FXで勝つ方法はテクニカルを読み解くこと

FXで勝つ方法はテクニカルを読み解くこと

FXで収益を上げるためには、ニュースや経済指標、チャートなど、様々な分析を行う必要があります。勘に頼っていては、いつまで経っても勝てません。仮に勝ち続け大きな利益を得たとしても、いつ相場の流れが変わるか分からなければ、大きな損失を被ってしまうリスクがあります。

FXで収益を上げ続けるためには分析が必要ですが、相場の流れ(トレンド)を知る上で役立つのが各種テクニカル指標です。ボリンジャー・バンドやRSI、移動平均線などの言葉を聞いたことがないでしょうか?これらはいずれもテクニカル指標の種類で、中上級トレーダーは必ずと言ってよいほど活用しています。

FXでトレンドを知るためにはテクニカル指標の分析が重要なのです。

MT4もテクニカル指標を表示できる

MT4もテクニカル指標を表示できる

各種テクニカル指標は様々なトレード用ツールで利用できますが、MT4を使っているなら簡単に表示可能です。MT4では多数のテクニカル指標が用意されており、必要に応じて表示を切り替えられる機能も備わっています。

MT4で裁量トレードをする方はもちろん、EAで自動売買をする方も、テクニカル指標の使い方は覚えておいたほうが良いでしょう。

テクニカル指標を表示する手順

PC版のMT4でテクニカル指標を表示するには、まず画面上部にある「表示」メニューをクリックしましょう。メニューの一覧が表示されたら、その中にある「ナビゲーター」をクリックします。

MT4画面の左側にターミナルというウィンドウが表示されますので、一覧の中にある「罫線分析ツール」を開いてみましょう。すると様々な項目が表示されますが、これがMT4で使用できるテクニカル指標の一覧です。

様々な指標がリストからクリック一つで表示できるようになっており、すぐにトレンドの分析を始めることもできます。ただし、MT4のテクニカル指標は全て英語表記ですので、どれがどの指標を表しているのか把握することから始めなくてはいけません。

よく使用する指標には、「Moving Avarage(移動平均線)」・「Bollinger Bands(ボリンジャー・バンド)」・「Relative Strength Index(RSI)」などがあります。いずれも多くの方が利用しているテクニカル指標です。他にも様々なテクニカル指標がありますが、まずはこれらの使い方を覚えると良いでしょう。

指標は簡単に追加・削除可能

指標は簡単に追加・削除可能

MT4のテクニカル指標はクリック一つで追加や削除が可能です。例えばMoving Avarageをクリックした場合、チャートに移動平均線が一本表示され、Relative Strength Indexをクリックすると、RSIの数値と複数本のラインが追加されます。

どのテクニカル指標を使用するかは人それぞれですが、使い方を覚えると同時に、どのような意味を持つかも確認しておきましょう。例えば、移動平均線は売買されたレートを平均化したトレンドラインを表しており、RSIは一定期間(通常は14日間)でどの程度円安・円高に傾いたかを数値化しています。

ただし、チャートのロウソクの種類(5分足・60分足・日足など)によってグラフや数値は変動します。トレードスタイルや分析したい期間に応じて使い分けると良いでしょう。

テクニカルを分析して流れをつかむ

MT4では様々なテクニカル指標を表示できますが、これらを場面に応じて使い分けることが重要です。いまのトレンドを知りたい場合はもちろん、過去のデータを分析したり、EAの選定を行う際にも役立つでしょう。

最初は指標の見方が分からず混乱してしまう可能性もあります。しかし市場の流れを掴み、着実に収益を積み上げていくためには各種指標の確認・分析が必要不可欠です。

MT4はクリック一つで指標の表示や切り替えが可能な上、視認性に優れているのが魅力です。チャートを眺めながら、指標について勉強してみるのも良いでしょう。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ