海外FXの税金と国内FXの税金の違い

海外FXの税金と国内FXの税金の違い

海外FXで得た利益には税金はかかるのでしょうか?またどのような扱いになるのでしょうか?
そもそも海外FXでの利益って税金を納める必要はあるのでしょうか?

海外FX初心者の方や、初めて海外FXを検討している方にとっては、一見、海外のFX口座にあるお金ですし、国内にいる自分が税金を支払う必要ってないんじゃないの?と思われるかもしれません。

しかし、海外FXで利益を得た場合もきちんと税金を支払う必要があるのです!
海外FXを利用する投資家の皆さんも含め、利益が上げられる方には必ず「税金」の壁を越えなければなりません。
また、国内FXと海外FXでは税金の課税など、さまざまな違いがあるので注意が必要です。

ただ、、注意するといっても自身で調べて理解をしようとしてもなかなか厄介に思うことがあるもの事実です。
海外のFX会社を利用してトレードを行う上での税金の知識。知らないがゆえに損をしてしまうことは避けたいですよね。そこでGFEMFOREでは、海外FXの税金について、海外FX初心者の方や、初めて海外FXを検討している方にもわかりやすく解説したいと思います。

海外FXの税金と国内FXの税金の違い

海外FX口座を利用していく際、海外という言葉がついていることから、納税や確定申告をしなくても良い、と考えてしまいがちですが、日本に住んでいる限りは、納税や確定申告は必須になります。この納税に関する情報やお金の動きに関する情報は、銀行などが持っていることになり、納税をしなければ、その状況は国が把握することになります。

FXや株などの利益については、納税をする必要性があることを知らない人が多く、このような状況に、税務署としても決して楽観視しているわけではありません。悪意のある納税の拒否は刑罰の対象になってしまうこともあるため大きな注意が必要となります。(海外に在住している場合には日本で納税をする必要はありません。その国の制度に沿った納税をしていくことが必要です)

一般的に、1年間の利益が、20万円を超えた場合には、確定申告が必要になります。確定申告をすることで、納税する税金の金額が決まってきます。この納税していく際には、総合課税というものになります。(詳細については納税をする際、税務署の人に確認をしていくべきでしょう)

日本と海外の税金の違い

国内FXと海外FXの違いを税金で見ていくと、国内FXは申告分離課税という扱いになります。こちらの場合は、一律20パーセントと決まっているため、比較的わかりやすいですが、利益が少ない時には、税金の分損をしてしまうこともあります。

海外FXでは、先ほど紹介したように、総合課税になります。この総合課税については、雑所得と呼ばれることもあります。こちらは、利益によって、税率が変わってきます。

一般的に、195万円以下の利益である場合、税率は総合課税のほうが低くなり15パーセントになると言われています。
330万円以下であれば、申告分離課税と同じ、20パーセントになります。
これ以上の利益になった場合、税率は最大50パーセントまでいきます。

損失の繰り越し

国内FXや株では、確定申告の際に損失分も申告をすることができ、翌年以降の利益へ繰り越すことができます。
そうすることで、税金を抑えることが出来ます。
損失申告は3年間有効です。

例えば、、
国内FXにて、前年に150万円損失をだし、今年で300万円利益が出たとします。
そうしますと、本年での税金は、
300万円 – 150万=150万円
分の税金(一律20%ですので上記ですと、30万円となります)で済むことになります。

しかし、海外FXでは上記のように損失を繰り越せないという特徴があります。
これは海外FXでは損失繰り越しの仕組み自体が導入されていないためです。
そのため、海外FXにて損失が出た場合は、当然のことながら申告をする必要はありません。

また、国内と海外の両方を利用されている方も、双方間で損失繰越はできません。
国内は国内、海外は海外にて各々申告をする必要があります。
そのため、海外FXにおいては、節税の工夫が最も有効な税金対策とも言えるのです。

海外FXの税金は国内に比べると少しややこしく、まあ稼ぐほどに税金が多くなってしまうのはトレーダーにとってはあまりいいものだとは言えないかもしれません。しかし節税としての対策でき、しっかり理解をして申告・納税を行っていけば最小限にすることもできます。
また海外FXには国内FXにはない、ハイレバレッジなど、利点もたくさんあります。
国内より高い税率となっても国内FXより高い利益を得られる可能性もたくさん秘めているのです。

正しい税金の知識を身に着け、海外FXの魅力を楽しみましょう!