含み損の少ないFXストラテジー

含み損の少ないFXストラテジー

FXでは裁量トレードでもストラテジーを使うにしても含み損は気になるところでしょう。 含み損が多ければ投資家にとってはストレスになりますし、そこから利益にするには大変です。

そのために含み損を出来るだけ少なくするということは、損失も少なくなりますし、投資家にとっても精神的にも負担が少なくなります。

大幅に損失を出せば、それを取り戻すのも大変になりますので、トレードとしては含み損を如何に少なくするかも利益を増やしていく上でのポイントです。

含み損が増えれば平静を失う

含み損が増えれば平静を失う

どのようなトレーダーであっても、どんなに長い期間FXで売買を行っているトレーダーでも、大きな損失を被った時の資産の被害と精神的被害は計り知れないものです。

気持ちを切り替えて次のトレードを行っていくこととなりますが、どんなに平静を装っていても、やはり動揺は隠せないものです。

場合によっては次のトレードへの影響も出てそのまま損失を積み重ねてしまう場合もあります。 時には含み損を解消して欲しい方向に相場が動いて欲しいと、自分勝手に解釈してしまい、本来のトレードが出来ないこともあるのです。

FXでは利益を増やしていくには、如何に損失を抑えるかがポイントであり、含み損の少ないストラテジーはトレーダーの精神的負担も少なくて済みます。

ストレスのないトレード

含み損が少ないということは、含み損が増える前に決済するということになります。 つまりは短期での売買を行っていくこととなり、手法としてはデイトレードやスキャルピングとなります。

獲得できる利益は少ないですが、その反面含み損も少なく、損失も限定的です。

含み損の少ないストラテジーでは、エントリーから決済までの時間が短いです。 ポジションを保有する期間が短いので、トレード回数は自然と多くなります。

ポジションを持ったまま、そのポジションが今後どうなるのかと、トレーダーはもやもやすることもなく、すぐに決済して決着が付きます。 長い間ポジションを持っているのは耐えられないという人におすすめのストラテジーです。

含み損の少ないストラテジーは、全体的に見ればストレスの少ない環境で売買できるストラテジーでしょう。

急激な相場の変化に弱い

急激な相場の変化に弱い

含み損の少ないストラテジーは、損失を限定的にし、ロスカットを保有ポジションから近い位置にロスカットラインを設定します。

このために含み損を少なくすることが出来るのです。

ただし、このロスカットラインを一気に超えるような急激な相場の変動、例えば雇用統計などの発表時などは注意が必要です。

相場が急激に動き、大幅に含み損を抱えるとそれだけの含み損が決済されて損失になってしまいます。

場合によっては損失が多すぎて、資産のほとんどが無くなることも考えられます。

含み損の少ないストラテジーでは損失も利益も一度に獲得する額は少ないですが、その分レバレッジを高くして、少しの相場の変化でも利益になるようにするのです。

レバレッジが高いので、大幅に相場が動きマイナスになると損失は計りしれません。

損失を増やさないためには、雇用統計発表時などは取引を停止させておくのが懸命でしょう。 これはあなたが手動で行う場合と、ストラテジーにオプションとして機能がある場合があります。

証拠金プレゼントキャンペーン開催中

GEMFOREXでは、リスクなくお試し頂く為に新規口座開設を頂いたお客様に証拠金プレゼントキャンペーンを開催しております。入金不要でプレゼントされた証拠金でリアルトレードを行う事が出来ます。もちろん利益分は出金可能ですので、是非、GEMFOREXを体験下さいませ。

詳細はコチラ