海外FXの税金と国内FXの税金の違い

海外FXの税金と国内FXの税金の違い

海外FXで得た利益には税金はかかるのでしょうか?またどのような扱いになるのでしょうか?
そもそも海外FXでの利益って税金を納める必要はあるのでしょうか?

海外FX初心者の方や、初めて海外FXを検討している方にとっては、一見、海外のFX口座にあるお金ですし、国内にいる自分が税金を支払う必要ってないんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし、海外FXで利益を得た場合もきちんと税金を支払う必要があるのです!
海外FXを利用する投資家の皆さんも含め、利益が上げられる方には必ず「税金」の壁を越えなければなりません。
また、国内FXと海外FXでは税金の課税など、さまざまな違いがあるので注意が必要です。

ただ、、注意するといっても自身で調べて理解をしようとしてもなかなか厄介に思うことがあるもの事実です。
海外のFX会社を利用してトレードを行う上での税金の知識。知らないがゆえに損をしてしまうことは避けたいですよね。そこでGFEMFOREでは、海外FXの税金について、海外FX初心者の方や、初めて海外FXを検討している方にもわかりやすく解説したいと思います。

海外FXの税金と国内FXの税金の違い

海外FX口座を利用していく際、海外という言葉がついていることから、納税や確定申告をしなくても良い、と考えてしまいがちですが、日本に住んでいる限りは、納税や確定申告は必須になります。この納税に関する情報やお金の動きに関する情報は、銀行などが持っていることになり、納税をしなければ、その状況は国が把握することになります。

FXや株などの利益については、納税をする必要性があることを知らない人が多く、このような状況に、税務署としても決して楽観視しているわけではありません。悪意のある納税の拒否は刑罰の対象になってしまうこともあるため大きな注意が必要となります。(海外に在住している場合には日本で納税をする必要はありません。その国の制度に沿った納税をしていくことが必要です)

一般的に、1年間の利益が、20万円を超えた場合には、確定申告が必要になります。確定申告をすることで、納税する税金の金額が決まってきます。この納税していく際には、総合課税というものになります。(詳細については納税をする際、税務署の人に確認をしていくべきでしょう)

日本と海外の税金の違い

国内FXと海外FXの違いを税金で見ていくと、国内FXは申告分離課税という扱いになります。こちらの場合は、一律20パーセントと決まっているため、比較的わかりやすいですが、利益が少ない時には、税金の分損をしてしまうこともあります。

海外FXでは、先ほど紹介したように、総合課税になります。この総合課税については、雑所得と呼ばれることもあります。こちらは、利益によって、税率が変わってきます。

一般的に、195万円以下の利益である場合、税率は総合課税のほうが低くなり15パーセントになると言われています。
330万円以下であれば、申告分離課税と同じ、20パーセントになります。
これ以上の利益になった場合、税率は最大50パーセントまでいきます。

海外FXの税制におけるメリット

年間利益330万円までなら海外FXの税金の方が低い

国内FXでは、どれだけ利益が出ても税率は20%で統一されています。一方、総合課税を導入している海外FXだと税率は利益が増えるごとに上がっていく仕組みです。195万円以下の利益だと、総合課税の海外FXに課せられる税金は15%になります。195万円から330万円までなら、税率は国内FXと同じ20%です。同じ税率でも、海外FXの方が330万円までの利益で税金が低いのは控除が関係しています。

総合課税は課税される所得額に応じて一定の控除を受けることができます。195万円から330万円までだと97500円が控除額です。つまり、330万円の年間利益があっても約10万円は利益から差し引くことができるので、課税対象は約320万円になり、控除ができない国内FXで年間330万円の利益を出すよりも税金が安くなります。海外FX初心者がいきなり年間300万円を超える利益を出すのは難しいです。FX初心者にとっては、海外FXの税制度の方が優しいわけです。

ボーナス分が課税対象外になる

海外FXの魅力と言えば、豪華なボーナスがあることです。海外FX会社によっては入金した金額の100%をボーナスバックとして受け取れるところもあります。100万円の入金をすれば、別に取引資金として100万円がFX会社から受け取れるわけです。ボーナスは利益としてカウントされないため、課税対象から外れることになります。これも海外FXにおける税制のメリットです。ボーナスを資金として運用すれば、節税にもつながります。

経費が認められる

海外FXの税金は総合課税になるので、FXで得た利益を出すために必要な経費は確定申告で計上することができます。たとえば、海外FXをするために新しくパソコンを購入した場合や、FXをするために必要な通信料などは経費として計上することができるわけです。海外FXで年間に100万円の利益を出したとしても、経費が50万円かかっているなら、課税対象となる利益は[利益100万円-損失50万円=50万円]となります。

注意しないといけないのは、経費は自己申告になる点です。確定申告のときに経費を計上して計算しないと、すべての利益が課税対象になってしまいます。海外FX初心者だと、経費を計上せずに確定申告してしまうケースも少なくありません。海外FXをするためにかかった費用はほとんどが経費になるので、レシートや領収書をきちんと取っておいて確定申告時には忘れずに申告しましょう。

海外FXの税制におけるデメリット

利益が増えるほど損をする仕組み

海外FXは総合課税の税制なので、利益が増えるごとに税率も上がっていく仕組みです。年間に330万円の利益までなら国内FXよりも海外FXの税金の方が低くなっています。しかし、年間695万円の利益を超えると税率は33%まで上がり、このあたりから国内FXの方が税金はかなり少なくなる仕組みです。また、900万円を超えると税率は43%になり、国内FXの税金の2倍になります。

海外FXの税制は、お金に余裕がある人からたくさん税金を取る仕組みです。利益が少ない人にとってはメリットが大きな税制であるものの、利益が多い人にとっては不利な税制度になります。ただし、年間に1000万円を超えるような利益を得るようになると、個人ではなく法人化して節税する方法もあります。利益に応じてさまざまな節税の選択肢も増えてくるので、状況や利益に応じて対策しましょう。

海外FXでも適用されるのは国内の税制ルール

海外FXは海外にあるFX会社で口座を開設して取引をします。そのため、少々ズルをしても国内の税務署は調べようがないと勘違いしている人も少なくありません。海外FXでも適用されるのは国内の税制ルールであり、国内の税務署は必要に応じて海外FXに情報の開示を求めることもできます。海外FXを始める人が増えていることから海外FXをしているトレーダーに目を光らせているので、海外FXだからと安心できる理由はどこにもありません。

FX取引をする以上、利益が出たら必要な税金を納めるのは国民としての義務です。税金の支払いは勿体ないと感じるかもしれませんが、脱税を恐れて生活するよりは、きちんとしたルールに沿って取引をする方がメンタル的にも安心できます。海外FXでは経費が認められているわけなので、経費を計上して節税していきましょう。

損益通算・損失の繰り返しができないことに注意が必要

海外FXの税制におけるデメリットの一つに、損益通算や損失の繰り返しができないことがあります。これは海外FXの税制が総合課税であり、一年で損益決算が完結してしまうためです。

たとえば、FXで1年目に100万円の損失が発生したと仮定します。2年目に200万円の利益が発生した場合、国内FXの税制だと前年度の100万円分の損失と200万円の利益を合算して確定申告できるのです。確定申告で課税対象になるのは100万円になります。海外FXの税制だと、前年度の100万円分の損失を繰り越すことができません。どれだけ前年度に赤字が出ていても、今年度の利益は200万円になり、課税対象も200万円になってしまうのです。

国内FXと海外FXは税制が異なっているため、それぞれの利益と損失を合算することができません。ただし、複数の海外FX会社の口座を開設している場合、海外FX会社同士の損益については合算することが可能です。つまり、海外FX会社Aで300万円の利益が出ていても、海外FX会社Bで300万円の損失が出ていれば、合算して利益が0になり、確定申告の必要性がなくなります。

海外FXの税金は国内に比べると少しややこしく、まあ稼ぐほどに税金が多くなってしまうのはトレーダーにとってはあまりいいものだとは言えないかもしれません。しかし節税としての対策でき、しっかり理解をして申告・納税を行っていけば最小限にすることもできます。
また海外FXには国内FXにはない、ハイレバレッジなど、利点もたくさんあります。
国内より高い税率となっても国内FXより高い利益を得られる可能性もたくさん秘めているのです。

正しい税金の知識を身に着け、海外FXの魅力を楽しみましょう!