含み損が少ないFX自動売買ソフト(EA)

含み損が少ないFX自動売買ソフト(EA)

FXにおける含み損益とは、どのような状態の事を言うのでしょうか。

含み益とは、まだ売買を確定していない状態での利益
含み損とは、まだ売買を確定していない状態での損失

となります。 つまり、含み益とは、未確定利益となり、含み損とは、未確定損失となり、含み益を抱えている場合は、今、決済すると確定利益となり、含み損を抱えている場合は、今、決済すると確定損失となります。

MetaTrader4(MT4)を利用している場合、Open Tradesと書かれている箇所が、含み損益を表示している箇所になり、Closed Transactionsと書かれいる箇所が、決済確定分が表示されています。 つまり、Closed TransactionsのClosed P/L欄(損益合計値)とOpen TradesのFloating P/L(含み損益合計値)欄を足した金額が、現在の正確な損益と考えるのが正解と言えます。

含み損を多く抱えていると心理的には、あまり良くないので、FX自動売買ソフト(EA)を利用する上でも、出来るだけ含み損が少ないロジックのEAを選びたいものですね。

では、この含み損が少ないFX自動売買ソフト(EA)のメリットやデメリット、見分け方やご利用する上での注意点や対策などを考えてみましょう。

EA使い放題のGEMFOREXで口座開設!

やはり堅実なイメージを持ち、ハイリスクではなくローリスクである事が大きなメリットと言えます。 また、積極的にエントリーをするわけではないので、売買回数は自ずと少ないかと思いますので、見ていて多少退屈に感じるのがデメリットですね。

FX自動売買ソフト(EA)を利用する場合、全てがソフト任せになるので、売買回数が少ないと、どうしても「FXをやってる感」を持つ事が出来ないので、そう言った場合は、売買回数が多いスキャルピング系EAとポートフォリオを組む事をお薦めします。

見分け方ですが、EAのパフォーマンスが公開されている場合は、一目瞭然です。 実際に稼働しているEAのパフォーマンスのOpen Trades箇所をチェックしてみて下さい。

現在、どれだけの含み損益を抱えているかが確認出来ます。

もし、パフォーマンスが未公開の場合、実際に購入などして、デモトレードやバックテストなどで確認するしか方法はありませんが、含み損が少ないFX自動売買ソフト(EA)をご希望の場合は、出来るだけスキャルピング系、マーチンゲール系、ナンピン系のEAは、避けた方が無難かと考えます。

ただし、含み損が多いFX自動売買ソフト(EA)が決して悪いと言うわけではありません。 数多くのエントリーを繰り返しながら、細かく利益を積み重ねる為には、どうしても含み損益を抱えてしまいがちになります。 それはリスクに感じますが、投資にリスクは付き物です。

そして、含み損と含み益は、紙一重な所もあり、相場によっては一転して含み益を多く抱える事にもなります。 そういった場合は、FX自動売買ソフト(EA)を利用していたとしても手動決済する事で利益にする事が出来ますね。 このように裁量を取り入れる事でシステムトレードを楽しむ事も出来るわけです。

海外FX初心者でも安心!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ