スプレッドの意味と使い方をマスターしよう!

スプレッドの意味と使い方をマスターしよう!

スプレッドとは、「広がること、広がり、値幅、差額」を意味し、FXにおけるスプレッドとは、通貨ペアの提示レートの買値(Bid)と売値(Ask、Offer)の差のことを指します。 例えば、米ドル/円で、レートが「101.15-20」の場合であれば、スプレッドは5銭ということになり、これはお客様にとってのコストを意味します。

このスブレットは、初心者の方にとってはやや理解しづらいと思いますので、詳しく説明していこうと思います。

スブレットの分をまず勝たなくてはいけない

スブレットの分を勝つ

先に説明しましたが、通貨ペアを注文する時、画面を見てみると「Bid 101.15-Ask 101.20」といったように表記されています。この時に買い注文をすると、もちろん1ドルが101.15円の時に買い注文をしたことになりますよね。ありえないことなのですが、もしこのままずっと値動きがなかったらどうでしょう。いずれ決済はすることになるので、仕方なく決済をすることにしました。その時の売値は、値動きをしていないので当然101.20円のまま、結果0.05円(5銭)の損をすることになります。逆に、最初の101.20円の時に売り注文をして、値動きがないまま決済した場合、買い注文は101.15円となり、同じように0.05円(5銭)の損となります。

スブレットの分を勝つ

ですので、1ドルが101.15円の時に買い注文をして、値段が上がっていき、101.20になった時に売り注文をして、「やった!勝ったぞ」などと喜んではいけません。お分かりかと思いますが、その時点ではまだ利益はゼロなんです。そこから上がった分が利益になるので、設定されているスプレッドの分をまず勝たなくては行けないんです。

スブレットの狭い業者を選ぶ

スブレットの狭い業者を選ぶ

スプレッドの幅はFX事業者により異なります。最初にスプレッドの分を勝たなくてはいけないので、なるべく狭くなっている事業者を選んだ方が良いと言えます。ただ、FX事業者を選ぶ際のポイントはスプレッドだけではありません。使用したい通貨ペアがあるかどうか、デモトレードができるか、信託保全になっているかなど、他にもいろいろポイントはありますので、それらを加味しながらご自身に適した事業者を選んでください。

なぜ設定されているのか

スブレットはなぜ設定されているのか

このスプレッドなのですが、なぜ設定されているのでしょうか?これは裏話になってしまうのですが、この分がFX事業者の利益になるからです。FXでは売買手数料が0円になっているところが多いです。その事業者は利益を上げられないのでは、と思う方もいると思いますが、設定してあるスブレットの分で利益をあげているわけですね。個人的に売買手数料をとっている事業者はどうかと思います。スプレッドを設定したうえ、売買手数料もとると、お客さんの利益が少なくなってしまいますからね。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ