CADJPY(カナダドル/円)対応FX自動売買ソフト(EA)

CADJPY(カナダドル/円)対応FX自動売買ソフト(EA)

CAD/JPYはカナダドルと日本円を売買する通貨ペアです。

カナダは広大な土地を持ち、エネルギー資源が豊富な国なので、代表的な資源国通貨の一つです。 資源国通貨ではありますが、天然資源に対する依存度が低いので、通貨に対する影響力はさほど大きくはありません。

ただし、コモディティ価格に影響を受けるので原油価格の指標で大きく動くことがあります。

また有事の際には安定した通貨として買われることもあり、値動きがあります。

カントリーリスクがないので、安心して扱える通貨です。

1カナダドル = 70円が底

1カナダドル = 70円が底

カナダはアメリカの隣国なので、アメリカの経済と密接に関わっています。

カナダドルは、自国の経済指標などで為替レートが大きく動くのはもちろんのこと、米国との経済関係も深いので、米国の金融政策や雇用統計などの指標発表でも為替レートが動きます。

そのために、値動きはUSD/JPY(米ドル/円)と同じような動きを見せます。

実際2007年に最高値を付けて、そこから下がっていくのもCAD/JPYおよびUSD/JPYは似たような動きをしています。 過去15年間のチャートを見ると1カナダドル = 70円あたりが底であり、これ以下にはならないと見て良いでしょう。

現在の相場は1カナダドル = 99円前後となっておりますので、1カナダドル = 90円を割らない限りは、上昇トレンドとみて良いでしょう。

またドル円と似た動きをするので、ドル円の動きを見ながらCAD/JPYを研究するのも面白いかもしれません。

レンジ相場を形成しやすい

CAD/JPYは、レートの範囲が比較的狭く、しかもレンジ相場を形成しやすく、同じレートを行き来するために、価格変動のリスクは他の通貨ペアに比べると少ないです。

このためにナンピンでトレードすると利益を獲得しやすい通貨ペアです。

エントリーする位置は、ナンピンでは買い増しを前提にしているので、それほど重要ではありませんが、雇用統計などの指標発表自前はトレードしないようにすべきです。

ドルとの相関性が高いので、ドルの動きを見てトレードの参考にするにも良いですが、為替レートは、アメリカの経済にも左右されて動きます。

ナンピンでトレードするならレバレッジは低レバレッジで、最高でも5倍ぐらいまでにしておくことです。

CAD/JPY対応のEA

CAD/JPY対応のEA

比較的値動きの激しい通貨であり、1年で10円以上は値動きのある通貨ペアです。

現在は上昇トレンドだと考えると、デイトレードやトレンドトレードやスワップトレードを行えるEAが最適です。トレンドが出やすいのでスイングトレードにも向いています。

スワップの多く付く通貨と言えば豪ドルやトルコリラが有名ですが、意外にもカナダドルも金利が高くスワップの多く、しかも安定している通貨であり、トレードでスワップを狙う方もいます。

このためにEAでもスワップを狙ったトレードが可能です。

短期トレードなら2~3のロジックを使ってスキャルピングで利益を狙うEAやトレンドフォロー型のEAなどを使うと良いでしょう。

CAD/JPYでトレードする際の注意点

とにかくこの通貨ペアは米国の景気に左右されて動くことが多い通貨ペアです。 特にアメリカの重要な指標発表の時は激しレートが動きます。

リーマンショック時も他の通貨ペアにみられるように激しく暴落しました。 逆にそれを上手く利用すれば、莫大な利益を狙うことも可能ですが、初心者の方は、アメリカの重用指標発表時は、CAD/JPY対応EAを使っているなら、運用を停止しておくのが懸命です。

最悪の場合、一気に資金がゼロになる可能性もあります。

EAによっては最初からそのような時には運用を停止できる機能が組み込まれているものもあります。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ