FXプラットフォーム(取引システム)で比較、MT4対NetTradex

FXプラットフォーム(取引システム)で比較、MT4対NetTradex

海外FXで使用するプラットフォームと言えばMT4がお馴染みですが、独自にプラットフォームを開発しているFX会社もあります。NetTradeXもプラットフォームの一つで、開発して提供しているのは海外FX会社のIFC marketsです。IFC marketsはBVI金融サービス委員会の認可を受け、2006年から日本人向けのFXサービスを提供している老舗のFX会社になります。今回は、NetTradeXとMT4について比較してみます。

MT4の導入方法も丁寧に説明!GEMFOREXで口座開設!

NetTradeXのメリット

NetTradeXのメリット

ポートフォリオ分析取引ができる

NetTradeXは、相関性の低い金融商品を組み合わせてポートフォリオ取引が可能です。この方法は、リターンは一緒でリスクを減らせる方法になります。数学的に証明されている原理を基軸とし、リスクヘッジや分析を行うことができる機能です。トレーダーが、自分自身で通貨や株価などの投資対象を組み合わせて取引商品を作ることができます。たとえば、CNH/JPYのように他のFX会社では対応してない通貨ペアに注文を入れることも可能です。

ポートフォリオ取引と分析法は、NetTradeXにしかない機能なので業界内においても高い評価を得ているのが特徴です。また、初心者でも使いこなせるようにアナリストによる取引サポートが受けられます。複数の通貨ペアで運用し、複数のストラテジーに資金を分散させることができるので、リスクを低減することが可能です。

注文方法が豊富にある

NetTradeXでは、さまざまな注文方法に対応しています。成行注文や指値、逆指値などの基本的な注文から、OCOやIFD、IFO注文も可能です。トレール注文は、サーバー側で実行させることができるので、取引ツールを立ち上げないで行うことができます。MT4の場合、サーバーを用意して運用する必要があるので、デフォルトでサーバーがあるのはNetTradeXの強みです。

また、一つの注文ずつしか約定させることができないMT4に対し、一度に複数の注文を処理できるのもメリットです。スキャルピングのように、短い時間軸の中で何度も取引する場合は全決済のスピードが圧倒的に早く行うことができます。海外FXに特化したプラットフォームです。

口座タイプが豊富

NetTradeXには、常にスプレッドが固定されている口座と状況に応じてスプレッドが変動している二つの口座タイプがあります。

固定スプレッドだと、急激な為替変動が起こってもスプレッドが広がることはありません。スプレッドの変化を意識することなく取引できるのが大きなメリットです。一方、為替変動が小さいときはスプレッドが相対的に高くなります。

変動スプレッドだと、普段の取引では最小スプレッドで取引ができます。一方、急激な為替変動が発生するとスプレッドが急激に広がってしまいます。NetTradeXでは、この二つのタイプの口座を状況に応じて使い分けることができます。

分かりやすいインターフェースと日本語対応

NetTradeXは、分かりやすいインターフェースが魅力です。海外FX初心者でも、操作性に優れているので迷うことなく注文や約定、機能を使うことができます。また、オール日本語対応になっているので言語の壁もありません。トレーダーの可用性を重視して作られているプラットフォームなので、初心者から上級者まで幅広く対応しています。

NetTradeXのデメリット

NetTradeXのデメリット

IFC Marketsでしか使えない

MT4は、ほとんどの海外FX会社で使用することができます。一方、NetTradeXはIFC Marketsが独自に開発しているプラットフォームなので、IFC Marketsでしか使用することができません。NetTradeXで中心に取引を行っているトレーダーが、他の海外FX会社に移行するときにプラットフォームも一緒に移行できないのはデメリットです。

また、操作性に優れているとは言え、MT4とは使い方が異なります。MT4に慣れていると、NetTradeXは使いにくく感じるかもしれません。MT4もインターフェースが分かりやすく、初心者から上級者まで幅広く愛用されているプラットフォームです。新たに使い方を覚えるまでの高い価値があるとは言いにくいところもあります。

MT4のEAと互換性がなく、EAが少ない

NetTradeXも自動売買取引に対応しています。EAのダウンロードはアドバイザーをNetTradeXにインストールさせることで可能です。ただし、MT4で使っていたEAをNetTradeXに移管することはできません。MT4はMQL4で作られるプログラムですが、NetTradeXはNTLで作られるプログラムです。MT4でEAを自作していたトレーダーも、NetTradeXで新たにEAを作るためにはNTL言語の習得が必要になります。また、テクニカル分析で必要となるインジケーターも同様です。

NetTradeXとMT4はどっちが使いやすい?

操作性で見ると、どちらも慣れると使いやすいプラットフォームです。NetTradeX のEAやインジケーターも自分で揃えれば、MT4と同じように自動売買取引やテクニカル分析を行うことができます。

ただし、NetTradeXはIFC Marketsのユーザーに使用が限定されます。IFC Marketsは、信頼性の高い海外FX会社ですが、取引においてはスプレッドが広いことやボーナス がない、出金方法の種類が少ないデメリットもあります。これらのデメリットを踏まえた上での、利用になる点に注意が必要です。

海外FX会社のGEMFOREXは、豊富なボーナス や約定力の高さ、出金方法のバリエーションが多くMT4で使用可能なEAが無料で多く手に入ります。NetTradeXを使用することはできませんが、コスパに優れたトレードができてMT4のパフォーマンスも高いです。独自のプラットフォームを使うよりも、世界中で使用されているプラットフォームを使う方が透明性の高い取引もできます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ