スイングEAポートフォリオ

スイングEAポートフォリオ

EAでもトレード期間で分けると、数秒から1日単位でトレードするスキャルピングEA、そして数週間から数ヶ月単位でトレードするスイング系のEAがあります。ポートフォリオを組むときには、違うロジックでトレード期間の違うEAを組み合わせるのが普通ですが、中にはスイング系のEAのみでポートフォリオを組むことも出来ます。

EA使い放題のGEMFOREXで口座開設!

長い期間保有する

長い期間保有する

スイング系のEAは、スキャルピングやデイトレード系のEAとは違い、数日から数週間、長いと数ヶ月もポジションを保有します。ポジションの保有期間が長いために、1度に100pips以上の利益を狙います。他のトレード期間のEAに比べて、高いレバレッジを必要とせず、1倍のレバレッジでも十分な利益を狙えます。

また、使用する通貨ペアによっては、多少はスワップポイントの影響も受け、スワップポイントでプラスになれば少し利益に上乗せし、マイナスとなれば少し利益が少なくなります。

何よりもスキャルピングやデイトレード系のEAと比べても、FOMCの政策金利発表や各国の経済指標発表で相場が多少乱降下したとしても、そのような場合を気にする必要が無いことが多いです。

トレンドに乗らないといけない

スイング系のEAを複数使いポートフォリオを組むときは、それぞれ違う通貨ペアを使用することになるでしょう。基本は通常上昇トレンドなら買いであり、下降トレンドなら売りで利益を狙うようになります。レンジ相場であれば、どんなに長い期間ポジションを保有しても、狙える利益は限られます。

EAではトレンドが出ているかどうかを判断しポジションを保有するので、場合によってはトレンドが発生しないとノーポジションというEAも出てきます。ポートフォリオを組むと、すべてのスイング系のEAがノーポジションということはないでしょうが、使うEAによってはポジションを持たないような期間が長くある場合もあります。長い期間で見ると、相場は上昇トレンドか下降トレンドか、またはレンジ相場の3つしかないので、わかりやすいかもしれません。

とにかく少しでも良いので、毎日、日々利益を獲得したいというような人には、向かないEAです。

半自動EAとなる

残念ながらスイング系のEAでポートフォリオを組むと、最初から最後までEAに任せっぱなしだと、資金を大きく減らす可能性もあります。狙える利益は大きいですが、その分損失となる場合も早めに手を打たないと大損します。

先ほどはFOMCの政策金利発表や各国の経済指標発表を気にする必要はないと書きましたが、場合によっては気にしてEAを操作しないとなりません。実は、FOMCの政策金利発表や各国の経済指標発表で大きくトレンドが変化する場合もあるのです。

もしもFOMCの政策金利発表や各国の経済指標発表でトレンドが変化し、相場が反転し保有ポジションが含み損となったなら、そのときはどうするかトレーダーは考えないとなりません。そのまま損失が膨らみロスカットになる危険もあるので、早めに損切りをするという判断も必要です。EAでロスカット値を設定していたとしても、早めに相場の反転に気づけば、何もそこまで待つ必要はなく、EAの使用者が損切りをしても構いません。

また通常の相場の中でも、保有ポジションの含み損が多くなれば、早めに損切りをするか、または相場が反転して回復し利益をなるまで待つか、その判断は難しいです。

スキャルピングやデイトレード系のEAと比べると、相場全体を長い目で見ないとならず、トレンドを読める人にとっては適していますが、読めないとなるとEA任せで使うのは難しいかもしれません。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ