MT4の取引、なぜ海外FX会社を使うのか?

FX取引をするためには、取引の土台となる環境が必要です。土台となる環境がプラットフォームや取引ツールになるわけですが、海外FXはロシアが開発したMT4が広く使用されています。一方、国内FXは独自に開発したプラットフォームを使用しているところが多くなっています。今回は、MT4の取引でなぜ海外FX会社を使うのかについて紹介します。

海外FXはNDD取引ができる

海外FXはNDD取引ができる

海外FXの多くはNDD取引を採用しています。NDD取引は、トレーダーの注文を受けた海外FX会社がインターバンクに直接注文を流す方法です。海外FX会社は、トレーダーの注文を受ける際に手数料としてスプレッドを徴収します。スプレッドが海外FX会社の利益になるので、トレーダーが儲けるほどFX会社も儲ける仕組みです。

対する国内FXの多くはDD取引を採用しています。DD取引は、トレーダーと相対取引を行う方法で、すべての注文をインターバンクに流さず、FX会社が注文を呑むのが特徴です。インターバンクに注文を流さないので、スプレッドは狭く設定されています。一方、トレーダーが損をするほど、FX会社の利益が増える仕組みです。

国内FX会社が独自のプラットフォームを採用しているのは、多くのFX会社で使用されている透明性の高いMT4だと都合が悪いからです。なるべくトレーダーに損をして欲しいというのが本音なので、独自のプラットフォームというブラックボックスだと、意図的にスリッページやリクオートを起こしてトレーダーに損をさせても本人は気付きません。

もちろんDD取引を採用し、独自のプラットフォームを使っている国内FX会社のすべてが不正をしているわけではありません。しかし、独自のプラットフォームを使っている以上、真相は分からないのが正直なところです。それであれば、クリーンなNDD取引とMT4を導入している海外FX会社を利用する方が安心して取引できます。

海外FXは追証なしで安心して取引ができる

通常、取引で含み損が増えるとロスカットが発動するので、口座の資金が0円以下になることはありません。しかし、テロや戦争、経済指標の発表、世界経済を脅かす有事が発生したときには顕著な値動きが発生して、ロスカットが間に合わず大幅な損失が発生した状態で取引が強制終了することがあります。場合によっては、口座の残高がマイナスになって借金を抱えることもあります。

国内FXの場合、追証という形で口座のマイナス分を請求されることになります。トレーダーは、取引で資金を大幅に失った挙句、借金を背負わされて国内FX会社にお金を返していく状況です。FXはロスカットが健全に発動すれば借金を負うことがない投資ですが、市場が混乱しているときは借金を負うリスクがあります。

MT4を採用している海外FX会社の多くは、ロスカットが間に合わず借金が発生しても追証がありません。ゼロカットシステムと言って、口座のマイナス分は請求しない制度を設けているからです。本来、支払うべきトレーダーの借金は口座を開設している海外FX会社が代わりに負担します。

海外FX会社がゼロカットシステムを導入しているのは、トレーダーの資金を守ることが理由です。借金を背負って再起不能になるより、損失を最小限に留めて再起してもらうメリットの方が大きいことも理由の一つにあります。追証がないことで、高いレバレッジをかけた運用でもリスクは小さいです。

海外FXはスキャルピングができる

海外FXはスキャルピングができる

FXのトレードスタイルにはいくつかありますが、数分~数十分の間で数回~数十回の取引をして為替差益を積み重ねていく手法をスキャルピングと言います。短い時間でも利益を出すことができるので、チャートに張り付いて取引できる時間が少ない人にもおすすめです。

海外FXではスタンダードな取引スタイルですが、国内FXではスキャルピングが禁止されているところが少なくありません。禁止されているFX会社でスキャルピングをすると、口座凍結や取引停止のペナルティを受けることになります。

MT4は自動売買取引も人気です。自動売買取引をすると、裁量取引に比べるとトレード回数は多くなります。自動売買取引を前提にしたMT4の利用であれば、スキャルピングに対応していることは必須です。スキャルピングは、海外FXの高いレバレッジとの親和性も高く、少ない値動きでも大きな利益を積み上げていくことができます。

海外FXはMT4の機能を活用しやすい

MT4にはテクニカル分析の機能も搭載されています。標準で50ほどのインジケーターが使えるため、自分で分析するためのインジケーターを用意する必要がありません。MT4は、プログラムを作るプラットフォームにもなっているので、プログラミングの知識があればインジケーターを自作することも可能です。

MT4はスマホ用のアプリも提供されているので、外出先で時間が空いたときにアプリを使って取引することも可能です。短時間でもスキャルピングをすれば、時間を有効活用して利益を出すことができます。

自動売買取引に必要となるEAもMT4なら無料で多く使うことができます。もちろん、外部でEAを用意してMT4に移管して使うことも可能です。使えるEAは多いほど投資の幅を広げるので、無料EAが配布されている海外FX会社を選ぶと尚良いでしょう。ちなみに海外FX会社GEMFOREXは、無料で使えるEAを数多く配布しています。他にも1000倍レバレッジでスキャルピング可、ゼロカットシステムもあり、MT4を使った取引との相性も抜群です。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ