MT4対応のVPSの選び方

MT4対応のVPSの選び方

MT4にはデフォルトで自動売買の機能が搭載されています。自動売買に必要なEAもダウンロードすることができるので、海外FX初心者でも簡単に自動売買を始めることができます。自動売買はパソコンを常時稼働させておく必要があるため、仮想サーバーのVPSを使用すると便利です。VPSを使えば、パソコンの代わりにMT4と自動売買取引を稼働して取引することができます。今回はMT4に対応しているVPSの選び方を紹介していきます。

VPSを導入する理由とメリット

VPSを導入する理由とメリット

自動売買取引は、プログラムのEAが常に取引の機会を伺っています。相場を監視してベストなタイミングで注文や約定をさせる必要があるので、パソコンを起動して常にMT4を稼働させておく必要があります。当然、パソコンには負荷がかかり、一カ月間休まずにMT4を稼働すると電気代もかかってきます。パソコンの負荷を軽減する効果や電気代の節約効果を得ることがVPSの導入理由の一つです。

また、自宅のパソコンでMT4を稼働させている状態だと、パソコンの故障や停電が発生した場合に自動売買取引が中断してしまいます。VPSにMT4をインストールさせて稼働させておけば、自宅のパソコンが故障しても停電が発生してもVPS上でMT4を稼働させているので自動売買取引に影響がありません。取引ができなくなるリスクを減らすこともVPSの導入メリットです。

MT4で自動売買取引をする場合、MT4の場所から海外FX会社のサーバーを経由して取引を行います。MT4と海外FX会社のサーバーの距離が遠くなるほど、約定力が下がってスリッページの発生率が高まります。自宅のパソコンを使って自動売買取引をすると、日本から海外FX会社のサーバーを経由するため、物理的な距離が遠くなります。しかし、MT4に対応しているVPSは海外に置かれており、MT4の場所から海外FX会社のサーバーまでの距離が短いので約定力が高くなるメリットがあります。

VPSの容量の選び方

MT4を使って自動売買取引をするときは、メモリーが必要になります。自動売買取引用のVPSのメモリーだと、1GBや2GB、4GBなどのプランがあります。格安のVPSの場合だとメモリーは1GB、月額3000~5000円を超える金額だと2GB、それ以上の金額だと4GBくらいです。メモリーが大きくなるほど、月額料金も高くなります。

海外FX初心者が自動売買取引をするためにVPSを導入するのであれば、1GBのプランで十分に安定した取引ができます。少ないメモリーでも問題ないのは、VPSは自宅のパソコンと違ってMT4の自動売買取引専用のサーバーになるので、VPSには他にメモリーを消費するソフトがないためです。

ただし、自動売買取引で複数のMT4やEAを稼働させて取引する場合だとメモリーの使用量が大幅に増えてフリーズしてしまう可能性があります。3~5個程度のMT4の複数稼働なら1GBでも対応することができますが、それ以上の稼働になる場合は2GBプランを検討しましょう。

VPS業者の選び方

VPSを導入する理由とメリット

海外FXの自動売買取引をするためにVPSを導入するなら、VPSサーバーは海外にある方が海外FX会社のサーバーと近くなるのでオススメです。国内のVPS業者だとVPSのサーバーが国内になるため、海外FX会社のサーバーとの距離が離れてしまいます。

海外のVPS業者だと、ウェブページやサポートが日本語対応になっているところが少なくなります。VPSは契約した後に手動でVPSにMT4をインストールさせて、MT4とVPSを関連付ける必要があります。VPSを使った自動売買取引の環境を作るのに手間がかかるので、日本語対応していることは必須条件です。

VPSは海外FX会社でも提供しているところがあります。日本人向けの海外FXサービスをしている海外FX会社なら、VPSのサポートも日本語に対応しているケースがあります。海外FX会社のVPSはMT4に最適化されており、FX専用のVPSになるので自動売買取引にも向いています。また、海外FX会社が提供するVPSだと、特定の条件を満たせば月額料金が無料になることもあるのでコスト面でもメリットがあります。

サポート体制が整っているVPS業者を選ぶ

パソコンが通信不能になることや故障するトラブルがあるように、VPSもサーバーがダウンすることやトラブルでアクセス負荷になるケースもあります。思いがけないトラブルが発生したとき、すぐに対応しないと自動売買取引が不利な方向に進んだ場合に止められずに損失を被るリスクも出てきます。

トラブルに対する業者の対応スピードは、業者による違いが大きいところです。サポートの良し悪しは実際にサポートを受けて見ないと分からない部分があります。そこで頼りになるのが、VPS業者の口コミや評価です。VPSの契約を検討している業者がある場合は、事前に業者の情報を調べてユーザーの口コミや評価を確認しておきましょう。海外のVPS業者でも日本人のユーザーが多い業者であれば、サポートに関する情報が出てきます。

最後に

海外FXはプラットフォームにMT4を使うのが一般的です。もともと高性能な自動売買取引機能が搭載されていることもあり、海外FXでは自動売買取引が盛んに行なわれています。自動売買取引は海外FXに慣れてない海外FX初心者にもオススメの方法です。自動売買取引は使用するEAの性能も大事ですが、それ以上に安定した取引ができる環境を作ることが重要になります。安定した環境を作るためにもVPSが必須になってくるので、予算や取引頻度などに応じてVPSを選んでいきましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ