海外FX業者提供の使えるVPSの見分け方

海外FXは、MT4を使った自動売買取引も魅力です。自動売買プログラムであるEAもインターネット上に多く公開されており、成績が良いEAを使えば海外FX初心者でも利益を出せる可能性があります。一方で、自動売買取引をするためには環境が必要です。今回は、自動売買するために必要となるVPSや、海外FX業者が提供しているVPSの見分け方を紹介していきます。

VPSって何?

VPSって何?

自動売買取引は、EAのルールに沿って自動的に取引を行います。24時間レートの動きを監視しており、最適なタイミングで取引できるのがメリットです。ただし、裁量取引と違って、好きなタイミングだけ取引ツールを稼働して取引すればいいわけではありません。常に取引できる環境が必要です。

24時間ずっとパソコンと取引ツールを稼働させておけば、自動売買の環境を整えることはできます。しかし、電気代がかかることや停電のリスク、インターネットの通信が途切れるトラブルが起こると、取引できなくなります。大きな利益を逃してしまうことや、大きな損失を被ることもあるのです。

リスクに備えるために、MT4を使った自動売買取引ではサーバーを利用する方法があります。その中でも仮想サーバーのVPSが多く利用されており、VPS上で取引をすれば自宅のパソコンの電源を切っても継続して取引ができます。自分のパソコンを使う必要がないこと、突然取引が停止するリスクがありません。パソコンと取引ツールを起動させる必要がないので、電気代の節約メリットもあります。

VPSには三つの種類がある

①FX専用ではないVPS

VPSは、FX専用の仮想サーバーではありません。バックアップのためのシステムとして使用することも多く、ビジネスでも使用されます。FXの自動売買取引のために使うこともできますが、専用ではないのでコストが高くなりやすいのが特徴です。

②FXのために作られたVPS

FXの自動売買取引のために作られたVPSです。FX専用ではないVPSに比べると、容量や速度などがFXに最適化されているので使いやすくなっています。レンタルとして借りる場合がほとんどで、毎月一定のコストが発生します。性能がいいVPSになるとコストも大きくなり、導入するメリットが薄れます。

③FX会社が独自開発して提供している

自動売買取引のサービスを提供しているFX会社が、VPSを開発して提供している場合です。FXの自動取引のために作られたものなので、FXに最適化されているサーバーです。FX専用のVPSと違うのは、無料で提供しているFX会社もあることです。FX専用のVPSは、レンタルしてもらうことで利益が発生するので無料の提供は不可能です。一方、FX会社が独自開発している場合はVPSを無料にしても、それがきっかけでトレードが積極的になれば、利益につながります。

FXの自動売買取引のVPSなら、FX会社が独自に開発しているものを利用するのがコスパに優れています。ただし、FX会社によってVPSの性能は異なります。利用する海外FXによっては使い物にならないVPSにあたってしまう場合もあるので注意が必要です。

VPSは、FX会社の資金力を示す要素の一つです。FXのサーバーを用意するためには、多大なコストがかかります。サーバーを提供するのもFX会社に資金がないとできません。つまり、自動売買取引があるFX会社の中でもVPSを提供している会社は一定の資金力がある証拠にもなります。

使えるVPSとは?

使えるVPSとは?

FXの自動売買取引に求められるVPSの性能は、安定性と回線速度です。せっかくVPSを導入しても、VPSにトラブルが頻発して停止してしまうと、その間は取引することができません。せっかくのチャンスを逃してしまいます。

メモリ容量にも注目しましょう。メモリが小さいと、サーバーへの負担が大きくなり、安定して稼働させることができません。最低でも1GBのメモリ容量があるVPSを選ぶことが大切です。それ以下のメモリ容量になると、導入するメリットよりもリスクが大きくなります。

海外FXを利用するなら、日本語対応の有無も大事です。どれだけ性能が良いVPSでもトラブルが起こらないとは限りません。トラブルの対応を進めていくには、日本語対応してないと厳しいものがあります。日本語サポートの有無も事前に調べておきましょう。

自宅以外でトレードする機会が多い場合は、スマホからVPSにアクセスできることも使えるVPSの条件です。設定を途中で変更する場合に、自宅に戻ってパソコンを起動させるのは効率的ではありません。VPSのスマホ対応は主流になりつつありますが、対応してない場合もあるので注意しましょう。

GEMFOREXのVPSは使えるVPS

使えるVPSの見分け方を紹介してきました。メモリ容量が他のFX会社より大きくても、日本語対応してないと不便です。また、日本語対応でもスマホ対応してないと使いにくいでしょう。結局、使えるVPSというのは総合的なバランスが取れているものです。

海外FXのGEMFOREXでは、メモリ容量が1GBで日本語対応しており、スマホからのアクセスもできます。何と言っても、50万円以上の資金が口座に入っていれば無料でVPSを使えるのは魅力です。ウイルスソフトをインストールする必要もなく、セキリュティ管理も不要です。また、MT4に直接VPSを設置できるので、設置する手間がかかりません。初心者が自動売買する場合に使うVPSとしてもおすすめです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ