なぜMT4を使う海外FX会社が多いのか?

なぜMT4を使う海外FX会社が多いのか?

MT4は、海外FXで広く使用されているプラットフォームです。基本のチャートや注文をはじめ、テクニカル分析や自動売買もできます。

国内FXは独自のプラットフォームを使うことが多く、MT4を使った取引がしたいという理由で、海外FXを始める人も少なくありません。

なぜ、MT4を使う海外FX会社が多いのでしょうか。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

プラットフォームにコストがかからない

プラットフォームにコストがかからない

MT4は、FX取引に特化したプラットフォームで、2005年からロシアのMetaQuotes社が提供しています。

0からFX用のプラットフォームを開発する場合、多額のコストや時間がかかります。

しかし、MT4はすでに存在しているプラットフォームなので、開発コストや時間がかかりません。

海外FX会社としては、独自プラットフォームを作るよりも、MT4を使う方がコスト面で大きなメリットです。

プラットフォームの開発にお金がかからない分、ボーナスを増やしたり、サポートを充実させたりと、他のサービスにお金がかけられます。

また、MT4に不具合が生じても、情報量が多いため、スムーズにトラブル解決ができるのもメリットです。

テクニカル分析の機能が充実している

MT4は、テクニカル分析の機能が搭載されています。

テクニカル分析に使用するインジケーターは、MT4にデフォルトで30種類以上も入っており、トレーダーは何もしなくても最初から相場の分析が可能です。

また、インジケーターはネット上でも公開されています。

MT4が昔から広く使われていたことから、有料・無料のインジケーターは無数にあり、トレーダーが自由にインジケーターをダウンロードして、テクニカル分析できる環境が整っています。

独自のプラットフォームを使ってテクニカル分析するなら、専用のインジケーターを作らなければなりません。

海外FX会社が独自にインジケーターを作るなら、多大なコストがかかります。

トレーダーとしては、多くのインジケーターの中から、自分の投資スタイルに合ったインジケーターを使いたいものです。

そのため、海外FX会社は高度なテクニカル分析ができるMT4を提供しています。

自動売買の環境が整っている

自動売買の環境が整っている

MT4は、デフォルトで自動売買取引の機能が使えます。自動売買取引は、専用プログラムのEAをMT4にセットし、機械的に取引を行う方法です。

自動運用ができるため、チャートを見る時間が少ない人や、感情に流されてしまいやすい人に向いています。

自動売買に使用するプログラムは、プラットフォーム専用になっているのが普通です。たとえば、MT4なら「MQL4」というプログラミング言語で作られています。

MQL4で作ったEAは、MT4以外で使うことはできません。

MT4は海外FXの中でも、利用者が特に多いプラットフォームです。MT4で使えるEAはネット上に数多く公開されており、優秀なEAが無料・有料問わず簡単に手に入ります。

MT4で海外FXを始めるなら、最初からレベルの高い自動売買取引ができます。

数少ないEAしか用意できない独自プラットフォームよりも、数多くのEAが使えるMT4の方がメリットも大きいので、MT4を使う海外FX会社が多いのです。

海外FXのスキャルピングと相性が良い

海外FXでは、短時間で何度も取引をするスキャルピングが主流です。一日に何十、何百回の取引を行い、小さな利益を積み上げていきます。

海外FXのスキャルピングでは、プラットフォームの動作の速さが重要です。最近の性能が良いプラットフォームだと、動作が重たいタイプも多くあります。

しかし、MT4は昔からあるシンプルなプラットフォームなので、動作が軽くスキャルピングにも適しています。

スキャルピングとの相性の良さから、MT4を使っている海外FX会社も少なくありません。

多国言語に対応している

国内FXは日本人を対象にしていますが、海外FXは全世界の人が対象です。当然、プラットフォームを作る上で、多くの言語に対応させる必要があります。

多国言語に対応させるためにも、余分なコストや時間がかかります。

MT4は、標準で多国言語に対応しているため、言語の壁を気にする必要がありません。

多くの外国人を対象としている海外FX会社にとって、MT4が多国言語に対応していることは大きなメリットです。

そもそも国内FXがMT4を使わない理由

日本にいると、国内FXのルールが基本になります。

国内FX会社の多くは、独自プラットフォームを使っているため、FX会社によってプラットフォームが異なるのが当たり前と思う人も少なくありません。

しかし、世界単位で見るとMT4を使用しない国内FXはかなり異端です。

国内FX会社が、お金をかけてまで独自プラットフォームを提供するのは、取引方法の違いによります。

インターバンク取引を行っている海外FX会社は、トレーダーのスプレッドが収入源です。

トレーダーと海外FX会社の関係はwin-winになります。低コストで動作が軽く、トレーダーにメリットが多いMT4を使わない理由はありません。

一方、国内FX会社は相対取引をしており、トレーダーが負けるとFX会社が儲け、トレーダーが勝つとFX会社が損をする相反関係です。

国内FXでスリッページや約定拒否が多いのは、トレーダーの損失を増やすことも理由としてあります。

独自のプラットフォームを国内FX会社が使用するのは、何かあったときに都合が良いからです。

レート不正やスリッページが発生しても、独自プラットフォームだとトレーダー自身が気付けないこともあります。

オープンなMT4を使うより、コストをかけてまで独自プラットフォームを使用するメリットの方が大きいのです。

海外FX取引をするなら、使用するプラットフォームはMT4が安心で安全です。

海外FXの魅力が充実!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ