EAのポートフォリオで各国市場の時差に着目

EAのポートフォリオで各国市場の時差に着目

ポートフォリオを組んで効率よくEAを動かしていこうと思うならば、それぞれのEAを効率化するのみならず、各国の市場の時間にも着目しないとなりません。たとえば土日はほとんど世界各国の市場は閉まっているように、トレードでも魚のいないところでは魚は釣れないのです。逆に言うと、値動きが活発な時を狙い、効率良くトレードしていかなければなりません。

為替が動き始める時間帯

為替が動き始める時間帯

世界の市場の開く時間帯は、トレードを開始するにはねらい目です。

・5時~14時 オセアニア市場(ニュージーランド・オーストラリア)
・9時~19時 東京市場(日本・香港・シンガポール)
・17時~3時 欧州市場(ドイツ・スイス・フランス・イギリス)
・22時~7時 ニューヨーク市場(アメリカ・カナダ)

このようになっており、一度市場が開くと1日を通して、世界のどこかの市場は開いているので1日中トレードは可能です。

この中でも為替相場が活発に動くのは以下の時間帯です。

・ニューヨーク市場の終わる5時頃から東京市場の始まる7時頃
・東京市場から欧州市場にかけての16時から18時頃
・ニューヨーク市場の始まる21時から24時頃

世界各国で経済指標の発表される時間帯も、為替相場は活発に動きます。

・アメリカの雇用統計が発表される22時30分
・アメリカのFOMCや各国の中央銀行による政策決定会合の発表が行われる時間
・FOMCや各国の中央銀行総裁の記者会見の時間

雇用統計の時間は大きく為替が動くのは有名ですが、その他に日本なら日銀総裁の定例会見時も大きく動くことがあります。特にトレードする通貨ペアの国には注目すべきであり、やはりドル円を使うならばアメリカと日本の発表には注目すべきです。

各国市場の特徴

オセアニア時間 6時から8時

市場参加者が少なく、値動きの少ない時間帯です。ニュージーランドで経済指標発表があったり、週末にオセアニア関係のニュースがあると、早朝は値動きが激しくなることがあります。

東京時間 8時から15時

日本の市場参加者の他に、シンガポールなどからも参加者が増えて、少しずつ値動きがあります。特にこれは特徴的であり、ゴトー日とよばれる5と10の付く日は、ドル買いが出やすく9時55分までドル円が動きやすく、それだけを狙ったEAもあります。

これを過ぎた10時以降は値動きは緩やかであり、ユーロやポンドも穏やかに動きます。この時間にオーストラリアや中国で経済指標発表があると、比較的値動きが大きくなります。

欧州時間 15時から21時

16時の欧州の市場の開始で一気に値動きがあります。この時間は欧州通貨が動き始め、ユーロ圏の経済指標発表もあります。19時頃には欧州勢はいったんお昼休みで値動きが落ち着き、短期的にトレンドを形成することもあります。

ニューヨーク時間 21時から6時

21時を過ぎるとアメリカからの参加者が多くなり、いよいよ為替の動きはピークを迎えます。米国の経済指標発表では、かなり荒く為替は動きます。ロンドンフィックスが午前0時にあるので、月末はユーロやポンドも値動きが激しいです。そして午後2時を過ぎると欧州の市場が終わりやや落ち着きますが、深夜にも大きく動くことはあります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ