自動売買に必要なVPSとは?

自動売買に必要なVPSとは?

自分自身の裁量で売買を繰り返す手法を裁量トレードと呼びますが、全てプログラムやシステムに任せる方法は自動売買と呼ばれています。自動売買には海外FXの口座とMT4などの専用ツールを使用し、EAを組み込んで機械的に売買を繰り返します。

準備さえすれば後はツールに任せっきりですが、自動売買で使うMT4にも最大の弱点があります。MT4を終了したり、PCの電源を切ったりすると、売買が全て停止してしまう点です。本当の意味で自動化するためには、PCの24時間稼働とインターネットの常時接続が欠かせません。しかし、停電やPCクラッシュ、回線の接続障害などの思わぬトラブルにより、MT4が止まってしまうおそれもあります。

こうしたトラブル回避のためにMT4とセットで使用されるのがVPSです。VPS上でMT4を稼働させることで、停電や接続障害などのトラブルを気にせず自動売買が可能になります。MT4とVPSはセットでの使用が前提と言っても良いでしょう。

仮想環境を作り出すVPS

仮想環境を作り出すVPS

VPSは「Virtual Private Server」の略称で、仮想空間に専用のサーバーを作り出します。共有サーバーと同じ仕組みを持ちますが、サーバー上に仮想的な専用サーバーを作り、一般のレンタルサーバーより自由度を高めたものがVPSです。

様々な利用方法が可能で、ウェブサイトの開設やツール・アプリの試験に用いられるほか、企業のクラウド構築や投資分野など幅広く活用されています。FXにおいてはMT4を稼働させる利用方法が定番で、自動売買を行っている方の大半が使用しています。

サーバー上でWindowsを動かせる

VPS最大の特徴は、サーバー上で様々なOSを利用できる点でしょう。MT4はWindows用のツールですが、VPSにWindowsをインストールすれば稼働させることが可能です。

リモートデスクトップなどのツールを使えば、PCやスマートフォン、タブレットなど、様々な端末から制御できます。PCを持っていなくても手持ちの端末で制御できるため、外出先から操作することもできるのが利点と言えるでしょう。

例えばカフェからMT4の設定を変更したり、会社の昼休みにタブレットで売買状況を確認したりできます。自宅のPCを使うよりも運用の柔軟性が高まり、機動的な対応も可能になるでしょう。

MT4を自動化できる

MT4を自動化できる

しかし、VPS上でMT4を稼働させる最大のメリットは自動化にあります。VPSは常にログオンした状態で、インターネットにも常時接続されています。サーバーに障害が起こるとリセットされますが、設定を変更すれば自動ログオン・MT4の自動起動も可能です。

また、一度EAの設定を済ませてしまえば、後は自動で売買を繰り返してくれます。限界はあるものの、複数のEAを同時稼働させることも可能です。更に利益を狙う場合や、異なるEAを試したい時でも、VPSがあれば問題ありません。

EAの設定変更も可能

VPS上でMT4を稼働させておけば、直接EAの設定を変更することもできます。自宅PCなどで直接設定変更をする手間がかかりません。リモートデスクトップからVPSへログインし、そのまま変更できるからです。

仮に自宅PCでMT4を稼働していた場合、別途リモートツールを導入しておかなければ機動的な対応ができません。しかし、VPS上でMT4を稼働させておけば、どこからでもEAの設定を変更できるメリットは大きいでしょう。例えば、外出先から相場変動時にEAを入れ替えたり、急落が見込まれる前に停止したりできます。

MT4とVPSはセットでの使用を

本格的に自動売買を始めるならVPSが欠かせないでしょう。MT4を24時間常に稼働させるならば、VPSとセットでの利用が必須とも言えます。

自宅PCでMT4を使っている方も少なくはありませんが、外出先から不測の事態に対応できない欠点があります。VPSは仕組みが少し難しいものの、海外にはMT4に適したVPSサービスを提供している業者も存在します。サーバーの設定変更が不要ですので、初心者は海外FX業者のVPSを利用すると良いでしょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ