MT4を国内FXで使っている人は損しているのかも?!その真相は?

MT4と言えば、海外FXで広く使用されている取引ツールですが、国内FX会社の中でも導入しているところがあります。そもそもMT4は無料で提供されている取引ツールなので、独自に取引ツールを開発するよりもMT4を使った方が時間的にもコスト的にもお得です。そんな事情がありながら、国内でMT4の普及が進まないのはなぜでしょうか。また、MT4を国内FXで使っている人は損をしているかもしれないので、その理由も紹介していきます。

自動売買ができない場合がある

自動売買ができない場合がある

MT4の魅力と言えば、自動売買取引ができることです。MT4を使った自動売買取引は、MQLのプログラミング言語で作成されるプログラムEAを使って行います。EAには自動売買取引におけるルールが格納されており、インターネット上にも無料でダウンロードできる優秀なEAがたくさんあります。

MT4はEAを開発するツールも備わっており、プログラミング言語を習得すればオリジナルのEAを使って取引できます。また、インターネット上にあるEAのダウンロードが怖いという人は、MT4に無料で使えるEAが多くあるので、これを使って自動売買取引するとよいでしょう。自動売買取引は裁量取引と違って、ルールに基づいて感情に流されない取引ができます。感情に左右されやすい初心者にもおすすめです。

海外FX会社ならMT4を使って自動売買取引できるのが普通ですが、国内FX会社だとMT4が使えても自動売買取引のツールが使えない場合があります。この場合、自動売買取引をするためには、独自に開発しているプラットフォームなどを使う必要が出てきます。

国内FX会社は相対取引を導入している

海外FXは、トレーダーの注文を受けた海外FX会社がインターバンク市場のかけ橋となって注文を市場に流します。FX会社は市場に注文を流す仲介役として、トレーダーからスプレッドを徴収して利益にしている仕組みです。取引回数が増えるほどFX会社が潤う仕組みなので、MT4のように使いやすくて高機能なツールを使ってもらうことにメリットがあります。

一方、国内FXは相対取引を導入しています。この方法は、トレーダーから受けた注文をインターバンク市場に流さず、国内FX会社が注文を呑んで取引する方法です。市場に注文を流してないので、取引で発生した損失はFX会社の利益に変わっています。逆に、トレーダーが利益を出すと、その分だけFX会社が損をする仕組みです。

国内FX会社が独自のプラットフォームを導入しているのは、相対取引をするためです。 つまり、相対取引をメインにしている国内FX会社にとってMT4を使うことは不都合なわけです。MT4を導入している国内FX会社があるのは、MT4の注目度が高いことから、新規トレーダーの獲得のための宣伝目的もあります。

実際にMT4を導入している国内FX会社と言っても、チャート機能や分析機能だけをMT4でカバーしてプラットフォームは独自に開発しているものを使うところも少なくありません。取引方法の違いから、国内FXがMT4を導入するメリットはないので、どんな目的で導入しているのか知ることも大事です。

スプレッドが狭くても損をしていることがある

スプレッドが狭くても損をしていることがある

同じMT4を使っていても、通貨ペアごとに表示されているスプレッドは利用しているFX会社によって異なります。国内FX会社と海外FX会社を比較すると、国内FXの通貨ペアのスプレッドの方が狭いのが一般的です。スプレッドはFXの見えるコストになるので、トレーダーがFX会社を選ぶ基準の一つになります。

国内FX会社はスプレッドの狭さを売りにしているところが多いですが、トータルコストで見ると海外FXの方が低い場合もあります。スプレッドが狭くても、スリッページやリクオートなどで損をしていることが多いからです。ちなみに、スリッページは注文したレートとは違うレートで約定する現象、リクオートは注文したレートと違うレートを提示される現象になります。

国内FXのスプレッドが狭いのは、相対取引を導入しているからです。FX会社で注文を止めてインターバンクに注文を流さないので、本来かかる手数料が発生しません。手数料がかからない分、スプレッドを狭くすることができるのです。一方で、注文通りに約定させる能力を示す約定力は、海外FXに比べるとかなり低くなっています。

約定力が低いと、スリッページやリクオートの頻度が上がります。不利なスリッページやリクオートが発生すると、本来の利益が小さくなることや損失が大きくなってしまうので、隠れコストになってしまいます。しかし、スプレッドの広狭に比べるとトレーダーの意識が向きにくいことや、誤魔化しやすいことから約定力を含めてトータルコストで考えるトレーダーは多くいません。

MT4は海外FXに特化したツール

MT4を採用している国内FX会社は増えていますが、海外FXのように主要な取引ツールになることはありません。根本的に取引方法が違うことや、MT4はオープンな海外FXに適した構造になっているので、MT4を導入している国内FX会社を利用してもMT4のパフォーマンスを発揮することは難しいでしょう。

MT4を使って取引がしたいのであれば、MT4を導入している国内FX会社ではなく、海外FX会社の利用がおすすめです。海外と聞くと抵抗があるかもしれませんが、海外FX会社のGEMFOREXのように、口座の開設からサポートまですべて完全日本語対応しているところもあります。もちろん、MT4を使うことやEAを使って自動売買取引することも可能です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ