FXプラットフォーム(取引システム)で比較、MT4対MT5

国内FXでは、独自のプラットフォームを用いてサービスを提供しているFX会社がほとんどです。一方、海外FX会社の多くはMetaQuotes Software Corpが開発している「MetaTrader」のプラットフォームを使用しています。MetaTraderのバージョンでも、広く使用されているのが、「MT4とMT5」です。今回は、この二つの取引ツールを比較していきます。

MT5のメリット

MT5のメリット

①時間足が多い

MT4とMT5の違いで大きいのは、時間足の数です。MT4からバージョンアップした際に、新たに時間足が追加されました。時間足が増えたことにより、テクニカル分析の精度が向上しています。チャートの表示も柔軟に変えることができるので、そのときの状況に合わせることが可能です。

ちなみに、MT4で利用ができる時間足は9種類でしたが、MT5では21種類になっています。短い時間足が増えているのが特徴です。MT4だと1分→5分→15分でしたが、MT5だと1分→2分→3分→4分→5分→6分→10分→12分→15分になります。海外FX会社のように、短い時間軸の中で何度も取引する手法に最適化されています。

②フォルダの任意作成が可能

MT5では、ナビゲーターウィンドウにフォルダを作成することが可能になりました。テクニカル分析に使用するインジケーターをフォルダに追加して整理できるメリットがあります。大きなアップデートではないものの、普段からテクニカル分析をしているトレーダーからすると使いやすさがアップしています。

MT5のデメリット

①メモリの消費が激しい

メモリの消費が激しい

MT5はMT4に比べると操作性が向上し、動作も上がっています。当然、メモリの消費量も大幅にアップしているわけですが、パソコンのスペックが低いと対応できずに不具合が発生するリスクもあります。操作性や動作速度の向上は、そこまで顕著なものではありません。メモリの消費量が多くなるくらいなら、MT4の操作性や動作で十分という声もあります。

②インターフェースの変化は小さい

MT4とMT5では、インターフェースの変化がほとんどありません。ソフトがアップデートするとき、操作しやすいようにインターフェースが変わることもあります。MT5で変わってないということは、MT4のインターフェースで十分ということです。取引画面が変わってないので、特に使いやすさが向上したということはありません。ただし、機能面で変わっている部分があるので、慣れるまでには少々時間を要します。

③インジケーターが移行できない

テクニカル分析で欠かせないのがインジケーターです。インジケーターは無料や有料のものを入手して取引ツール内に入れて保管しますが、MT4で使っていたインジケーターがMT5で使えないことがあります。これは、バージョンアップにともない仕様が変わってしまったことが理由です。

これまで使っていたインジケーターが使えないので、新しくインジケーターを揃える必要が出てきます。MT4で有料のインジケーターを使っていた人にとって、MT5に対応している新しいインジケーターを買うメリットはそこまでありません。MT5で追加された機能と言えば、せいぜい時間足くらいだからです。

④EAが移行できない

MetaTraderの魅力と言えば、自動売買取引ツールが備わっていることです。自動売買取引は、専用の取引プログラムEAをMetaTraderにダウンロードして、EAのロジックに沿って取引を行います。EAもインジケーターと同じで、無料と有料のものがあります。EAもMT5と互換性がないものがあり、MT4から引き継げない場合があります。普段から自動売買取引を中心にしているトレーダーにとってMT5に移行するメリットはあまりありません。

⑤複数のポジションを持てない

MT4だと、同じ通貨ペアのポジションをいくつか持つことができます。しかしMT5は1通貨ペアに対してポジションが一つにまとめられてしまいます。つまり、両建てでポジションを持つことができなくなるわけです。ポジションを活用して取引するテクニカルなトレードに不向きになります。

MT5が普及しない理由

MT5が普及しない理由

MT5は2011年に公開されていますが、いまだMT5よりMT4を活用しているトレーダーが多くいます。機能的な面ではMT5が上回っているのに、普及しないのはアップデートするメリットよりもデメリットの方が大きいからです。特に、インジケーターやEAに互換性がないことはアップデートの妨げになっている大きな要因になります。

MT5に対応してないFX会社が多いのも普及しない理由です。MT5に目玉となるような機能がないこと、MT4から移行するトレーダーが少ないため、FX会社もMT5に対応させるメリットがありません。当面、MT5が急速に普及する要素がないのも実際のところです。

ただし、MT5はMT4が改良されて作られている取引ツールには違いありません。今後、新たに機能が追加されることやFX会社がMT5の利用普及を促すような風潮になれば、MT5がスタンダードな取引ツールになる可能性も残ります。MetaTraderを開発している会社が、MT4の利用に制限をかけることもあるかもしれません。

MT5のデメリットは、MT4との互換性がないところに集約されます。MT5が悪いのではなく、MT4を使う人が増えすぎたことによって、新しい取引ツールに移行できないのが実際のところです。初めてFXをする人からすれば、MT5から入って取引をするデメリットはほとんどありません。今後のことを考えて、MT5を利用するのもおすすめです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ