FXプラットフォーム(取引システム)で比較、MT4対cTrader

海外FXではMT4が主流ですが、スペックの高いプラットフォームも続々と開発されています。MT4のアップデート版であるMT5が提供されるようになった2011年、同じ時期にcTraderと言うスキャルピングやデイトレードに特化したプラットフォームが提供されるようになりました。cTraderは、potware Systems社が開発して提供しています。今回はFXトレーダーから高い評価も得ているcTraderについて紹介していきます。

cTraderのメリット

cTraderのメリット

低スプレッドでトレードができる

cTraderは、スプレッドが極小になっています。これはスプレッドをインターバンクから引っ張ってくるためです。cTraderは手数料とスプレッドを分けており、インターバンクのレートを直接表示することができます。そのため高い透明性で取引を行うことができるのです。 どの通貨も取引手数料は同じなので、通常ならスプレッドが広い新興国を含む通貨ペアでも低いスプレッドで取引ができます。

約定スピードが早い

海外FXはスキャルピングが主流なので、注文したときにどれだけスピーディーに約定させられるかどうかが重要です。cTraderは約定スピードが早く、注文を入れたタイミングで即時に約定させることができます。約定スピードが早いのは、ECNのサーバーがトレーダーの取引環境と同じ場所に設置されているためです。

約定拒否がない

注文したのに、そのレートで約定できないことを約定拒否と言います。cTraderはインターバンク市場につないで取引するので、約定拒否が起こることはありません。取引制限も一切なく、スリッページのようにトレーダーが不利になる現象も起こりません。注文通りに約定させられるので、トレーダーにストレスがかからないメリットがあります。

ワンクリック注文ができる

ワンクリック注文ができる

cTraderには、ワンクリック注文機能が搭載されています。ワンクリックで、成行注文や途転注文、ダブルアップ注文、全ポジション一括決済、通貨ペア別ポジション一括決済などを行うことが可能です。この機能は、MT4に搭載されてない機能なので、付加価値が高い機能と言えるでしょう。ワンクリック注文ができるので、スムーズな取引が可能です。スキャルピングをどんどんして利益を積み上げていくスタイルにも向いています。

複数の注文に対する処理能力が高い

MT4で取引するときは、一つの注文ずつの処理になります。全決済させる設定にしておいても、順番に決済していくことになるので、最初の決済と最後の決済ではタイムラグが生じます。決済のときのレートがずれてしまうため、小さな利益を狙うスキャルピングでは不利になりやすい特徴があります。cTraderは一気に決済させることができるので、タイムラグが生じることがありません。複数のポジションを持ってスキャルピングする手法にも向いています。

日本語対応している

MT4にも共通して言えることですが、日本語対応しているので日本人トレーダーでも問題なく利用できます。MT4より長けているのは、チャートに表示されている時間も日本時間に最適化されていることです。そのため、MT4のように日本時間に変換する必要性がないメリットがあります。

cTraderのデメリット

cTraderのデメリット

自動売買取引がやりにくい

cTraderで自動売買取引するためには、eAlgoというソフトウェアをダウンロードする必要があります。eAlgoを取り入れてもcTraderが最新のプラットフォームなので、対応しているEAが少ない特徴があります。MT4のように豊富にEAがあるわけではないので、自動売買トレーダーは取引がしにくくなっています。

MT4に対応しているEAをeAlgoに移植することは変換ツールを使用すれば可能です。ただし、プログラミングの知識を要することや手間がかかるので初心者には不向きになります。cTraderは裁量トレーダーに向いているプラットフォームです

インジケーターが使いにくい

テクニカル分析をする上で必要になるのがインジケーターです。cTraderにもデフォルトでインジケーターが導入されていますが、基本的に自分で用意して使うことになります。対応しているインジケーターが少ないことや、慣れるまでに時間がかかるのもデメリットです。MT4で積極的にテクニカル分析をしていたトレーダーからすると、使いにくく感じるでしょう。

取引手数料が高い

cTraderは取引手数料がかかる代わりに、スプレッドが狭くなっています。取引手数料はスプレッドのように取引の中でコストを回収することができません。余分なコストがかかっているように感じます。また、取引手数料とスプレッドを合算して考えると、スプレッドのみの手数料になっている場合に比べてコストが高い場合もあります。

MT4とcTraderはどっちが使いやすい?

cTraderを導入するFX会社は増えているものの、海外FXのプラットフォームの中心はまだまだMT4です。MT4は使いやすく、自動売買取引やテクニカル分析に必要となるEAやインジケーターも豊富にあります。cTraderにもメリットはたくさんありますが、わざわざMT4から乗り換えるメリットはそこまでありません。

cTraderは透明性の高さが一つの売りですが、MT4も多くのトレーダーが愛用しているプラットフォームということもあって高い透明性で取引ができます。また、MT4もインターバンクにつないで取引することも可能です。選択肢が広いという意味でも、MT4を使うメリットは大きいでしょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ