ナンピン系FX自動売買ソフト(EA)

ナンピンとは、あるポジションのレートがマイナスになってしまった状態で、更にポジションを買い増すことを言います。 いわゆる「補填」のようなものですね。 買ったばかりでレートが下がってしまっても、損切りをしないで、さらに安くなったところで買い増すのです。 こうする事で、ポジションが2倍になり平均購入レートが下がります。

収支がプラスとなるレートまでの値幅が小さくなるため、損失を防げる場合もあり、さらに、ポジションを2倍にしているので、上手くレートが動けば大きな収益が得られます。 しかし、ポジションを2倍に買い増しているので、そこからレートが更に下がれば損失は2倍になります。

損をしているときに「あえて買い増す」ことで、「買い増したぶんの利益」で最初の損失を穴埋めしようとするテクニックです。 つまりナンピンとは、一度エントリーした通貨の損益がマイナスになった所で再びエントリーする手法です。

では、このナンピン系FX自動売買ソフト(EA)のメリットやデメリット、見分け方やご利用する上での注意点や対策などを考えてみましょう。

具体的な例を挙げますと・・・ドル円を1ドル=100円で買ったとします。 その後、1ドル=90円まで下落して、マイナスになってしまいました。 ここで再び買いを入れるのがナンピン手法です。 ドル円を100円で1万通貨買ったのが90円まで下落してしまった場合、ここでさらに1万通貨買い増しすれば、平均買い価格は95円となります。 その後ドル円レートが95円まで戻せば損益はトントンとなるのです。

しかしながら、ナンピンは危険なテクニックです。

なぜなら、どんどんポジションが大きくなってしまい、損失が拡大する可能性が高いからです。 「ここまで下がったのだから、もうじき反転するだろう」などという希望的観測だけでナンピンをするのは絶対にやめましょう。 ポジションが1倍になっている為、失敗すると損失も2倍になります。

ここまで書くと、非常にネガティブに捉われていましますが、FX自動売買ソフト(EA)においては、リスク回避目的で非常に重要なロジックであるとも言えます。 この点がメリットとなり、ナンピン系FX自動売買ソフト(EA)を探している方は多いと思います。

重要なのは、そのFX自動売買ソフト(EA)がロジックとして「何回ナンピン手法を取り入れているか」です。 無制限えあれば危険極まりないですが、1回から3回レベルであればリスク回避の許容範囲かと思います。 3回以上となって来ますと、危険性を増して来ますので、デメリット面が増えてまいりますね。

ナンピン系FX自動売買ソフト(EA)を見分けるポイントですが、実際には稼働してみないと明確にはわかりませんが、GEMFOEXでは、各EA毎にロジックの特質が書かれておりますので明白です。 また、ナンピン系FX自動売買ソフト(EA)は含み損を抱える傾向にありますので、その部分で概ねナンピン系であると同時に何回ナンピンを繰り返していそうかなど判断出来ます。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ