初心者のためのFXMT4講座 MT4が動かない場合

初心者のためのFXMT4講座 MT4が動かない場合

EAを使って自動売買を行うなら、VPSを使うと便利です。 24時間稼働させることが出来、自宅のパソコンなどが稼働していなくてもEAを動かすことが出来ます。

まさに自動売買を行うなら理想的な環境と言えます。 VPSは良いことばかりに見えますが、しかし中にはデメリットもあります。 メリットとデメリットは何か、ご紹介します。

インストールできない

インストールできない

一番基本的な問題としてあるのが、MT4をインストールできない場合です。 インストールファイルは、口座を開設した会社からダウンロードできるので、そこまでは問題なく行えるでしょう。 インストールが進まない場合は、まずはプラットフォームが合っているか確認しましょう。 例えばAndroid用のMT4をWindowsにインストールしようとしても、インストールは出来ません。

インストールできない原因として、もう一つ考えられるのは、ファイルのダウンロードが上手く言っていない、ダウンロードファイルが壊れている可能性があります。 プラットフォームが合っているか確かめた後に、もう一度インストールファイルをダウンロードして、インストール作業を再度行ってみましょう。

サーバーが繋がらない

右下のサーバーとの通信状況を示すアイコンが、緑でなく赤の場合はサーバーに繋がっていないので、トレードは行えません。 サーバーに繋がらない場合は以下の原因が考えられます。

利用している証券会社またはFX会社のサーバーがダウンしている。 この場合は、その会社のサーバーが復帰するまで待つしかありません。

口座にログインできていない時も、ログイン時にアカウントやサーバー名やパスワードが間違っているとログインできずに、サーバーには接続されません。 正しいアカウントを確認しましょう。 正しいアカウントでログインしたとしても、口座が凍結されていてサーバーが利用できないこともあります。 一定期間口座にログインしなかった、口座の使い方が引っかかり無理矢理凍結された、口座の期限切れ、このようなこともあります。 凍結されていないかどうか確認して、凍結解除を申し出ましょう。

ログイン時にサーバーが見つからない

ログイン時にサーバーが見つからない

MT4でログインしようとした場合に、口座開設したときにアカウントと一緒に連絡をもらったサーバーが、ログインフォームにはない場合があります。 サーバーが記入できれば、記入して無理矢理ログインしても良いですが、ログインフォームに使いたいサーバーがないなら、無理に記入してログインしても、ログインできないはずです。

その場合は、MT4が古くて新しいサーバーに対応していないので、口座を開設した証券会社などから、最新のMT4のインストールファイルをダウンロードして、再度インストールしましょう。

EAが起動しない

MT4にEAをセットしても、EAが起動しないことがあります。 どのようなアラートが出ているか、まずはそのメッセージを確認しましょう。

EAで自動売買を行うときは、EA自体の自動売買を許可するのと同時に、MT4も自動売買を許可しないといけません。 メニュー項目のアイコンに新規注文の隣に自動売買というアイコンがあり、これをクリックして緑色にするとMT4の自動売買を許可した状態になります。

以外にもMT4を再起動したりすると、この自動売買が許可されない状態になっていることもあります。 EAとMT4両方で自動売買の許可がされているか確認しましょう。

EAによっては指定した口座を開設して、その口座でしか動かないようなEAもあります。 そのようなEAは当然ながら他の口座では動かず、他の口座にセットするとアラートが表示されるだけになります。 特定口座でしか動かないEAは、その口座で使用しましょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ