MT4で複数のポジションの平均を表示する方法は?

MT4で複数のポジションの平均を表示する方法は?

どのようなトレードスタイルにおいても、FXではポジションの管理が重要です。含み益が出たら決済し、含み損が広がる前に損切りをするためにも、常にポジションの状態を把握しておく必要があるでしょう。

しかし、ポジションが一つのみならまだしも、複数のポジションを管理したり、通貨ペアが増えたりすると把握が大変です。管理が適切でないと、知らない間に含み損益が増えている場合もあります。安定した利益を上げるためには、全体の約定価格の平均をチェックし、適切に決済することが求められます。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

そのままでは表示できない

そのままでは表示できない

FXの取引ツールとして世界的シェアを持つのがMT4です。海外のFXやシストレでは欠かせないツールですが、残念なことにポジションの平均を表示する機能がありません。各ポジションごとの含み損益は確認できますが、デフォルトの状態では通貨ペア全体の平均価格や、全体の含み損益の算出・チェックができないのです。

ただし、外部ツールを導入することで各ポジションの平均約定価格などが確認できます。もしポジションの平均を知りたい時は、「ViewPositionInfoCustom」を導入しましょう。

導入の手順

ViewPositionInfoCustomは、ポジションのサマリーを表示するMT4専用のインジケーターです。導入すれば通貨ペアごとの平均建値、スワップ、合計評価損益がひと目で分かるようになります。買い・売りそれぞれ分けて表示できますので、ポジション管理を一気に楽にしてくれるツールです。

導入は非常に簡単です。まずViewPositionInfoCustomをダウンロードしたら、MT4の「Indicators」フォルダへ「ViewPositionInfoCustom.ex4」を移動しましょう。次にMT4を起動し、メニューの「表示」から「ナビゲーター」を選びます。

すると画面左側にナビゲーターウィンドウが表示されますので、「罫線分析ツール」のドロップダウンリストを展開しましょう。先ほど導入したViewPositionInfoCustomが項目に追加されていれば導入は完了です。

自動でデータが更新される

自動でデータが更新される

ViewPositionInfoCustomを選ぶと、サブウィンドウが表示され、その中に各通貨ペアの買い・売りそれぞれの平均、含み損益、合計スワップなどを確認できます。特別な操作は必要なく、ViewPositionInfoCustomが定期的に情報を更新し、常に最新の状態をチェック可能です。なお、ポジションの多い通貨ペアから順に表示されています。ロット数は関係ないため注意しましょう。

ViewPositionInfoCustomはパラメータの設定変更も可能です。必要に応じて表示カラーを変えて見やすくしたり、更新間隔を変更しましょう。特に更新間隔はMT4の負荷に影響します。設定から表記言語の変更も可能で、日本語と英語に対応しています。

更新間隔を1秒にするとほぼリアルタイムに更新されますが、負荷が増えるので気を付けましょう。スキャルピング以外であれば、更新間隔は30秒から60秒程度で問題ありません。トレード頻度によっては、5分(300秒)か10分(600秒)程度でも良いでしょう。

ポジション管理に活用

MT4にはデフォルトでポジションの各平均を表示・確認する手段がありません。確認するならViewPositionInfoCustomを導入し、常に表示させておくと良いでしょう。

ViewPositionInfoCustomは複数のポジションを管理する際に有用です。ポジションが少ない場合や、特定の通貨ペアのみトレードする場合は無くても問題ありません。しかし、保有ポジションが10以上に及ぶ場合や、複数の通貨ペアで取引するなら導入することをおすすめします。

初心者でも安心、海外FX会社GEMFOREX!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ