FXプラットフォーム(取引システム)で比較、MT4対Swordfish

FXプラットフォーム(取引システム)で比較、MT4対Swordfish

海外FX取引では、プラットフォームの性能も勝敗に大きく影響します。多くの海外FX会社で使用されているMT4の取引ツールもあれば、海外FX会社が独自に開発して提供しているプラットフォームもあります。今回は、日本人向けにサービスをしている海外FX会社FXDDが独自開発した、Swordfishの特徴やMT4との比較を紹介していきます。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

Swordfishの特徴

Swordfishの特徴

独自のプラットフォームを提供している海外FX会社は多いですが、プラットフォームを専用で作成する業者に委託するのが一般的です。しかし、Swordfishは専門業者を通さずFXDD技術者チームが自社開発して年月をかけて開発を成功させています。FXブローカーとして、トレーダーが最高の環境で取引できることにこだわった結果です。

Swordfishは、日本語に訳すと「メカジキ」です。取引ツールを起動させると、大画面の中で軽やかに動く姿が、大海原を自由に高速で動き回るメカジキにリンクしたことがSwordfishの由来になっています。名称の通り、軽やかでスピード感あふれる取引ツールとしてユーザーから高い支持を得ています。

ちなみに、Swordfishの使用ができるFXDDはマルタ金融庁のライセンスを取得している欧州の海外FX会社です。2002年からサービスを開始している老舗のブローカーで、日本人向けのサポートも充実しています。過去にはベスト最新プラットフォーム賞を獲得したこともあります。

Swordfishのメリット

リアルタイムでスピーディーな取引ができる

Swordfishは、APIインターフェイスを使用せず、直接バックエンド上で取引を行うことのできる取引ツールです。この方法によりスピーディーでリアルタイムな取引ができます。ユーザー側の視点を取り入れ、レイアウトを大幅にカスタマイズすることも可能です。長期的な取引で画面を眺める時間が長くなるときでも負担がかからないメリットがあります。

状況に応じてデスクトップをカスタマイズできる

裁量取引のように、取引ツール内にあるチャートを見ながらリアルタイムに取引する方法だと、デスクトップのアイコン配置による操作性や可用性などが重要です。Swordfishは取引のウィンドウ数や表、リスクマネージメントの機能を切り離して使用することができます。ユーザー自身がデスクトップのカスタマイズができるため、状況に応じて取引ツールを変えていくことができます。

多彩な取引注文に対応

Swordfishは多彩な取引注文に対応しています。MT4も幅広い取引注文を行うことができますが、MT4には無くてSwordfishにある注文取引の方法としてトレール注文があります。また、ワンクリック注文にも対応しており、相場の価格の動向を見ながら的確な判断を注文に反映させることが可能です。取引注文が幅広いことから、スキャルピングからデイトレードまで、さまざまな時間軸の取引に対応します。

海外送金が使える

最近はオンライン決済に対応する海外FX会社が増えており、クレジットカードなどを使ってリアルタイムに入金することも可能です。利便性が増す一方、海外FX初心者だとクレジットが悪用されることに対して不安がある人もいるかもしれません。Swordfishは、海外送金に対応しています。しかも、円口座に対する送金手数料は会社側で負担してくれます。クレジットカード入金にも対応しているので、自分にあった入金方法を選択することができます。

狭いスプレッドと高い約定力

Swordfishの売りはスプレッドの狭さと、スリッページやリクオートが少なく、注文通りに約定させられる高い約定力です。さらに、500倍のレバレッジをかけて取引することもできます。スプレッドが高いとスキャルピングのコストが増大するので、少しでもコストを抑えて取引したいトレーダーにおすすめです。

Swordfishのデメリット

Swordfishのデメリット

初心者にはあまりメリットがない

Swordfishは、多彩な注文方法に対応しているのが魅力です。しかし、海外FX初心者からすると注文方法が多くても使いこなすことができないので、あまり意味がありません。注文方法が数多くあることで、どの注文方法で取引すればいいのか分からず、かえって取引に対する意欲を減退させることもあります。

英語ができないと口座開設まで

Swordfishの口座を開設するためには英語言語での手続きが必要です。日本人向けのブログにサンプルが掲載されているので、これを見ながらの作成も可能ですが、入力する項目も少なくないので時間がかかります。日本語サポートを受けながら口座を開設することもできますが、すぐに対応してもらえるとは限りません。英語が分かる人なら問題ありませんが、英語が分からない人は思った以上に手間がかかるかもしれません。

慣れるまでに時間がかかる

Swordfishは初心者でも使いやすいプラットフォームですが、MT4を使って取引をしていた人からすると、慣れるまでには時間がかかってしまいます。カスタマイズしてMT4に近づけることも可能ですが、初心者だとカスタマイズすること自体が難しいものです。

MT4とSwordfishはどっちが使いやすい?

Swordfishはカスタマイズ性に優れているので、慣れてくるとMT4より使いやすいという声もあります。一方、Swordfishを使って取引するためには海外FX会社のFXDDで口座開設をする必要があり、他の海外FX会社に移行すると使用することができません。長期にわたってFXDDで取引するなら問題ありませんが、より条件のいい海外FX会社に口座を変えると、新たにMT4を覚え直す必要があります。

また、MT4ではソーシャルトレードに対応していますが、Swordfishはソーシャルトレードに対応していません。ソーシャルトレードは世界中に散らばる優秀なトレーダーと同じ手法でトレードする方法で、実績が少ない海外FX初心者に向いている取引方法です。MT4は自動売買にも特化しているので、自動売買が中心のトレーダーもSwordfishよりMT4の方が使いやすいでしょう。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ