長期トレード系FX自動売買ソフト(EA)

長期トレード系FX自動売買ソフト(EA)

長期トレードとは、数周間から1カ月間程度、場合によっては数カ月間の相場の波の一周期の値動きを利用して利益を狙う取引手法の事を言います。 トレードの期間は、相場によって、また見ている足の長さによって変わってきます。

長期間ポジションを保有する事になり、少し不安にもなりますし、売買回数も少ないので、かなり退屈感も否めないので、デイトレードやスキャルピングもやりながら長期やスイングトレードをされるトレーダーが多いのではないでしょうか。 FX自動売買ソフト(EA)を利用する場合も同様でスキャルピングEAなど売買回数が多く、短期間でクローズしてくれるようなEAとポートフォリオを組む方が多いようです。

EA使い放題!GEMFOREX

為替で長期ポジションを持つメリットですが、

✔毎朝ポジションを持ち越すと金利がもらえる。
✔高金利通貨だとスワップ金利が高い。
✔金利が上がると短期的に通貨価値も上がるのでダブルで得
✔四六時中相場に張り付いておく必要がない

などが挙げられますが、逆にデメリットとしては、

✔スワップ金利以上に損が出るケースもある。
✔金利が下がると短期的に通貨価値も下がるのでダブルで損。
✔ハイレバレッジのメリットを受けられない。

などが挙げられます。
つまり、メリットとデメリットは背中合わせという事です。

長期トレードに挑む場合のポイントですが、一番大事なのは通貨ペア選びです。

1.高金利通貨を選ぶ。
2.高金利の理由を調べ、好景気によるインフレ引締めで金利が上昇しているなら良いく、国の財政状態が悪すぎて債券発行のために金利を上げている場合は避けます。
3.こまめにロスカットするわけではないので、レバレッジを下げる。
4.金利差の動向に注意する。

以上の4点を心がけて下さい。

特に注意して欲しいのがレバレッジですね。

デイトレだと、損が出たらこまめにロスカットしていく事でリスク回避にもなりますが、長期トレードの場合は評価損にどれだけ耐えられるかということです。 リスク管理の観点でいうと、長期トレードはレバレッジを2~3倍程度にしておくほうが急な相場の変動にも耐えられます。 それと、金利差の動向には注意してください。

一般的に豪ドルを買うとなると、豪ドルの金利にしか注意を払わないトレーダーが多いですが、「スワップ金利=買った通貨の金利-売った通貨の金利」です。 買った通貨の金利が下がっても、売った通貨の金利が上がっても、金利差縮小は既存のスワップ狙いのトレーダーの売りを誘うので常に一つの通貨ペアに対して二つの国の動向をウォッチしてください。

ここまでご紹介した内容は、裁量トレードを行い場合のポイントとなりますので、FX自動売買ソフト(EA)を利用する場合は、これらのポイントがロジックに組まれている事が前提となりますね。

この辺りを参考に長期トレードFX自動売買ソフト(EA)を選んでみては如何でしょうか? あくまでも参考となりますので、やはり公開されているパフォーマンスで判断されるのがベストです。

また、相場が動いていない時は、数カ月以上もエントリーしない場合もあります。 仕方がない事ですが、面白くないので、スキャルピング系の比較的、売買が多いロジックとポートフォリオを組む事をお薦めします。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ