なぜMetaTrader5の普及が進まないのか?MT4との相違点は?

なぜMetaTrader5の普及が進まないのか?MT4との相違点は?

海外FXのいいところは、海外で広く使用されているプラットフォームのMT4が使えることです。2005年にMetaQuotesSoftwareが開発したソフトですが、MT4には2011年にリリースされた新バージョンのMetaTrader5のソフトがあります。通常なら新しいバーションがリリースされると、次のバージョンに移行するのが自然の流れです。今回はMetaTrader5 が普及しない理由やMT4との違いについて解説していきます。

MT4の導入方法も丁寧に説明!GEMFOREXで口座開設!

MT4とMT5の違いについて

MT4とMT5の違いについて

時間足の違い

MT4とMetaTrader5では、選択できる時間足の種類が異なっています。時間足とは一定の値動きの間隔で区切り、グラフ化したチャートのことです。ローソク足ひとつが期間を表し、10分足なら一つのローソク足は10分の値動き、1時間足なら一つのローソク足は1時間足の値動きを表しているわけです。時間足が長いほど、大きな流れをつかんで判断しやすくなります。

MT4の場合は1分、5分、15分、30分、1時間、4時間、日、週、月の9種類の時間足が用意されています。MetaTrader5は、MT4の9種類に加えて、2分、3分、4分、5分、6分、10分、12分、20分、2時間、3時間、6時間、8時間、12時間の13種類の時間足がプラスされています。海外FX初心者であれば、MT4の時間足の種類でも十分です。しかし、より細かい分析をする中級以上のトレーダーになると時間足のバリエーションは多いに越したことはありません。

テクニカル分析に使うインジケーターが違う

インジケーターはテクニカル分析の指標を開発する、すでにあるテクニカル分析指標をカスタマイズするために必要なプログラムです。MT4もMetaTrader5もインジケーターが使える機能が搭載されている点では共通しています。しかし、MT4とMetaTrader5のインジケーターには互換性がないため、取引のプラットフォームにあったインジケーターを選ぶ必要があります。MT4の方がMetaTrader5に比べるとインジケーターは多く開発されており、MT4からMetaTrader5に移行する場合はMetaTrader5専用のインジケーターを新たに用意しなければなりません。

自動売買に使うEAが違う

自動売買に魅力を感じて海外FXを始める人もいます。自動売買取引なら機械が相場を判断して取引してくれるため、海外FX初心者にも人気です。自動売買取引の機能はMT4もMetaTrader5も最初から搭載されていますが、自動売買するためのプログラム「EA」に関しては、MT4とMetaTrader5で使用可能なEAが異なっています。インジケーターと同じで、MT4からMetaTrader5に移行する場合はMetaTrader5専用のEAを用意する必要があります。

機能的な違い

MetaTrader5では、インジケーターやEAのフォルダ分けができるようになっています。フォルダ分けの機能が追加されたことで、インジケーターやEAの管理がしやすくなっています。また、MT4では対応してなかった板表示についてもMetaTrader5で新たに対応しています。これにより、どの価格帯にどれくらいの注文が入っているのか把握できるようになりました。新しい機能が付帯されたことによって、MT4に比べるとMetaTrader5の方が動作はやや重たくなっています。

MT4とMetaTrader5の違いから見えてくるMetaTrader5の普及が進まない理由

MT4とMetaTrader5の違いから見えてくるMetaTrader5の普及が進まない理由

MT4とMetaTrader5の違いを紹介してきましたが、この二つの取引プラットフォームの違いからMetaTrader5の普及が進まない理由が見えてきます。

EAやインジケーターを新しく揃えるためのコストや手間がかかる

MT4の魅力と聞かれた場合に、「テクニカル分析や自動売買取引の機能が充実している」と答える人はたくさんいます。2005年にリリースされていることもあり、そこから新たに開発されたEAやインジケーターは山のようにあります。分析や自動売買取引に力を入れているトレーダーは、お金を払って多くのEAやインジケーターを買っています。新たにMT5を使い始めると、これまで揃えたEAやインジケーターは使えず、コストや手間をかけて新たに買い揃えなければなりません。結果、MetaTrader5に乗り換えるメリットがないと感じるわけです。

EAの種類が少ない

EAやインジケーターを新たに導入しようと思っても、MT4に比べるとMetaTrader5の方が種類は少ないのが現状です。インジケーターについてはどんどん増えており、MT4との差は小さくなっているものの、EAに関しては公開されている数が圧倒的にMT4向けの方が多くなっています。コストや手間がかかるだけでなく、対応しているEAが少ないのもMetaTrader5の普及が進まない理由です。

・MT4で事足りているトレーダーが多い 使い慣れている取引ツールを新しい取引ツールに乗り変えるのは多少なりとも手間がかかります。同じ会社が開発しているソフトでも、慣れている取引ツールを手放すほどのメリットがMetaTrader5にないと感じているトレーダーが多いのも、MetaTrader5が普及しない理由です。また、MetaTrader5よりMT4の利用者が多く情報が得やすいこともMT5の魅力を軽減しています。

海外FX初心者はMetaTrader5がある海外FX会社選びがおすすめ

海外FX界において不動の人気をキープしてきたMT4ですが、現在はサポートが終了してMetaTrader5への完全移行の流れになっています。そのため、MT4の利用者も今後はMetaTrader5に移行することが想定されます。MetaTrader5はMT4に慣れている人からすると使いにくい部分もありますが、海外FX初心者であればMetaTrader5から始めても問題ありません。

もちろんMT4のサポートが終了したからと言って、ただちにMT4が廃れるとも考えにくいです。海外FX初心者が海外FX会社を選ぶときは、今後のことも踏まえてMT4とMetaTrader5の両方に対応しているFX会社選びをするとよいでしょう。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ