海外VPSと国内VPSの違いは?オススメの海外VPSもご紹介

海外FXで自動売買取引する際には、VPSと呼ばれる仮想サーバーを用いるのが一般的です。FXで使用するVPSは、VPS業者やFX業者が提供しています。

VPSにも、国内FXと海外FXがあるように、国内VPSと海外VPSがあります。

今回は、日本と海外のVPSの違いや、利用時の注意点について見ていきましょう。

MT4の導入方法も丁寧に説明!GEMFOREXで口座開設!

まずは知っておきたいVPSを使う目的

まずは知っておきたいVPSを使う目的

国内VPSと海外VPSを比較する前に、まずはVPSについておさらいしましょう。

VPSは「Virtual Private Server」の略称です。日本語に直すと、「仮想専用サーバー」の意味になります。

1台のサーバーを複数のユーザーで共有する点は、共有サーバーと同じです。しかし、VPSでは専用サーバーと同じように使えます。

つまり、ネット上にもう一つの自分のパソコンがある環境が作れるのです。

FXでVPSが必要になるのは、自動売買取引を行う場合です。自動売買取引では、常にパソコンを稼働させて相場を監視しなければなりません。

自宅パソコンを使っての自動売買取引だと、パソコンに負荷がかかることや、電気代がかかること、停電やネット環境の不具合で取引が停止するリスクがあります。

VPSを使用すると、パソコンの負荷がかからないことや、停電・ネット環境の不具合が起こっても、VPS上でMT4が稼働しているため取引には影響がありません。

安定して自動売買取引を行うためにも、VPSの導入は欠かせないのです。

海外VPSは選択肢が多い

国内VPSと海外VPSの違いとして、プランの豊富さがあります。

海外FXの方がプランは豊富にありますが、自動売買取引が使えるMT4がプラットフォームの主流であるためです。

海外FX初心者でも手頃に使える安価なVPSから、トレーダーで生計を立てているプロのトレーダーが使用するスペックの高いVPSもあります。

また、課金制度の料金プランを用意している海外VPSもあります。

これはVPSを起動しているタイミングだけ課金されるため、普段は裁量取引を行い、チャートに張りつけないときだけ自動売買で取引するトレーダーにおすすめです。

国内にもVPSを提供する業者は多くあります。しかし、国内FXは海外FXに比べると、自動売買取引が盛んではありません。

VPSがMT4に対応してないケースもあります。

海外FXは国内VPSよりも海外VPSとの相性が抜群

海外FXは国内VPSよりも海外VPSとの相性が抜群

海外FXでVPSを使うなら、海外VPSがおすすめです。国内VPSだと、仮想サーバーの場所は国内になります。

海外FXは海外FX会社のサーバーを通して取引をするため、仮想サーバーから海外FX会社からの物理的な距離が長いほど、取引上のタイムラグが発生しやすくなります。

海外VPSであれば、VPSの場所も海外になるため、海外FX会社のサーバーとVPSのサーバーの距離も縮まり、タイムラグが生じにくくなるのです。

特にレートが激しく動いているタイミングでは、タイムラグが少ない方が安心して取引できるでしょう。

より、約定力を高めるのであれば、海外VPSと海外FX会社のサーバーの場所は同じ国にするのもポイントです。

たとえば、アメリカの海外FX会社を利用するなら、アメリカに仮想サーバーを置いている海外VPSを利用することで、タイムラグはさらに小さくなります。

国内VPSの方が海外VPSに比べて勝る点

国内VPSと海外VPSを比較した場合、日本人に分かりやすいのは国内VPSです。

国内業者が日本人向けにサービスを提供しているため、サポートや公式サイトはオール日本語になっています。

海外VPSは、必ずしも日本人向けにサービスを提供しているわけではありません。

さまざまな国の人を対象としているため、日本人向けのサポートが不十分な場合もあります。

選ぶ海外VPSによっては、設定に時間がかかることや、不具合が起こったときの対処法が分からないトラブルに遭うかもしれません。

しかし、日本人向けにFXサービスを提供している海外FX会社が提供する海外VPSなら、日本語サポートや設定方法が、日本語で分かりやすく解説されています。

中には、国内VPSとサポートの質がほとんど変わらない海外VPSもあります。

オススメの海外FXVPS① TIME4VPS

海外FXで人気のVPSです。リトアニアのVPSレンタル会社で、長期利用すればするほどVPSの使用料金も大幅に減る仕組みになります。

レンタル料金は月々約4ユーロからで、支払いは5ドルが最小単位です。

ただし、windowsのOSで使用する場合は月々約12ユーロかかります。

Linuxを使っていればお得感はありますが、windowsを使っている場合は他の海外VPSと料金面でのお得感は薄れます。

オススメの海外FXVPS② AWS

利用者が急増しているVPSで、多くのトレーダーが利用しています。

アマゾンが提供するVPSということもあって、信頼性は抜群です。利用料金は時間課金制となっているため、使用頻度が増えるほど料金は上がります。

一般的な使い方であれば、月額数百円程度です。

安く抑えたい、自動売買取引の頻度が少ない人におすすめです。一方、設定が複雑なため、初心者には分かりにくい部分もあります。

オススメの海外FXVPS③ GEMFOREX

海外FX会社GEMFOREXが提供している無料のVPSです。海外FX業者が提供していることもあって、MT4に最適化されています。

また、完全日本語対応になっていることや、マニュアルも公式で公開されていて安心です。

無料で使うためには5000ドル以上の口座残高が条件ですが、それ以外に条件はありません。

コストをかけることなく、海外VPSが導入できるのは大きなメリットです。

VPSの提供、MT4の導入方法まで!GEMFOREXで口座開設!

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。