海外FXでMT4以外の取引ツールの特徴は?

海外FXでMT4以外の取引ツールの特徴は?

独自プラットフォームが主流な国内FXと違い、海外FXではMT4が主流です。MT4はロシアのMetaQuotes社が開発した無料のプラットフォームで、取引ツールや自動売買機能、高性能なチャート機能などが搭載されています。シンプルな画面で必要に応じてカスタマイズしていくので、海外FX初心者にも使いやすい取引ツールです。

MT4があれば海外FXはできますが、海外FXの取引ツールの選択肢はMT4だけではありません。MT4以外の取引ツールを提供している海外FX会社もあります。今回はMT4以外で普及している取引ツールの特徴について紹介していきます。

cTraderの特徴

cTraderの特徴

cTraderはSpotware System社が開発した海外FXの取引ツールです。オークション形式で取引が行なわれるECN取引用に開発されているのが特徴です。ディーラーの介入がなく、取引の透明性が高いことから不正リスクがなく安心して取引できます。MT4もECN口座に対応していますが、MT4はECN専用で作られたプラットフォームではありません。そのため、ECN取引をメインに行っているトレーダーから厚い支持を得ています。

cTraderは現在の取引価格に対し、どれくらいの買いや売り注文が入っているのかを示す板情報が見られるメリットがあります。板情報から相場の動きやトレンドを予想することができます。MT4で板情報を見るためには、専用のソフトを入れなければなりません。また、取引サイズがMT4のようにロットではなくそのまま取引量が表示されるので、取引単位が把握しやすいのもメリットです。

複数のポジションを持っている場合に、MT4なら一つずつ注文を約定していく必要があります。しかし、cTraderは同時に複数のポジションを決済させる機能が搭載されています。この機能により、一つずつ注文することで発生するタイムラグを防止することができます。急激に相場が変動したときも、即座に複数のポジションを約定させると最小限に損失で抑えることができます。

cTraderのデメリットは自動売買するために必要なプログラムがMT4のプログラムと互換性がないことです。cTraderの自動売買機能のシェアはMT4に比べると小さく、自動売買取引ツールとして浸透していません。プログラマーもcTrader向けのプログラムよりも、需要が多いMT4に対応したプログラムを優先して作るので、圧倒的にMT4の自動売買に対応しているプログラムの方が多くなっています。また、他の海外FX会社に口座を移す場合、cTraderに対応してないことも多く、新たに取引ツールの操作方法を覚え直す必要があります。

MT5の特徴

MT4と同じくMetaQuotes社が開発したプラットフォームで、MT4の新しいバージョンになります。2011年に開発され、チャート機能で時間足が増加したことや板情報の開示など、MT4の機能をアップグレードしたような形になっています。また、株式や先物、CFD、オプションなどの金融商品にも対応しています。操作性もMT4と似ているので、MT4を使ったことがある投資家なら操作方法もすぐに覚えられます。

本来であればバージョンアップしているのでMT4からMT5に移行するのが一般的な流れです。しかし、いまだにMT5がMT4の代わりになる取引ツールとして浸透していません。これはMT4とMT5の互換性がないことが理由として挙げられます。特に大きいのが、自動売買取引で使うプログラム(EA)の互換性です。MT4とMT5ではEAに互換性がなく、MT5で新たに自動売買取引をする場合は0からEAを揃えていく必要があります。MT4時代に集めていたEAがすべて使えなくなるわけです。同じようにテクニカル分析で使うインジケーターも、MT4とMT5では互換性がありません。MT5の利用者が増えないので、有能なインジケーターの開発も遅れています。

ただし、MT4の提供は2018年に終了することになりました。今後はMT5への移行が進んで新しいプラットフォームとして普及することが期待されます。MT4と機能性や操作性が似ているため、MT4を使っていた人がMTシリーズ以外のプラットフォームに移行する流れが強まることは現時点で考えにくいです。

NetTradeXの特徴

NetTradeXの特徴

海外FX会社のIFCMarektsが提供している取引ツールです。ポートフォリオ分析取引の機能が搭載されているのが特徴です。ポートフォリオ分析を用いた取引は、数学的な理論に基づいて開発された取引方法になります。一つのストラテジーに頼るのではなく、複数のストラテジーでリスク軽減しながら運用します。

NetTradeXは注文方法も豊富にあり、OCO注文やIFD/IFO注文、トレーリングストップ注文にも対応しています。サーバー側で注文が実行されるため、取引ツールを立ち上げていなくても自動的に注文できるのもメリットです。複数のポジションを保有しているときは、一括で決済させることもできます。

NetTradeXはIFCMarektsの取引環境に合わせて開発されている独自の取引ツールです。IFCMarektsでFXをするときには有効なツールですが、他の海外FX会社に移行すると使用できなくなります。自動売買取引に使うプログラムやテクニカル分析に使うインジケーターもMT4と互換性がないので新たに用意する必要があります。

最後に

MT4以外にも使える取引ツールはいくつもあります。人によってはMT4よりも使いやすいと感じる取引ツールもあるかもしれません。しかし、海外FX初心者は、独自開発された取引ツールの操作方法を先に覚えるより、多くの海外FX会社で使用できるMT4の使用方法を先に覚えて、必要に応じ独自の取引ツールを使っていくことをおすすめします。

海外FX会社のGEMFOREXなら、ウェブサイトやサポートが日本語対応しており、MT4の使い方や設定方法の動画サポートがついています。VPSを使ったMT4やブラウザ版のMT4の提供など、取引ツールのバリエーションも豊富にあるので、環境に応じてMT4を使った取引を行うことができます。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ