初心者のためのFXMT4講座 バックテストの方法

初心者のためのFXMT4講座 バックテストの方法

バックテストは、自分の使いたいEAがチャートでどのような成績を出すかを見ることが出来ます。 実際に過去のチャートを使ってEAを稼働させて、トレード結果はどうなるかを知ることが出来、そのEAが優秀なのかどうかがわかります。 使いたいEAがあるなら、リアル口座ですぐに運用するのが不安だというなら、バックテストで性能を確かめるという方法があります。

準備する

まずはバックテストするためにはいくつか準備が必要です。 MT4をインストールして、EAを設置するのはもちろん必要です。

バックテスト自体は、Hyper Speed NextやForexTesterなどというツールを使えば行えますが、MT4でも行うことは可能です。 MT4を起動させたら、メニュー項目から表示→ストラテジーテスターを選択します。 ストラテジーテスターを過使うと過去のチャートのデータを抜き出しバックテストが出来ます。

設定画面が表示されますので、以下の項目を設定しましょう。

・エキスパートアドバイザー : 使用するEAを選択します
・通貨ペア : バックテストに使用する通貨ペアを選択します
・モデル : 使用するチャートデータを選択します
・日付と時間を使用 : バックテストの開始と終了の期間を選択します
・期間 : 1分足や1時間足などの時間軸を選択します
・エキスパート設定 : EAのパラメータの入力します
・チャートを開く : 売買ポイントの確認などを行います

モデル項目に関しては、全ティックにすると性格ですが検証に時間がかかり、コントロールポイントだと簡易テストになり、始値は始値を用いてテストします。 基本は全ティックで行います。 チャートの期間が短い場合は、過去のチャートのヒストリカルデータをダウンロードしましょう。

設定が終わったらスタートをクリックすると、バックテストが開始されます。 場合によっては時間がかかるので、終わるまで待ちましょう。

ヒストリカルデータのダウンロード

ヒストリカルデータをダウンロードする場合は、ツール→オプション→チャートを選択します。
チャートの最大バーという項目がありますので、99999999999999999にして保存します。
保存すると最大数が自動調節されます。

次に、ツール→ヒストリーセンターと選択し、データを取得したい通貨ペアを選びます。 ダウンロードをクリックし、ダイアログが出ますのでOKをクリックするとダウンロードが開始され、データが大きいので少し時間がかかりダウンロード完了します。

これでダウンロード完了です。

ただしMT4からダウンロードすると、データが正確でないので、FXDDなどの提供しているデータを使用する人もいるようです。 以下がFXDDのチャートデータダウンロードページです。
http://www.fxdd.com/bm/jp/forex-resources/forex-trading-tools/metatrader-1-minute-data/

過去のチャートデータは、ダウンロードしたら、ツール→ヒストリーセンターでインポートしておきましょう。 インポート後はMT4を再起動します。 基本的に各社から提供されているチャートデータは1分足用になります。 5分足などにして利用するなら、period_converter_ALL.mq4などを使用してコンバートします。

バックテストの結果が良くても稼げるとは限らない

バックテストを行って、優秀な成績が出たEAだとしても、実際にリアル口座で運用すると、同じような結果が出るとは限りません。 相場はいつも変化しているものであり、時には世界経済の悪化や雇用統計などの結果によって、相場は暴落することも珍しくありません。 1日に1,000pips以上も動くようなこともあり、そのような相場では多くのEAは対応できず、損失を拡大させることもあります。

どんなEAだとしても、バックテストは参考程度に見るべきであり、あまりにもバックテストを過信しすぎると、資金を無くしてしまうことになりかねません。 それは販売されているEAの公開されているバックテスト結果でも同じことです。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ