自動売買で失敗する原因って?

自動売買で失敗する原因って?

自動売買で失敗してしまうのは偶然ではなく、ちゃんとした原因があります。それが理解できれば、損益を安定させてバランスのいいトレードができるようになります。この記事ではその原因について詳しく解説していますので、負けてばかりのシストレに終止符を打ちたい人はぜひご覧になってください。

EA使い放題!GEMFOREX

ストラテジーがワンパターン

ストラテジーがワンパターン

自動売買で失敗する原因の一つは、ストラテジーが単調になっていることです。

ストラテジーは直訳すると「戦略」や「計画」を意味しますが、要するに、自動売買ソフトを使ってどのように取引を行うかという手法のことです。この手法の設定がワンパターンになっていると、自動売買で失敗する可能性があります。なぜなら、FXの相場は時間の経過と共に、様々な要因によって状況が変化するからです。その中では、今まで 通用した戦略が急に通用しなくなったり、陳腐化して役に立たなくなったりします。したがって、ストラテジーは相場の変化に合わせて常に入れ替えをしなければなりませんが、それを怠って放置すると、損失が出る可能性が高くなります。すでにEAを使ったシストレを開始している人は、一度、ストラテジーの状況を確認してみましょう。そして全体に単調になっていないか、あるは組み合わせやバランスが悪くないか、入念にチェックしてみてください。ストラテジーを組むときのポイントは、バランスのいいポートフォリオを作ることを意識して、様々な特性を持つストラテジーを複数組み合わせることです。

無理なロット数を設定している

一攫千金を狙って高いロット数を設定している人もいるかもしれませんが、これも自動売買で失敗する原因になります。

なぜなら、ロット数を大きくすれば取引額を増やせると同時に、損失のリスクを大きくすることにもなるからです。この場合、当たれば利益がも大きくなりますが、逆に負けたときは損失額が膨大になるので注意しなければなりません。ロット数とは取引単位のことで、単位が増えることは取引額の増加を意味し、単位が減ることは取引額の減少を意味します。取引額が大きいほうが一攫千金を狙いやすくなるので、ついついロット数を高くして勝負に出る人もいますが、元手の資金に見合わないようなロット数を設定するのは、危険が多いことを覚えておきましょう。理由はいうまでもなく、負けたときの損失が計り知れないからです。もちろんロット数を設定してはいけないというわけではありませんが、総資金を大きく割り込むようなロット数の設定は、損失が出た時にカバーできないので気を付けたほうがいいということです。ではどうすればいいかというと、総資金に対する適切な最大損失額を決め、それをベースにふさわしいロット数を設定することです。具体的な目安は、総資金に対してロット数5%程度です。

同じタイプのEAで同じポジションを持っている

同じタイプのEAで同じポジションを持っている

自動売買に慣れていない人の中には、同じタイプのEAを使い、どちらも同じポジションを持っている人もいます。

これも失敗の原因なので気を付けてください。なぜそういえるかというと、同じ特徴のEAを同じポジションで持つということは、負けた時のリスクが単純に2倍になるということだからです。運よく利益が出たときはいいのですが、損失になったときは額も2倍になってしまうので、注意しなければなりません。現在、EA使ってシストレを行っている人は、さっそくEAのポジション状況を確認してみてください。そしてポジションが被るEAを複数稼働させていることが分かったら、設定を変えたほうがいいでしょう。複数のEAを使うこと自体は悪いことではありませんが、その場合は、通貨ペアやエントリー方向を変えて設定するのが望ましいといえます。なぜなら、ポジションを多元化することで資金効率が向上し、リスクの分散もできるからです。ともかく、損益を安定させる上で、同じタイプのEAで同じポジションを持つのは危険性が高いことを覚えてください。

過去実績のシミュレーションが浅い

自動売買ソフトを選ぶとき、ソフトの過去の勝率を見て判断するのは常套手段ですが、この勝率の見方が甘くなっている人もいます。

実はこのことも、自動売買で失敗する要因の一つです。なぜなら、勝率のチェックがあまりにも浅すぎると、自動売買ソフトの価値を正しく判断することができなくなるからです。そして価値の低いソフトを導入すれば、FXで負ける可能性が高くなります。思い当たる人がいれば、ぜひこの点を改善してください。方法は、勝率を判断するときのバックテストについて、なるべく過去の長い期間でシミュレーションすることです。20年分のバックテスト結果がチェックできれば理想ですが、それが無理なら10年、せめて5年分はシミュレーションしておきたいところです。このように幅広く過去の実績を調べることで、より正確な勝率のデータと安定性を知ることができます。そして勝率の正確なデータが分かれば、その自動売買ソフトを運用する価値が本当にあるかどうかを判断できます。バックテストは短期ではなく長期で見ること、これを肝に銘じておきましょう。

自動売買で失敗する原因にはさまざまなものがあります。ストラテジーの組み方がワンパターンになっていることや、無理なロット数を設定していること、同タイプのEAで同じポジションを持っていること、短期のバックテスト結果しか見ていないこともあるでしょう。抑えておきたいポイントは、相場は常に動いていて柔軟な対応が求められること、そしてリスク分散を意識した設定が必要なことです。

EA使い放題!GEMFOREX

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ