海外FX確定申告に向けてMT4から年間取引報告書(年間損益計算書)の取得方法

MT4 年間取引報告書(年間損益計算書)の取得方法

このページでは、FX取引における確定申告に必要な年間取引報告書(年間損益計算書)の取得方法をお伝えします。
海外FXの場合、ほとんどがMT4(プラットフォーム)を利用したFXトレードになると思いますが、このMT4から取引レポートを取得することが可能です。FXの年間取引報告書(年間損益計算書)は、MT4口座であれば、MT4のレポート機能を利用してレポート(年間取引履歴)を取得することが一般的です。

知らない人が多いようで、毎年、確定申告の時期になりますと、大慌てする方が多いですね・・・汗
当社も、お客様の確定申告時に必要な年間取引報告書につきましては、MT4からレポートを取得して頂くようにお願いしております。 その内容を税理士さんにご提出頂ければと思います。
いきなり税務署に提出しても税務署の人は、よく理解出来ないかと思いますので、いくらか払ってでも税理士さんに間に入って頂いた方が何かと安心です。

実は、一発で出せてしまいますので、一度、下記手順を参考に抽出してみて下さい。

MT4より年間取引報告書(年間損益計算書)を抽出する方法

手順1:MT4にログイン

レポート(年間取引履歴)を取得したい口座のMT4にログインし、ターミナルより「口座履歴」タブを開きます。

photo

手順2:口座履歴の期間を設定

「口座履歴」の上で右クリックし、「期間のカスタム設定」をクリックします。

photo

レポートを出力したい期間を設定します。
2014年分の確定申告であれば、2014年1月1日〜2014年12月31日になります。
口座履歴には、設定した期間の履歴が表示されます。

photo

手順3:レポートの保存

「口座履歴」の上で右クリックし、「レポートの保存」をクリックします。

photo

レポートの保存先とファイル名を選んで、「保存」ボタンを押します。

手順4:レポートの確認

保存したレポートは、HTMLファイルで生成されています。

photo

このファイルをブラウザで開くと、次のように取引履歴がズラーっと出力されています。

photo

一番下まで画面をスクロールすると、サマリーがあります。

photo

ここに出力されている「Closed Trade P/L」が、その年の確定損益総額になります。

ちなみに、外貨建て口座の場合は、「Closed Trade P/L」でなく、取引毎に損益が発生したその日の為替レートで円に換算し、1年を通してそれを集計したもので確定申告しなければなりませんので、かなり大変になります。これはさすがに税理士さんも嫌がると思います(汗)そのような事を考えますと円口座をご利用する方が望ましいかと考えます。