AUDNZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)対応のFXストラテジー

AUDNZD(オーストラリアドル/ニュージーランドドル)対応のFXストラテジー

AUD/NZDはオーストラリアドルとニュージーランドドルを売買する通貨ペアです。

どちらも島国であり、隣にある国同士であり、更には産業も似ている部分も多い国同士です。

両方の国に共通することは、高金利政策の国であり、第一次産業が活発であり、格付け会社からは高い格付けを得ています。 第一次産業が中心となっていますので、市場でのブレは大きくなる可能性はありますが、長期的に見ると世界の人口増加に伴い多くの品物の需要が高まり価格が上昇しますので、国としては更に反映していく可能性は高いです。

値動きは緩やか

値動きは緩やか

AUD/NZDは、他の通貨ペアと比べると値動きは小さく緩やかです。

過去20年のチャートを見ると高値と安値の差は3,000pipsほどしかなく、1.05~1.30のあたりを行ったり来たりして繰り返しています。 過去20年間のチャートではUSD/JPYが7,000pips、GBP/JPYが13,000pips動いているので、値動きが少ない通貨ペアだと分かります。 リーマンショックの時もさほど為替レートの変動はなく、あまり影響を受けていません。

短期間ではそれほど大きく値が動くことはあまりないので、スキャルピングの超短期売買のEAで利益を狙うのはおすすめできません。

相場の壁は安値が1.05~1.075あたり、高値が1.350あたりであるので、この間を狙ってのトレードが出来ます。 1.3を超えたら下落を狙ってトレードする、1.075を下回ったらロングで利益を狙う、このような考え方でトレードするのも良いでしょう。 また1.0を下回ることはないと思われますので、安値の1.05~1.075あたりを安値と見て構わないでしょう。

EAを使うならスイングトレードなどの中長期で利益を狙うEAを使う方が良いかと思われます。

スワップは多少つく

AUD/NZDは、買いならマイナス30円、売りならプラス10円ほどのスワップポイントが付与されます。

値動きの緩やかな通貨ペアなので、買いでポジションを持ち利益を狙う場合はスワップポイントに注意した方が良いでしょう。

安値が1.05~1.075あたりと考えると、2015年3月は売買には最高によい時期であったと言えるでしょう。 もしもこの時期に買いでポジションを持っているとすると、現在の値は1.133ほどであり、300pipsほど値が動いており、マイナススワップを考えても多少利益は出ています。

このようにマイナススワップは少し付与されてしまいますが、ポジションの持ちすぎに気をつければ十分利益は狙えます。

また上記の安値と高値の壁は過去のチャートから判断したものなので、必ずしもそうなるとは限らず、予想と違った場合の対処も考えておく必要があるでしょう。

スワップを狙った取引をするなら、AUD/NZDもやはりさらに多くのスワップポイントが付与される NZD/JPYやZAR/JPYなどでトレードした方が良いです。

photo

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ