということになります。一般的にTTB は、基準レートである「仲値(TTM)」よりも手数料の分だけ安いレートとなります。たとえば仲値が1ドル=100円で、手数料が1ドルあたり1円だとすると、TTBは1 ドル=99円となります。

TTBでは金融機関の利益が引かれる

TTBでは金融機関の利益が引かれる

TTB(電信買相場)という言葉はあまり聞きなれていない方が多いと思いますが、外貨を日本円など自国の通貨に戻す際に適用される相場です。 例えば、投資目的で外貨預金をした場合、一定期間後にその外貨を日本円に戻すことになります。

個人や企業が外貨を買う、そして、売る(戻す)場合、銀行などの金融機関を経由しなくてはいけません。銀行もそれビジネスの一つとしているので、手数料を差し引いて外貨を買い取るのです。 円預金と違って何かと費用がかかる、また、インターバンクのレートを元にした仲値でそのまま戻したら利益がでないので、銀行の利益を考慮してTTBの値が決定されます。 尚、当然価格競争があるため、手数料は各銀行により異なります。

TTBの具体例

TTBの具体例

では、外貨預金を例にTTBの具体例を見てみましょう。 Aさんが100万円を、1ドル100円、金利2%の米ドルで投資するとします。 まず、100万円を10000ドルに変えて、それを保有することになります。

一年後、金利分の200ドルが加算されて、Aさんの所持金は10200ドルになります。 これを日本円に戻すと、102万円となり、今回の投資でAさんは2万円の利益がでることになるのですが、この際に銀行の手数料がかかってきます。 米ドルの場合、大手都市銀行では1ドルあたり1円の手数料がかかるので、10000×1で、1万円の手数料がかかります。

102万円からその1万円を差し引いて、Aさんには101万円が残り、このケースでは1万円の利益がでたことになります。 TTBで計算すると、日本円に戻す際、運用分100ドル×99=9900ドルが手数料を差し引いた金額となり、それに金利分の200ドルを足して10100ドル、日本円で101万円が手元に残るわけです。

補足

上記の例ではわかりやすくするため、外貨購入時の手数料(TTS)は計算に入れていません。 また、手数料は大手都市銀行では1ドル1円ですが、ネットバンクなどでは1ドルあたり0.5円、0.25円など安くなっているケースがほとんどです。 その他、1ドル100円が一年間変わらない設定としていますが、実際は為替レートが変動するので、その影響も受けることになります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ