MT4ウェブトレーダーを採用する海外FX業者が増えている?!

海外FXの取引ツールとしてお馴染みのMT4ですが、最近はブラウザ専用のMT4ウェブトレーダーを採用する海外FX業者も増えています。どちらもMT4に違いはありませんが、従来のソフト版とブラウザ版で異なる部分があります。今回は、ウェブトレーダーを採用している業者が増えている理由を紹介していきたいと思います。

MT4ウェブトレーダーはパソコンのスペックに左右されない

MT4ウェブトレーダーはパソコンのスペックに左右されない

MT4ウェブトレーダーは、サイトにアクセスをして海外FX業者に発行してもらっているIDとパスワードを入力することでマイページに入ることができます。画面を表示させるのは自分が使っているパソコンですが、システムはネット上で起動しているので、パソコンのスペックに左右されにくい特徴があります。

ソフト版のMT4は特定のハードウェアを対象に開発されていますが、ウェブトレーダーはWindowsとMacを含むさまざまなハードウェアに対応しています。ブラウザもコンピューターのデフォルト設定になっているSafari やInternet Explorerに対応しているので、新しくブラウザを入れる必要がありません。ウェブトレーダーは操作性がシンプルになっているので、ソフト版のMT4に比べると使いやすくなっています。

バージョンアップが自動で行われる

ソフト版のMT4だと、アップデートが必要になったときに更新させる必要があります。大幅な更新があると時間もかかりますが、ブラウザ版に関してはアップデートを手動でさせる必要がありません。インターネット上にシステムがあるので、更新が必要になったときも勝手に更新されています。

ソフト版のMT4はすぐに更新しなくても問題ありませんが、大幅なアップデートがあると以前のバージョンのMT4にログインできないケースもあります。トレードチャンスのときに、更新が影響してトレードできないこともあるので注意が必要です。その点、ウェブトレーダーは常に新しいバージョンで取引ができるので、ログインできないトラブルに遭うこともありません。

パソコンがあればどこでも取引ができる

パソコンがあればどこでも取引ができる

MT4ウェブトレーダーはログイン情報さえあれば、どんなパソコンでもアクセスして使うことができます。外出中でもネット環境があるパソコンがあれば、いつでもウェブトレーダーにアクセスして取引可能です。ただし、スマホやタブレットには対応してないので気を付けましょう。

ソフト版だと、MT4をインストールさせているパソコンでしか利用することができません。パソコンが故障したときは、新しいパソコンを用意して新たにMT4をインストールさせる必要があります。設定もリセットされてしまうので、一から以前使っていた環境に設定し直さなければなりません。ウェブトレーダーだと、取引操作履歴が残って環境は保存されたままなので、パソコンが故障して他のパソコンを使っても同じ環境で使うことができます。

30のインジケーターが搭載されている

海外FXで利益を出すためには、相場の分析が必要になってきます。稼ぐトレーダーはテクニカル分析を行い未来の値動きを予想していますが、テクニカル分析をするためにはインジケーターが必要です。ソフト版MT4にもインジケーターが用意されていますが、ウェブトレーダーにも30のインジケーターが搭載されています。

豊富な描画機能を駆使して、トレンドラインや並行チャネル、水平線からフィボナッチまで網羅しています。外部のインジケーターを使うことはできませんが、精度の高いインジケーターが搭載されているので、相場分析に役立ちます。もちろん、ソフト版MT4のテクニカル分析と併用して使うのも方法の一つです。

ソフト版MT4と互換性がある

MT4ウェブトレーダーは、ソフト版MT4をインストールしていることを条件に利用できるところがほとんどです。そのため、ソフト版MT4とMT4ウェブトレーダーには互換性があります。ソフト版MT4でポジションを持ち、MT4ウェブトレーダーで約定させると言った取引方法も可能です。ソフト版MT4のサポート的な機能として活用することもできます。

ソフト版MT4で基本的な取引をして、少し面倒に感じる裁量取引をMT4ウェブトレーダーで行うなど、取引方法に応じてツールを使い分けるのもコツです。ウェブトレーダーは外部のEAを使うことができないので、ソフト版MT4を自動売買取引専用にして、ウェブトレーダーを裁量取引専用にすることもできます。互換性があるおかげで、さまざまな応用ができるのもメリットです。

セキリュティ面で気を付ける必要がある

ソフト版はパソコンにインストールさせて使うので、ブラウザ上に情報が残ることはありません。MT4ウェブトレーダーはブラウザ上で起動させるツールなので、ネットを介した情報の漏洩リスクがあります。IDやパスワードが漏れてしまうと、第三者にログインされてしまうので注意が必要です。

IDとパスワードが漏洩しないためにセキリュティ対策することはもちろん、ノートパソコンのように持ち運びするタイプのパソコンに関してはロックをかけるなど、盗難対策もしておきましょう。

MT4ウェブトレーダーは賢く活用しよう

ソフト版のMT4だけでも十分に取引することはできますが、MT4ウェブトレーダーを使える環境の方が選択肢は広がります。海外FX会社GEMFOREXもMT4ウェブトレーダーを提供しており、MT4ライブ口座、デモ口座があればすぐに使うことができます。サポートも充実しているので安心です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ