MT4でのEAの使い方(設定からEA導入手順を紹介!)

MT4でのEAの使い方(設定からEA導入手順を紹介!)

海外FX会社で口座を作ってFXトレードをする場合は、MT4という取引ツールを用いるのが一般的です。国内FX会社のように会社が開発している取引ツールとは違って、共通で使われている取引ツールなので透明性が高いことや可用性に優れているメリットがあります。

MT4は自動売買プログラムのEAをインストールさせて自動売買を行うこともできます。海外FX会社のGEMFOREXもMT4とEAを使った自動売買取引が可能です。今回はMT4でのEAの設定や導入手順、使い方について紹介していきます。

EA使い放題のGEMFOREXで口座開設!

MT4に自動売買(EA)を設置するメリット

MT4に搭載されている自動売買取引機能に、自動売買ソフト「EA」を設置することでどんなメリットがあるのでしょうか?ここでは、MT4にEAを配置する自動売買取引のメリットを紹介します。

メリット①チャートの監視が必要ない

裁量取引と違い、自動売買取引はチャートの監視が必要ありません。夜の遅い時間や仕事に行っている時間など、チャートを見ることができない時間帯でも取引ができます。チャートに振り回されず生活できるのもメリットです。

メリット②初心者でもプロ並みの取引ができる

自動売買取引に使用されているEAは、プロの投資家のロジックで作られたものが大半です。自動売買取引をすることで、プロ並みの取引ができるメリットがあります。成績がいいEAを使えば、経験が浅い初心者でも、大きな利益を出せるでしょう。

メリット③感情が入らない取引ができる

自動売買取引のメリットは、人間の感情が入らず、機械的に淡々と取引できることです。損失を出す投資家の多くは、含み損を抱えているポジションの損切りを嫌います。しかし、FXでは適切な損切りができる人ほど勝てる仕組みなのです。自動売買取引なら、感情を入れずに機械的な取引ができるメリットがあります。

メリット④複数のEAでポートフォリオが組める

MT4に複数のEAを配置することで、ポートフォリオを組むことができます。ロジックが異なるEAやタイプが違う通貨ペアで運用させることで、リスク分散を図ることもできるでしょう。それぞれのEAを組み合わせていくことで、自分なりの取引ルールを作っていくこともできます。

MT4に自動売買(EA)を設置する手順

MT4にEAを配置する方法

EAはEA配布サイトからダウンロードできます。GEMFOREXにも多くの無料EAがあり、口座を作っていれば制限なくダウンロードすることが可能です。ダウンロードした後は、MT4をインストールしているパソコンにダウンロードしたEAのファイルをコピーします。MT4を導入しているパソコンでEAをダウンロードした場合は、ダウンロードフォルダにデータが格納されています。

MT4を稼働させると、ファイルメニューに[データフォルダを開く]メニューがあります。開いたフォルダの配下には、[MQL4]があり、その中に[エキスパート]があります。[エキスパート]がEAのデータを置いておく場所になるので、この場所にEAのデータを取り込むことでMT4への配置は完了です。MT4を起動させなくても、MT4のフォルダの中にある[エキスパート]にEAのファイルをコピーしたのでも問題ありません。

MT4にEAを配置することができたら、有効にするためにMT4を再起動させます。無事に配置することができていれば、MT4の[ナビゲーター]ウィンドウの[エキスパートアドバイザー]にEAのデータが表示されているはずです。

EAをMT4で使えるようにするための設定

EAをMT4に配置してだけでは、自動売買を行うことはできません。MT4のツールバーにあるオプションから[エキスパートアドバイザー]の設定項目を開き、自動売買を許可するにチェックを入れることでMT4を使った自動売買が可能になります。

ちなみに、EAの中にはdllを使用したプログラムもあります。この場合は[エキスパートアドバイザー]の設定項目にある[dllの使用を許可する]にチェックを入れておかないと使用することができないので注意が必要です。信頼できるアプリケーションのみで有効と記載されているように、dllの中には悪意のあるプログラムが含まれている場合もあります。信頼できないEAには気をつける必要があります。

チャートと時間足を表示させる設定

EAをMT4に配置して自動売買取引ができるようになったら、次はEAを適用させるチャートを開きます。手順としては、MT4を起動させて[通貨ペア]ウィンドウを選択し、チャート表示を開きます。

チャートを表示させた後は、チャートの時間足の設定に入ります。M1、M5、M15などさまざまな時間足があり、Mは分を示しています。M1なら一分足で、M5なら五分足です。

MT4に表示しているチャートや時間足に対応させるためには、[ナビゲーター]から格納しているEAを選択し、そのままチャートにドラッグ&ドロップするだけです。ドロップさせてエラーメッセージが表示されなかったら基本的なセットアップは終わりです。

VPSサーバーの設定

FXの自動売買取引は24時間取引できる環境が必要です。パソコンを稼働させておくことで対応できますが、電力消費が激しいことや停電したときに対応できないデメリットがあります。このような場合に備えて、VPSサーバーを導入して24時間稼働させる方法が一般的です。

VPSサーバーの導入にもコストはかかります。ちなみにGEMFOREXは口座の残高が5000USD以上あれば無料でVPSを使えるサービスがあります。自動売買取引の維持コストの中でもVPSは特に大きい部分になるため、無料で使えるものがベストです。

VPSをMT4で使用するためにも設定が必要です。手順としては、[ナビゲーター]からバーチャルサーバー上で右クリックするとエキスパート、インディケータ、シグナルの同期が出てくるので、それを選択します。これでサーバーとMT4を同期させることができます。サーバー側の設定は、サーバーを提供している会社によって異なるので注意が必要です。

VPSが稼働状態になると、常に自動取引をしている状況になるので、トレードの状況がリアルタイムで知りたい人もいます。この場合、新しいポジションを保有するなどの動きがあった場合にメールが送られてくるサービスもあるので通知設定をしておきましょう。

EAのバックテストを行う方法

EAを使った自動売買はEAの性能によって勝敗が大きく変わります。EAを新たに使う場合はMT4を使ってバックテストすることをおすすめします。バックテストに必要となるヒストリーデータはMT4の[ファイル]から[データフォルダ]の中にある[history]に入り、[バックテストしたいサーバー]を選択します。

生成したヒストリーデータをMT4のツールバーにある[Strategy Tester]に入り、期間や通貨ペアの設定をすることでテストすることができます。また、テスター画面で[最適化]にチェックを入れて、エキスパート設定のテスト中で最適化パラメーターを[Balance]に設定しておくと、指定した範囲のパラメーターを組み合わせて優れたパラメーター設定を導いてくれます。

バックテストは過去の成績に基づくものなので、同じ勝率のまま今後も運用できるわけではありません。しかし、運用成績がいいものは相場をしっかり読んでトレードできるEAなので、利益が出せる可能性は大きくなります。MT4のバックテストを上手に使って最適なEAを選んでいきましょう。

自動売買(EA)の始め方

自動売買を始めるためには、MT4と自動売買ソフトの[EA]が必要です。EAに自動売買取引するためのプログラムがインプットされており、それを動かすのがMT4になります。海外FXなら、ほとんどのFX会社のプラットフォームはMT4になるため、自動売買を始めるために必要になるのはEAのみです。

EAはインターネット上に無料で公開されているものをダウンロードして、MT4に配置して使うことができます。また、海外FX業者のGEMFOREXのように無料EAを数多く提供しているようなFX会社で口座を開設すれば、さまざまなEAをダウンロードして即座に使用することも可能です。初心者でも迷うことなく、簡単に自動売買を始めることができます。

MT4で自動売買(EA)をする時の注意点

MT4に自動売買ソフトEAを配置するメリットはたくさんあります。では、自動売買ソフトをMT4に配置する注意点は何でしょうか?ここでは、MT4で自動売買するときの注意点をみていきましょう。

注意点①パソコンの常時稼働が必要

MT4で自動売買取引する場合、MT4を常に稼働させておく必要があります。そのため、MT4をインストールしているパソコンは常時の稼働が必須です。停電したときは取引が停止してしまい、チャンスを逃すことや対応が遅れて損失が増えることもあります。

この問題に対してはVPSサーバーの設置で解決できます。VPSサーバーは仮想サーバーのことで、サーバー上にMT4をインストールさせることで、パソコンを稼働させずに自動売買取引ができる仕組みです。無料でVPSを提供している海外FX業者もあるので、コストをかけずに自動売買取引の環境構築ができます。

注意点②急激な為替変動に対応できない

EAは、予知できない経済危機や地政学リスクの高まりによる急激な為替変動に対応することができません。これまでの成績がよくても、予知できない為替変動で大きな損失を抱えるリスクがあります。為替変動に対応するためには、ロジックや性質が異なる複数のEAを稼働させましょう。複数のEAを稼働させることで、リスク分散を図ることができます。

注意点③有料EAだとコストがかかる

EAは運用成績が少しずつ下がっていくため、定期的にEAの組み替えが必要になります。成績がいいEAを追い続けていくと有料EAに行きつきますが、定期的に組み替えていると莫大なコストがかかるので注意しましょう。

無料のEAでも正しくEAを選べば十分に利益を出すことはできます。有料EAにコストをかけるよりも、成績がいい無料EAを探して運用する方がコスパも高いです。また、無料の方が組み替えるときも躊躇なく組み替えができるため、相場にあったEAをMT4に組みやすいメリットがあります。

EA使い放題!GEMFOREX

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ