MT4で稼働させるEAに最適VPS講座 VPSのメリット・デメリット

EAを使って自動売買を行うなら、VPSを使うと便利です。 24時間稼働させることが出来、自宅のパソコンなどが稼働していなくてもEAを動かすことが出来ます。 まさに自動売買を行うなら理想的な環境と言えます。 VPSは良いことばかりに見えますが、しかし中にはデメリットもあります。 メリットとデメリットは何か、ご紹介します。

VPSのメリット

VPSのメリット

サーバとして自由に使える

VPSを使用すれば、EAを24時間いつでも稼働させることも出来ますが、仮想サーバーを借りますので自由にサーバーとして使えます。 好きなソフトウェアをインストールすることも出来、他の利用者に邪魔されることなく自由に使えます。

低コストでサーバー環境が使える

もしもサーバーを借りて専用で使用するとなると、通常は専用サーバーが必要です。 専用サーバーだと、安くても月額1万円近くにもなり、気軽に利用するとはなりません。 しかしVPSだと専用サーバーの環境が、安いと月額1,000円ぐらいで利用できます。 とても安い料金なので、試しに利用してみるということもでき、会社によってはお試し期間を設けているところもあります。

・サーバーの知識が無くても使える

VPSを利用するときは、予めOSがインストールされている状態で使えますので、MT4をインストールしてEAを稼働させるぐらいの最低限のことなら、専門の知識が無くても使えます。 専門知識無しで使えますので、利用までのハードルが低く、初心者でも利用可能です。

VPSのデメリット

スペックに影響される

EAをVPSで稼働させるとなると、その動作がスムーズになるかどうかは、VPSのスペックに影響されます。 各社の一番安い料金プランなら、それほど多くのEAを一度に動かすことは出来ず、設定などを行うときもカクカク動きますので、操作にストレスを感じます。

場合によっては、MT4やEAを何個も動かすと、スペックの低いVPSではフリーズして正常に稼働しないこともあります。 もしも多くのMT4やEAを1つのVPSで動かしたいとなると、高い料金プランのVPSを使わないとなりません。

快適に動かすには多少の知識が必要

VPSはメモリを定期的に開放してやらねばならず、1週間や2週間ごとに再起動が必要です。 もちろん毎週手動で再起動して、MT4を立ち上げ設定するということも出来ますが、スタートアップファイルを使えば自動化できます。 このような設定を行うには、多少のサーバーの知識が必要です。 ただしインターネットで調べれば、そのような情報は出てきますので、こちらはあまり心配する必要はないでしょう。

月額利用料金分をペイできるか

VPSを利用するなら、当然EAを使うにしても、手動で裁量トレードをするにしても、月額利用料金分を稼げないとお金が減るばかりです。 例えばVPSの月額利用料金が2,000円だとすると、資金が10万円あれば、月に2%の利益を出さないとペイできません。 年利で考えると24%にもなります。

なかなかFXで勝てないので、それならばVPSを使うべきではないということではありません。 VPSを使って使い方を知ったり、EAの使い方や種類を知ったり、そして色々と戦略を練って少しずつ勝てるように頑張るのも良いでしょう。 その意味では勉強のためにVPSを使い、月額利用料金は勉強代と割り切るという考えもあります。

またVPS会社によっては初回利用3ヶ月間料金無料などのキャンペーンを行っているので、そのような無料期間を試しに利用してみても良いでしょう。

最近のお勧めはGEMFOREXが提供している無料VPSです。 詳しくは下記をご確認下さい。

GEMFOREX VPS
http://gforex.asia/platform/gem-mt4-vps.php

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。