EURCAD(ユーロ/カナダドル)対応のFXストラテジー

EURCAD(ユーロ/カナダドル)対応のFXストラテジー

EUR/CADはユーロとカナダドルを売買する通貨ペアです。 このページでは、EURCAD(ユーロ/カナダドル)対応のFXストラテジーのメリットとデメリットについて解説してまいります。

カナダは、資源国であり、天延ガス屋石油やウランなどの天然資源が豊富です。 そのために原油価格などの変動でチャートが影響を受けやすい通貨です。

カナダはアメリカの隣国なので、米ドルと関連性もあり連動します。 アメリカの経済指標などでも相場は動きます。 金利が高いのでスワップ目的のトレードでもよく使われる通貨です。

ユーロは第二の基軸通貨として流通量が多く、値動きが大きく、ユーロが出楽したり、カナダドルが急騰したりする場面で大きな利益を狙えます。 通貨では4番目に流通量の多い通貨です。 1999年に出来たばかりのまだ新しい通貨ですが、ユーロ圏で使われており、広く流通している通貨です。

値動きが激しい

値動きが激しい

過去10年のチャートを見ると最高値は1.7025、最低値は1.2339と他の通貨ペアと比べると、値幅は大きくもなく小さくもない中間的な数値となっています。 長い期間で見ると値動きはそれなりにありますので、長期トレードで利益を狙うことも出来、そののようなストラテジーを使うのも良いでしょう。 また短期間でも激しく相場が動くことも多い通貨ペアです。

一度動くとトレンドが発生して一方に動くことも多い通貨ペアであり、2012年から2014年にかけて上昇トレンドが発生しており、2015年の現在も年初から上昇トレンドが発生しています。 このようなトレンドを掴むストラテジーを使って利益を狙うことも可能です。 特に初心者の方は、このトレンドの出やすい通貨ペアは、そのトレンドを狙うのが利益を確保しやすくておすすめです。

スワップはあまりつかない

EUR/CADはスワップはあまりつかない通貨ペアです。 多くても1日に20円ほどしかつきませんので、スワップを狙ったトレードをするなら、他の通貨ペアを使った方が良いでしょう。

逆にスワップがあまりつかないので、マイナススワップもそれほどつきませんので、長期トレードではスワップをさほど気にせずに取引を行えます。 トレンド狙うならトレード期間は長くなりますので、スワップを気にせずにトレードできます。 しかし、トレンドが反転する場面では損失になるおそもあるので、そのような場面では、利益が出ていれば早めの撤退を、損失になっているなら早めの損切りを行うべきです。

相場では少しでも速い判断が必要です。 判断が遅れると損失が多くなり、大きなダメージになりかねませんので、ストラテジーを使用していても、相場の動きに臨機応変に対応していくべきです。 時には手動で止めることも必要かもしれません。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ