EURCAD(ユーロ/カナダドル)対応FX自動売買ソフト(EA)

EURCAD(ユーロ/カナダドル)対応FX自動売買ソフト(EA)

EUR/CADはユーロとカナダドルを売買する通貨ペアです。

ユーロはヨーロッパで広く使われている通貨であり、通貨が誕生してからの歴史は浅いですが、経済的にも安定した国の通貨です。 カナダドルはカナダの通貨であり、こちらも経済的に安定した国の通貨であり、どちらもカントリーリスクは少ないです。

カナダドルはアメリカの隣の国であり、陸続きなのでアメリカの影響で為替レートが動くことも多いです。

値動きの激しい通貨

値動きの激しい通貨

ユーロはヨーロッパ圏の統一通貨であり、第二の基軸通貨としての勢いもあります。 3億人の人々の間で流通している通貨であり、マーケットでの魅力は多いにあります。

EUR/CADの過去10年ほどのチャートを見ますと、

2008年に1ユーロ = 1.7025まで上がり
2012年に1ユーロ = 1.2339まで下がり

大きな値動きのある通貨ペアだとわかります。

1年間でも1,000pip以上も動くこともあるので、短期売買で利益を狙うのに向いている通貨ペアです。

トレンドも発生しやすい通貨ペアですあり、1年単位でトレンドが続くことも珍しくありません。 最近では2013年から2014年の上昇トレンド、2014年から2015年の下降トレンドと大きな流れが出来ています。 このような大きな流れに乗ってトレードしていくのも良く、1,000pips単位の利益を狙うことも可能です。

EUR/CAD対応EAは比較的少ない

この通貨ペアはマイナーな方であり、あまり積極的にこの通貨ペアをメインとして取引する人は少ないです。

しかし、値動きの激しい通貨ペアであり、トレンドも発生しやすいので、それを狙ったEAがあります。

また短期トレードで為替レートが反転するところ狙うEAもあります。

この通貨ペアはスワップポイントは利用するFX会社によってばらつきがありますが、多いところで1日に買いスワップで20ポイント、少ないところで5ポイントほど付きます。 さほど多くないスワップポイントなので、スワップを狙ったトレード向きの通貨ペアではありません。 スワップポイントを狙うなら他の通貨ペアでトレードしましょう。

しかし、多少のスワップポイントはつきますので、もしもマイナススワップになるトレードで長期にポジションを持ったなら損失が膨らむ場合もあり、長期トレードではスワップを考慮する必要があります。

損切りは考えておくべき

損切りは考えておくべき

トレンドが発生しやすい通貨ペアですが、長期トレードのEURCAD(ユーロ/カナダドル)対応のFX自動売買ソフトを使用するなら、損切りラインを考えておくべきです。

長期トレードでは売買するときのトレンドの動きを予想しておくことが必要であり、もしも予想と反対の方向にトレンドが動けば含み損になりますので、その時は何処で損切りするべき考えておかなければ、資金が全部無くなる可能性もあります。

EAによっては自動でロスカットをどこで行うか設定できるEAもありますが、そのようなオプションのないEAだと自分で損切りラインを考えなければいけません。

EAは一見すると自動売買であり、一度設定すれば何もしなくても良いように思えますが、実はトレードする本人もEAと一緒にトレードの仕方を考えながら使っていくべきなのです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ