MT4とMT5どっちがいい?二つの違いを検証します!

MT4とMT5どっちがいい?二つの違いを検証します!

海外FXで人気があるプラットフォームがMetaTraderです。独自プラットフォームを使っている国内FXと違って、多くの海外FX会社で導入されています。MetaTraderのシリーズにはMT4とMT5があり、両方のプラットフォームを提供している海外FX会社もあります。今回はMT4とMT5の違いを検証すると共に、どちらのプラットフォームを使った方がいいかについても紹介します。

MT4の導入方法も丁寧に説明!GEMFOREXで口座開設!

MT4とMT5のEAの違い

MT4とMT5のEAの違い

MT4もMT5も自動売買機能が搭載されている点では共通しています。高性能で機械的な取引ができる自動売買機能はMetaTraderを利用するメリットの一つです。自動売買取引を行うためにはEAと言うプログラムが必要になります。EAを自ら用意し、MetaTraderにインストールさせることで自動売買取引ができるようになります。

MetaTrader のEAは独自のプログラミング言語「MQL」で作成されます。MQLはC言語に似ており、MetaTrader上でMQLを使ってEAを自作することも可能です。気を付けないといけないのは、MT4とMT5のEAでは使用されているプログラミング言語が違うことです。MT4ではMQL4が使われていますが、MT5ではMQL5が使われています。

MT4とMT5では使用されているプログラミング言語の違いから、互換性がありません。つまり、MT4で使っていたEAをMT5で使うことができないわけです。逆にMT5で使っているEAもMT4で使うことができません。MT5に比べてMT4の利用者が多く、今だにMT4のEAの方が多く開発されています。バージョンが新しいMT5が浸透しないのは、EAのバリエーションが少ないことも理由の一つです。

MT4とMT5のカスタムインジケーターの違い

MT4・MT5ともにテクニカル分析の機能が搭載されています。テクニカル分析を活用することで相場を解析し、最大にリスクを減らしながら利益を増やす取引ができます。テクニカル分析にはインジケーターが必要です。それぞれのプラットフォームでは最初からインジケーターが搭載されています。しかし、より細かい分析がしたいときはカスタムインジケーターを用意する必要があります。

カスタムインジケーターもMT4とMT5では互換性がありません。公開されているカスタムインジケーターの数もMT5よりMT4の方が多くなっています。一方、MT5のカスタムインジケーターはどんどん増加しており、現在公開されているカスタムインジケーターでも精度の高いテクニカル分析ができます。MT4とのカスタムインジケーターの数や質の差は小さくなりつつあります。

MT4とMT5の時間足の違い

MT4とMT5の時間足の違い

MT5になって大きく変わったことは時間足が増えたことです。MT4には4種類の分足と2種類の時間足、日足、週足、月足の9種類が搭載されていましたが、MT5ではさらに12種類増えて全部で21種類になっています。

海外FX会社ではチャートの分析を細かく行うことが利益を増やすコツです。MT5ではMT4に比べ、時間足のバリエーションが増えているためチャート分析がしやすくなっています。細かくチャート分析したいトレーダーにとって、時間足が増えたことのメリットは大きいでしょう。

MT4とMT5の動作の違い

MT5はMT4に比べてメモリの消費量が増えています。メモリ消費量が増えたのは機能性が増したことが理由ですが、合わせて動作スピードも向上しています。通常、メモリの消費量が大きくなると処理を多く要するので動作スピードは低下します。しかし、MT5の場合はメモリ消費量が増えたと言っても現代の高機能なパソコンで動作に影響を及ぼすほどではありません。

MT4は2005年に開発されてプラットフォームで、MT5は2011年に開発されたプラットフォームです。その時代のコンピューターにマッチするようにプラットフォームは作られますが、MT5が登場してからもすでに長い年月が経っています。MT5のスペックは変わらず、パソコンのスペックはどんどん上がっているのでパソコンが原因でMT5の動作が重たくなることはありません。

ただし、複数のMT5を一つのパソコンで稼働する場合は話しが変わってきます。メモリ使用量が多くなるため、メモリの使用量が少ないMT4を複数稼働させて取引をする方が動作はスムーズです。複数の自動売買取引を稼働させるときや異なるFX会社の口座を同時に取引する場合、複数口座で同時取引がしたいときはプラットフォームを複数起動させる必要があります。この場合はMT4の方が使いやすいです。

MT4とMT5のバックテストの違い

MT4にもMT5にもEAの成績をチェックするためのバックテスト機能が搭載されています。MT4のバックテストは過去のレートの動きをもとに、EAが正しく相場を読んで利益を出すことができるどうかを確かめるテストです。この方法ではバックテストの結果が良くなるようにプログラムを改変され、悪意を持っていい結果のバックテストデータが作られるリスクがあります。

MT5では新たにストラテジーテスターの機能が搭載されています。相場の履歴に基づいて設定されたアルゴリズムに基づいて取引を行うテスト方法です。さらにフォワードテスト機能も追加され、バックテストとフォワードテスト用に相場履歴を二分することで、履歴データの特定の領域でのパラメーターの最適化を回避させることができます。この機能により、MT4よりも適切なEAの最適化が図れるメリットがあります。

今後はMT5が普及する可能性

MT4は提供を終了したため、今後はMT4からMT5に移行する流れが強まることが想定されます。MT4とMT5を比較したときのMT4のメリットは自動売買に使えるEAが豊富にあるくらいです。自動売買取引にこだわりがない海外FX初心者なら、今後のことを考えてMT5が使える海外FX会社選びも視野に入れておきましょう。

ただし、使い方としてはMT4もMT5も同じようなものです。MT4からMT5に移行したときに、新しく覚え直す必要がある部分は他のプラットフォームに移行するよりも少ないです。まだまだMT5の情報よりもMT4の情報が多いことを考えると、当面はMT4を使ったのでも問題ありません。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ