MT4やミラートレーダーを提供する国内FX会社が少ない理由は?

海外FXは、取引ツールのMT4やミラートレーダーを使った取引が一般的です。一方で国内FXは独自のプラットフォームを開発しているところが多く、MT4を使ったトレードやミラートレードに対応しているところはほとんどありません。導入コストが安く、機能性も高いのになぜ国内FXはMT4やミラートレードに対応しないのでしょうか?

取引方法の違いが原因

取引方法の違いが原因

海外FXは、NDD取引を行います。この方法は、FX会社を介して直接的にFX市場に注文を流して取引を行うのが特徴です。透明性の高い取引ができて、トレーダーがFXで勝つほど海外FX会社の利益も大きくなります。

では、国内FXはどうでしょうか?海外FXのNDD取引とは違ってDD取引が主流です。呑み取引と呼ばれるもので、トレーダーが負けるとFX会社の利益が増えて、トレーダーが勝つとFX会社が損をする仕組みになっています。常に呑み取引をするのではなく、勝率の低いトレーダーには呑み取引、勝率の高いトレーダーにはカバー取引を行います。

FX会社は、トレーダーの勝率によって柔軟に取引変更を変える必要があります。世界で使用されているMT4では、トレーダーによって注文方法を変えることができません。そのため、独自のプラットフォームを開発して、トレーダーの勝率に合わせて柔軟に取引方法を変えられるようにしているわけです。

MT4と独自プラットフォームのコストの違い

MT4は世界中で使用されている取引ツールですが、無料で公開されています。一からFX取引のためのプラットフォームを開発するのはコストが多大にかかります。そのため、海外FX会社の多くは、取引ツールの導入コストを下げるために高性能のMT4を使っているところが多いのです。

一方、国内FX会社は1から取引ツールを開発します。そこに多大なコストがかかってしまうため、海外FX会社よりも初期コストは多大です。手数料を多く取らないと採算が取れませんが、国内FXは、取引手数料となるスプレッドの狭さを売りにしています。さて、どこでコストの回収をしているのでしょうか?

スプレッドを狭くできるのは、呑み取引とカバー取引を行うことができるからです。つまり、独自に開発している取引ツールはブラックボックスで、その中でトレーダーの不利になることが起こっても、トレーダーが知る余地がありません。本来のレートとは違うレートで約定していてもトレーダーが気付くことはできないわけです。このようにスプレッド以外でもコストの回収を行っています。

ミラートレードの規制

ミラートレードの規制

海外FXをするトレーダーの中には、自動売買を行う人も少なくありません。自動売買取引は、あらかじめトレードルールが組み込まれているEAというプログラムを使って自動的に売買する仕組みです。通常は、EAを自分で用意して取引ツールに移管して使うのですが、プロが作ったEAをそのまま使って自動売買取引を行う方法もあります。プロと同じレベルでトレードできるメリットがあり、この方法をミラートレードと言います。

ミラートレードは、初心者でも勝てることが多く人気です。国内でもミラートレードに対応しているFX会社は多くあったのですが、2013年にミラートレードが規制されることになり、対応するFX会社は大幅に減ることになりました。

規制と言っても、禁止されたわけではなく、ミラートレードをするためには投資助言をする会社として登録を受ける必要が出ました。登録を受けるためには、時間やコストがかかります。手間をかけてまで、ミラートレードのサービスを提供する必要がないというのがFX会社の本音です。もう一つ言えば、ミラートレードの利用者の多くは初心者が多く、勝てないことにクレームを入れる人も少なくないので、対応に手間がかかることも理由としてあります。

国内FX会社のミラートレードは注意

国内FX会社の中にもミラートレードを導入しているところはありますが、その多くは海外FXのミラートレードのシステムをレンタルして使用しています。独自に開発するのはコストが大きいことや、将来的にミラートレードの規制が厳しくなる可能性もあるので、高いリスクに懸念するのがレンタルする理由です。

レンタルなら、かかるコストは維持費とレンタル料だけです。海外FX会社なら発生しないレンタル料が国内FX会社のミラートレードだと上乗せされてしまいます。そのため、同じミラートレードを利用した場合に、海外FX会社よりも国内FX会社のスプレッドの方が大きくなるので注意が必要です。

ミラートレードをするなら、独自のプラットフォームを持っている海外FX会社がおすすめです。海外FXだと、かけることができるレバレッジも大きいので、勝率の高いEAを使ったミレートレードなら少ない資金でも大きな利益が期待できます。

ちなみに、海外FX会社のGEMFOREXもミラートレードを使って取引することができます。独自に開発しているオリジナルのシステムになるので、手数料が上乗せされることもありません。初心者でも使いやすいミラートレードです。

FXで勝つなら、MT4とミラートレードが使える海外FXがおすすめ

世界で最もスタンダードで、なおかつ高性能な取引ツールを使ってFXするなら、海外FX会社を利用する以外にありません。国内FXは規制の厳しさが他の国に比べると顕著です。MT4は透明性、信頼性が高く、チャートツールとしても重宝します。

システムトレードをする場合も、ミラートレードが使えるに越したことはありません。海外FXと聞くと不安に思われる人もいるかもしれませんが、国内FXよりオープンでより安心して取引できます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ