スキャルEAポートフォリオ

スキャルEAポートフォリオ

EAでポートフォリオを組むときは、それぞれ違うロジックのEAを使うという考えがあります。しかしこれとは違い、すべてを同じロジックのEAで固めるという考えもあります。そんな考えの1つがスキャルピングでトレードするEAのみでポートフォリオを組むという方法です。

EA使い放題のGEMFOREXで口座開設!

高い勝率のスキャルピングEA

高い勝率のスキャルピングEA

取引間隔だけを考えるならば、EAには、スイングトレード・デイトレード・スキャルピングの3つがあります。この3つの中でも一番トレード間隔が短いのがスキャルピングであり、早いと1回のトレードは数秒で終わります。1回に狙う利益は数pipsと小さく、小さな利益をコツコツと積み上げていくようなEAです。

このようなEAですが、大きな特徴として高い勝率があります。やはり小さい利益をコツコツ貯めていくので勝率が高くないと使い物にはならず、自然と勝率の低いスキャルピングEAは世の中から消えていきます。ただもちろんスキャルピングEAも負けないということはないので、コツコツ利益を貯めては、少し大きめに負けて資金を減らす、そしてまたコツコツ貯めていくというような感じになります。

スキャルピングEAを使うと、コツコツドカンなどという表現がされる場合もあります。

そしてスキャルピングEAばかりでポートフォリオを組むと、優秀なEAばかり組んでも、収益曲線が綺麗に右肩上がりとなるのは難しく、やはりコツコツドカンとなる場合が多く、時々損失を出しては、利益を少しずつ貯めていくようになります。

どのように負けるかが重要

もちろんEAを使っていれば、どのように負けるかは重要ですが、スキャルピングEAでは特に重要です。勝つ回数よりも1回の負けをどれだけ少なくするかというのが、そして負けの回数をどれだけ少なくするかというのが重要です。

たとえば1回の利益が10pips損失が50pipsに設定されているスキャルピングEAがあったとします。 こうなると、5回以上勝ちが続けば、1回負けたとしてもトータルでは利益となります。 6回勝った後に1回負けると、総合的には10pipsのプラスとなります。

さらに仮に2回続けて負ければ100pipsのマイナスとなり、10回連続で勝たないと負け分は取り戻せません。ただ優秀なスキャルピングEAだと勝率は80%や95%以上ともなりますので、負けをどのようにするかが、運用者の考え方次第です。

ストップロスを大きくすれば、それだけ含み損が広がっても損失とはならず、場合によっては勝率がよいとストップロスになるまえに、利益を獲得できることもあります。

指標発表時はどうするか?

指標発表時はどうするか?

米国雇用統計のような相場が荒れるときは、スキャルピングEAはストップロスになり、損失を大きく出す可能性があります。場合によってはストップロスになり、次のポジションもさらにストップロスになるという事も考えられます。

このような相場の時は、スキャルピングEAは稼働停止しておいた方が、損失を膨らませなくて良いかもしれません。EAによっては雇用統計の前は稼働しないような設定もありますが、なければ手動で停止しても構いません。

スキャルピングEAは、特性を十分に理解した上で、ポートフォリオを組んで運用するにしても、非常に有効です。ただし資金管理には十分注意し、そのEAの推奨資金よりも安全を考えて多めに資金を投入する、また雇用統計時は稼働停止するなどの措置も必要です。またそれぞれのスキャルピングEAがハマり、どれもマイナスになるという可能性もあるので、そのような場合の対応も考えるべきです。

EA使い放題!GEMFOREX

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ