海外FXのスワップポイントとは?厳守すべき注意点3つとおすすめ運用法も紹介

更新日
2020年12月9日
作成日
2020年10月3日

「FXはハイリスクハイリターンで、安定した収入源には向いていない」

このように思っている方は多いのではないでしょうか?

実はFXには、「スワップポイント」と呼ばれる利息のようなシステムがあります。
スワップポイントは小さい利益ですが毎日もらえるため、コツコツと積み重ねて大きな利益にすることも可能です。

さらに、アービトラージと言う手法を使えばリスクを最小限に抑えてスワップポイントを得ることもできます。
この記事では、スワップポイントの仕組みやアービトラージについて解説していきます。

安定して稼ぎたいと考えている方に役に立つ情報なので、最後まで必見です。

スワップポイントとは?金利の差額で利益を得る手法

スワップポイントとは、売買した通貨の金利の差額を指します。

FXでは、低金利の通貨を売って高金利の通貨を買った場合、為替差益とは別にスワップポイントをもらえます。
ポジションを保有し続けるだけで、スワップポイントを毎日獲得することが可能です。

しかし、高金利の通貨を売った際は逆にスワップポイントを支払わなければいけなくなることに注意してください。

「スワップポイントはもらえたけど、相場変動でマイナスになってしまった」ということを防ぐために、通貨ペアの相関関係を把握しておきましょう。
同じ動きをしやすい通貨ペアを「相関関係にある」反対の動きをしやすい通貨ペアを「逆相関関係にある」と言えます。

逆相関関係にある通貨ペアを選べば異なる値動きをしやすいため、リスクヘッジになるのです。
1日にもらえるスワップポイントは少ないので、長期的に保有することを考えて運用しましょう。

スワップポイントのカギとなる各国の政策金利を比較

先ほど説明したように、スワップポイントは通貨の金利差によって得られます。

では、通貨を発行している国の政策金利を見てペアを作ってみましょう。
日本は低金利政策を取っているため、日本円でペアを組む場合は高金利の通貨がおすすめです。

通貨発行国政策金利改定日
日本-0.10%2016年1月
アメリカ0.25% 2020年3月
メキシコ4.50% 2020年8月
トルコ8.25% 2020年5月
南アフリカ3.50% 2020年7月
香港0.86% 2020年3月
英国0.10% 2020年3月
豪州 0.25%2020年3月
ニュージーランド0.25%2020年3月
カナダ 0.25%2020年3月

スワップポイントの獲得に海外FXがおすすめな2つの理由

スワップポイントを積み上げていきたい場合は、国内FXよりも海外FXを選びましょう。
ここでは、スワップポイント狙いの時に海外FXで行うべき理由を2つ紹介します。

  1. スワップポイント狙いでトレードできる通貨ペアが多い
  2. 強制ロスカットとなる基準が低い

①スワップポイント狙いでトレードできる通貨ペアが多い

海外FXでは、国内FXに比べて取り扱っている通貨が多いことが特徴です。
その分、通貨ペアの選択の幅が広がります。

たとえば、高金利で有名なトルコリラと低金利の通貨ペアを作ることも可能です。
スワップポイント狙いのFXなら、海外FXの方が向いていると言えます。

②強制ロスカットとなる基準が低い

海外FXは強制ロスカットの基準が低いこともポイントです。
国内FXでは50%のロスカット水準が平均的ですが、海外FXでは20%前後である場合が多いです。

同じ金額・レバレッジで取引する場合、ロスカット水準が低いと、強制決済される可能性が低くなります。
そのため、長期保有を前提とするスワップポイント狙いの運用なら、海外FXがおすすめです。

スワップポイントのデメリットは短期間で大きな利益を見込めないこと

スワップポイントは毎日少ない金額を受け取る仕組みのため、短期間では大きな利益を見込めません。

ポジションを長期間保有しておく必要があるため、忍耐力が必要です。
スワップポイントはコツコツと利益を積み上げていくものと考えておきましょう。

スワップポイントはどれほど儲かる?シミュレーションして解説

スワップポイントは長期間ポジションを持っていないと大きな利益は見込めません。
今回は1年間保有した場合でシミュレーションします。

USD/JPNで金利差が0.213の組み合わせを、1ドル=100円で10万通貨保有していた場合で計算してみましょう。
100円×10万×0.213=21,300円と計算できるので、1年間で約2万円のスワップポイントを得られます。

海外FXでスワップポイントを狙う際の3つの注意点

保有しているだけでもらえるスワップポイントですが、注意点もいくつかあります。
為替変動が起こった際は、利益どころか損失になる可能性もゼロではありません。

ここでは、スワップポイントを狙って海外FXをする際の注意点を3つ紹介します。

  1. 為替変動のリスクがあるのでポジション決済のタイミングを見極める
  2. ハイレバレッジだからと言って少ない証拠金でトレードしない
  3. 多少の為替損益は気にせず長い目で運用する

①為替変動のリスクがあるのでポジション決済のタイミングを見極める

為替変動が起こった際、金利が大きく変わることがあります。
その場合、金利差が逆転してスワップポイントを支払わなければいけないケースもあるので注意しましょう。

各国で金融政策が変更された場合にも、金利が大きく動く可能性があります。
政治・経済の動きを見ながら、危険だと思った際は潔くポジションを決済するのが賢明です。

②ハイレバレッジだからと言って少ない証拠金でトレードしない

海外FXではハイレバレッジで取引できますが、少ない証拠金で取引することはおすすめしません。

証拠金が少ないと、多少の為替変動が影響して強制ロスカットされることもあります。
とくに金利が高い新興国の場合は変動率が高いため、損失を出さないように注意しましょう。

③多少の為替損益は気にせず長い目で運用する

スワップポイントを目的にFXを行う場合は、長期的な運用を心がける必要があります。
わずかな損失が出ただけで不安になって売ってしまう、といったことを繰り返してしまえば元も子もありません。

少しの含み損、含み益で一喜一憂せず長期的な運用を目指しましょう。
ただし、「①金利変動のリスクがあるのでポジション決済のタイミングを見極める」で説明したように金利の変化には注意が必要です。

海外FXのスワップ運用はアービトラージがおすすめ

アービトラージとは、1つの通貨ペアに対して買いと売りの両方のポジションを持つ方法です。

通常だとアービトラージをしてもスワップポイントはマイナスになってしまいます。
しかし、一部の通貨ペアではスワップポイントがプラスになるので為替変動のリスクなしで利益を出せるのです。

ただし、アービトラージをしようと思っている場合はFX業者選びに注意してください。
FX業者によっては、アービトラージを禁止していることがあります。
安定して利益を出していきたい人は是非チャレンジしてみてください。

※なお、当社GEMFOREXでは、同一口座内のアービトラージを認めております。

まとめ:仕組みを理解して堅実に運用しよう

この記事では、スワップポイントの仕組みや運用方法について説明してきました。
スワップポイントは短期的に稼ぐ手法ではなく、毎日小さな利益を積み重ねていくものです。
時間がかかりますが、安定して利益を積み重ねることができます。

GEMFOREXでもスワップポイント狙いの取引は可能です。
登録も簡単にできますので、コツコツと利益をあげたい人は是非GEMFOREXに登録して、スワップポイントを獲得しましょう。
  • 口座開設で最低でも10,000円分のボーナス
    入金不要・リスクゼロでGEMFOREXが体験できます。

    GEMFOREXで海外FX取引をはじめてみませんか?

    • 最大レバレッジ1000倍
    • 追証なしゼロカットシステム採用
    • 日本語サポート体制が充実
    • 金融ライセンス保持
    • 自動売買ソフト(EA)を200種類以上無料提供

    ただいまGEMFOREXでは、お客様がリスクなくトレードにご参加いただけるよう、口座開設ボーナスを10,000円分用意しております。
    この機会にぜひGEMFOREXをお試しくださいませ。

  • 只今新規口座開設ボーナスとして
    10,000円プレゼント中ですが、
    もうGETしましたか?

    キャンペーン終了まで残り・・・