レンジ相場に強いスFXストラテジー

レンジ相場に強いスFXストラテジー

レンジ相場はボックス相場とも言われており、為替レートのある程度の範囲の上限と下限の間で行ったり来たりする相場のことをいい、チャートを見ると上下に波打ったチャートになっています。

それとは違い、一方の方向へ為替レートが動くのがトレンド相場です。

大きな利益を狙うならトレンド相場の方が狙いやすいですが、FXの相場の7割はレンジ相場だと言われています。

何故レンジ相場が多いのか?

何故レンジ相場が多いのか?

FXで7割がレンジ相場になるのは理由があります。

FXの市場は巨大であり世界中の投資家が参加するために、相場を一方的な方向へ動かそうとすると、大量の資金が必要になり、売りも買いも行う投資家が世界中から参加するので、どちらかへ動きにくいのです。 またレンジ相場よりも、トレンド相場の方が利益は上げやすいので、レンジ相場になっているときは参加しない投資家も多く、一度レンジ相場が形成されると、そのままの状態が維持されやすいのです。 さらに、大手ファンドにとってはレンジ相場の方が都合がよいので、時にはトレンド相場になるのを妨害することもあります。

このような理由からFXはレンジ相場になりやすいので、如何にしてレンジ相場を攻略するかで利益が出るかどうかが決まります。 特に私たち個人投資家では長期トレンドを狙えるほど大きな資金が無いことも多いので、尚更レンジ相場を狙うようになります。

今すぐ!含み損の少ないFXストラテジーをチェック!

レンジ相場対応のストラテジー

レンジ相場に対応したストラテジーはコツコツと利益を上げるタイプになります。 これはレンジ幅がどうしても限られているために、一度に大きな利益を狙うのは難しいので、少しずつ利益を積み重ねることとなります。

まずレンジ相場では上限と下限がありますので、そこへラインを引きます。 この上限のラインと下限のラインが取引の目安となります。

例えばこの上限と下限の幅が80銭なら多くても半分の40銭ほど利益が出れば利確します、 ストラテジーでもレンジ幅一杯の80銭を狙うようなロジックにはなっていません。

これは、レンジ相場では必ずしも上限や下限一杯まで相場が動くとは限らないからです。

また上限や下限近くで相場がうろうろしているときは無理にポジションを持たないようにするのも重要であり、レンジ幅はいつも一定間隔ではなく、少しずつ狭くなることも多いので、狭くなってきたらある段階で取引を終えます。

そうして次のレンジ相場を待つのです。

レンジ相場で勝つために

レンジ相場で勝つために

上記のことから、レンジ相場では上限や下限一杯まで狙わず、利確はこまめにする。 レンジ幅が狭くなってきたら取引を終えて、次のレンジ相場を待つ、ということが大切です。

レンジ相場に対応したストラテジーは、その取引成績を見ると、こまめに利確しているのがわかります。 また取引では同じような為替レートでで何度も売買を行っているのもわかるでしょう。 さらに、取引回数も多いのが、このようなストラテジーの特徴です。

これらの特徴がストラテジーに見られれば、レンジ相場対応であり、さらに売買成績が良ければ、そのストラテジーはレンジ相場に強いです。

ゲムdeミラートレードでは、サービス名そのままですが、ミラートレードとして使えるFXストラテジーが数多く登録されており、含み損の少ないFXストラテジーも数多くございます。また、パフォーマンス表示が様々な視点で表示されておりますので、「レンジ相場に強い。それでいて○○なストラテジー」など、色々な条件を組み合わせてストラテジー検索も可能です。 是非、FX初心者の方も上級者の方もゲムdeミラートレードのストラテジーで、より良いFXトレードをお楽しみ下さい。

今すぐ!含み損の少ないFXストラテジーをチェック!

当社では、FXミラートレード無料提供サービスに加え、無料EAのダウンロードサービスも行っております。 人気FXストラテジーランキングも更新中となりますので、是非、コチラのサービスもご検討下さいませ。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ