PF値が高いFX自動売買ソフト(EA)

PF値が高いFX自動売買ソフト(EA)

優良なFX自動売買ソフト(EA)を見分ける基準はいくつか存在します。 多くの方は、勝率や勝敗を見て判断してしまいがちですが、実際の所は、勝利や勝敗は、重要でない事がわかります。 例えば、99勝1敗のFX自動売買ソフト(EA)があったとします。 勝率99%となりますので、一見、超優良に感じてしまいますが、じっくり見て見ると、99回分の取引で得た利益を、たった1回の負けが利益分を上回っている可能性だってあるわけです。

これって最悪ですよね・・・汗

その逆もあります。

99回分の取引で失った資金を、たった1回の勝ちが損失分を上回っている可能性だってあるわけです。

これも微妙ですが・・・汗

とにかく勝率や勝敗だけで判断してしまうのが危険である事がわかります。

では、優良なFX自動売買ソフト(EA)を見分けるポイントはどこになるのでしょうか?

1つは、PF値となります。

これは、かなりの判断材料となりますね。

PF値とは、プロフィットファクターの略となりまして、総利益と総損失の割合を示します。 一般的に、期待値と言われる場合もあります。

プロフィットファクター = 総利益÷総損失

で計算され、

総利益が100万円で、総損失も100万円なら、PF値は1となり、トントンとなりますので、PF値が1以上の数値でないと、トレードに用いるべきでは無い事が見えてきます。

通常2以上あれば優秀とされており、世に出回っていているFX自動売買ソフト(EA)のほとんどが良くても2~3の間ではないでしょうか。

おそらく数年単位で稼働しているものであれば、どれだけ超優秀なEAであっても、1の前半になってしまうかと考えます。 それは、市場の中で、勝ったり負けたりの繰り返しである為、どうしてもトレード数が増してくれば、PF値は落ちて来ます。 いえ、正確には「落ち着いてくる」と言った表現の方が近いかもしれません。

ですので、PF値を確認する上で、数値だけではなく、稼働日数や売買回数などを確認する事も重要になって来ます。

一番、騙されてはいけないのは、売買回数が非常に多いにも関わらず、勝利が100%と高勝率で、PF値が出せないほどに良い成績のFX自動売買ソフト(EA)は、含み損が尋常じゃない程に抱えている場合がありますので、要注意です。

また、PF値と同等の判断基準として「損益レシオ」というものもございます。 この点については、別の機会にご説明したいと思います。

このようにFX自動売買ソフト(EA)を見極める基準は、いくつかございますが、その全てを一目で確認出来るのが、ゲムトレードのパフォーマンス表示です。 見ているだけでも楽しめますので、一度、GEMFOREXが提供している無料EAのパフォーマンスをチェックしてみて下さい。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ