海外FX会社のMT4で仮想通貨をトレードするには?

海外FX会社のMT4で仮想通貨をトレードするには?

海外FXで使っているプラットフォームとしてお馴染みなのが、ロシアで開発されたMT4です。高性能・高機能を誇り、世界で最も利用者が多いプラットフォームとして知られています。FXのツールというイメージが浸透していますが、近年は仮想通貨をトレードするときに使うプラットフォームとしても注目を浴びています。今回は、MT4で仮想通貨をトレードする方法やメリット、注意点などを紹介します。

MT4の導入方法も丁寧に説明!GEMFOREXで口座開設!

仮想通貨のトレードとは

仮想通貨のトレードは、現実に存在しない仮想の通貨に投資をして利益を狙う方法です。考え方としてはFXに似ていて、買いポジションと売りポジションを持つことができます。仮想通貨の種類は1000を超えており、投資できる仮想通貨が多いのも特徴です。

仮想通貨がFXと違っているのは、FXが世界経済とリンクしていることに対し、仮想通貨は完全に需要と供給のバランスで成り立っていることです。買いたい人が増えれば価格は上昇し、売る人が増えれば価格は下降していきます。市場に参加しているトレーダーの心理によって決まる取引です。

仮想通貨は、値動きが大きいのも特徴です。これは仮想通貨のトレードの歴史が少なく、相対的に取引量が少ないことや国による介入がないこと、埋蔵量が決まっているなどが理由になります。大きい利益を狙うことができる一方、リスクが大きいのも仮想通貨トレードの特徴です。

トレードスタイルは、FXと同様にスキャルピングやスイング、アビトラなどがあります。レバレッジをかけて取引することもできますが、もともとの値動きが大きいので、高いレバレッジをかけて取引する性質の投資ではありません。

海外FX会社のMT4で仮想通貨のトレードはできる?

仮想通貨のトレードをするためには、仮想通貨取引所を介して行う必要があります。国内でも仮想通貨のトレードができる取引所が増えていますが、みなし業者と言って金融庁の登録を受けずに事業を行っている状況です。国内だからと言って安心して取引ができるわけではありません。

最近は仮想通貨のトレードに対応する海外FX会社も増えています。海外FX会社なら、普段から使っているプラットフォームのMT4で、そのまま仮想通貨のトレードを行うことができます。使い方もFXと同じなので、普段からMT4を使ってFXトレードしている人なら操作性に問題なくトレードが可能です。

海外FX業者で仮想通貨FXをするデメリット

仮想通貨の導入を進めている海外FX会社が増えており、FX取引とあわせて行なうトレーダーも増えています。初心者にとって、海外FX業者で仮想通貨FXをするデメリットは気になるところですよね。ここでは、海外FX業者で仮想通貨FXをするデメリットを紹介します。

デメリット①レバレッジが低い

海外FXは高いレバレッジがかけられますが、仮想通貨のレバレッジは10倍程度が上限です。ハイレバレッジで慣れている投資家にとって、レバレッジ10倍は窮屈に感じるかもしれません。ただし、仮想通貨はボラティリティが大きい投資なので、高いレバレッジをかけての取引はリスクを高めます。ボラティリティが高い分、レバレッジが低くても大きな利益は狙えるでしょう。

デメリット②トラブルがあったら自己責任

国内で仮想通貨の取引ができる取引所は、日本の法律に基づいて取引をしています。一定のルールを定めているため、信頼性は高いと言えるでしょう。しかし、海外FX業者の仮想通貨は国内FXの金融庁の許可を得ていません。従って、何かトラブルがあったときは自己責任になってしまいます。海外のFX業者で仮想通貨取引をするときは、信頼できる業者選びも必要です。

海外FX業者で仮想通貨FXをするメリット

海外FX業者で仮想通貨FXをする投資家が増えていますが、国内でも仮想通貨はできるのに海外FX業者を選ぶのはなぜでしょうか?それは、国内の仮想通貨取引にはないメリットがあるからです。ここでは、海外FX業者で仮想通貨FXをするメリットについて紹介していきます。

メリット①追証がない

海外FXのメリットはゼロカットシステムで追証がないことですが、このルールは仮想通貨取引にも適用されます。追証というのは、急激なレート変動が起こったときに、ロスカットが間に合わずに生じた借金分の支払い義務のことです。ボラティリティが高い仮想通貨において、追証のリスクは無視できません。海外FX業者の仮想通貨取引では、追証なしで安心してトレードができます。

メリット②MT4を使って取引ができる

海外FX業者の仮想通貨取引は、FX取引で使われているMT4が取引ツールとして使用されます。MT4には高性能なテクニカル分析機能が搭載されており、仮想通貨取引にも使うことができます。海外FXの経験がある人なら、そのままの環境で取引ができるため、迷うこともありません。

また、MT4に標準搭載されている自動売買取引の機能を使って取引することもできます。仮想通貨の歴史が浅いことから、自動売買取引に使えるEAは多くありません。しかし、世界標準のプラットフォームということで、今後は仮想通貨取引用のEAが使えるところも増えてくるでしょう。

メリット③NDD方式で高い透明性の取引ができる

海外FX業者の仮想通貨取引も、海外FXと同様にNDD方式の取引方法となっています。NDD方式は、投資家の注文を受けた海外FX業者がインターバンク市場に流す方法です。国内FXで導入している相対取引と違って、インターバンクに注文を流すことから、透明性が高く安心して取引できます。

仮想通貨FXを導入している海外FX会社はどこ

仮想通貨FXを導入している海外FX会社は多くありますが、日本人向けにサポートされているFX会社は多くありません。ここでは日本語サポートがあり、なおかつ仮想通貨FXができる海外FX会社を紹介します。

海外FX業者のFBS

2009年より、海外FX業者として運営をスタートしたブローカーです。日本人向けのサポートは2016年から行なっており、豪華なボーナスや低スプレッドが特徴になっています。ビットコインの取引に対応しており、無料VPSがあるので自動売買取引もしやすいでしょう。

ただし、口座通貨が円口座に非対応であることや国内銀行入金に非対応なこと、日本語力が低いなどのデメリットがあります。海外FXの経験が少ない投資家からすると、使いにくいと思うかもしれません。

海外FX業者のIronFX

イギリスのFCAのライセンスを取得している海外FX業者です。仮想通貨取引に対応しており、信託保全がしっかりしているメリットがあります。約定力の高さや、スプレッドの狭さに定評があり、VPSも無料で使えるのが特徴です。

デメリットとしては、日本語サポートが十分ではないことです。また、日本で発行したクレジットカードを使ってだと、入出金することはできません。海外FXに慣れてない人だと、戸惑うことも多くなるかもしれません。

海外FX業者のFXDD

2002年から運営している老舗の海外FX業者で、ECN口座が使えることや日本語サポートが充実しているメリットがあります。仮想通貨取引にも対応しており、レバレッジの上限は10倍と業界内ではトップクラスです。

金融ライセンスは保有しておらず、スプレッドはやや広めになっています。また、FXでは約定力が低く、仮想通貨取引においても同様のことが言えます。スピード重視の人には少々物足りなさを感じるかもしれません。

トータルバランスで勝負!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ