MT4やMT5を日本時間表示に変更する方法

海外FXは、取引ツールにMT4やMT5を使用するのが一般的です。これらの取引ツールはロシアのMetaQuotesが開発したもので、世界中のFX会社で採用されています。自動売買取引やテクニカル分析、高機能なチャートなど取引ツールとしての性能は申し分ありません。

しかし、MT4やMT5を稼働させると日本時間になっておらず、初心者は使い難さを感じます。今回はMT4やMT5の表示が日本時間になってない理由や日本時間に設定する方法について紹介します。

MT4の導入方法も丁寧に説明!GEMFOREXで口座開設!

MT4やMT5で日本時間が表示されない理由

1.MT4やMT5で日本時間が表示されない理由

MT4やMT5をダウンロードしたとき、表示される時間はアメリカの時間になっているケースが多いです。海外FXは、トレーダーの注文は海外FX会社の拠点がある国のサーバーを介してインターバンク市場まで注文が流れていきます。アメリカの金融市場と言えばニューヨーク市場が有名ですが、FXはニューヨーク市場の時間を基準にして取引時間が決まっているのです。ですから、MT4やMT5の時間も世界基準のニューヨーク市場があるアメリカの時間をベースにしています。

また、MT4やMT5の時間設定を基準にしているのは、日足も理由の一つです。たとえば、日本時間に設定している取引ツールだと、深夜の24時に新しい日足ができます。本来ならFXの市場は月曜から金曜までしか空いていません。しかし、日本は時間が早く進むため、金曜の深夜から土曜の早朝も市場がオープンしている状態です。本来なら日足が5本しかできないのに、時間が早く進んでいることで土曜日の日足が追加されて6本になってしまいます。

MTやMT5には標準で自動売買取引のツールが搭載されています。自動売買取引に使用するプログラムはニューヨーク市場の時間を基に作られているため、日足が5本から6本に変わってしまうだけで正常にプログラムが機能しなくなることもあるのです。そのため、日本時間ではなく海外の時間が使われることになります。

MT4を日本時間で表示する方法

MT4の表示を日本時間にするためには、外部インジケーターを使って設定するのが一般的です。ちなみに、MT4の設定ツールに日本時間に設定する機能はありません。また、スマホでMT4を操作している場合も、MT4の日本語設定させる機能はついてないので気をつけましょう。

MT4で日本時間に設定するインジケーターとしておすすめするのが、JPN_Time_Sub.mq4です。

無料でダウンロードすることができます。設定の手順は

①MT4を稼働させて、“ファイル”タブから入り“データフォルダ”で開くを選択
②ダウンロードしたインジケーターをMT4の「Indicators」フォルダに追加して、MT4を再起動。
③再起動させたMT4の“挿入”タブからインジケーターを選択し、カスタム→JPN_Time_SubZeroを追加すると完成。

MT4は世界のFXトレーダーに多く使用されていることから、時間設定に関連する無料のインジケーターが多く出回っています。いくつか試してみて、使いやすいものを選んだので問題ありません。

MT5を日本時間で表示する方法

3.MT5を日本時間で表示する方法

MT5の時間設定もニューヨーク市場がオープンする時間に合わせられており、日本時間に設定するためにはインジケーターを用いるのが一般的です。ちなみにMT5はMT4の進化版で、スマホやタブレット用のアプリも公開されています。しかし、MT4と同じようにモバイル端末では日本時間に設定することができません。

MT4と比較した場合、MT5の日本時間設定用のインジケーターは多くありません。その中でおすすめするのが、「FXmt日本時間、MT5版」です。無料で公開されており、簡単に設定することができます。流れとしては、

①インジケーターのダウンロード。
②ダウンロードしたインジケーターファイルを“データフォルダ→MQL5→インジケーターで表示されるExamplesの配下に置く”。
③MT5を再起動させると、チャートの画面左下に日本時間が表示。

FXmt日本時間、MT5版を使えば、MT5でも簡単に日本時間に設定することができます。 ただし、ダウンロードするときは無料登録が必要です。

サマータイムの時は時差をどのように計算する?

日本ではあまり馴染みがありませんが、海外ではサマータイムが取り入れられている国が多くあります。日中の太陽が出ている時間を有効活用するために、標準時間を1時間早める取り組みです。MT4やMT5はデフォルトで海外の時間が用いられており、サマータイムの時期が来たら自動的に時間設定もサマータイム仕様になります。

注意しなければならないのは、インジケーターで日本時間に設定している場合です。インジケーターの種類によっては自動的にサマータイムが来たら補正してくれるものもありますが、手動で設定しなければならないものもあります。特に自動売買取引をしているときは、サマータイムの補正をしないとプログラムが正常に動かなくなるので注意が必要です。 ニューヨークの場合、サマータイムは3月第2日曜午前2時から11月第1日日曜午前2時と決められています。

そもそも、サマータイムのことを気にしてまでMT4やMT5の時間設定を日本時間に直すメリットはそこまでありません。FXは世界の金融市場のどこかが動いていることで、24時間いつでも取引ができます。今、どの市場が動いているかを知ることは、どの通貨ペアのボラティリティが大きくなりやすく、逆に小さくなりやすいかの把握もしやすいでしょう。MT4やMT5は日本語対応していますが、デフォルトで日本時間になってないのは、その必要性がないことを意味しています。

VPSの提供、MT4の導入方法まで!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ